男の子が気持ち悪い? – 初めての人間関係の摩擦

男の子が気持ち悪い - 初めての人間関係の摩擦 幼稚園~少学3年 (自覚なし)

幼稚園児の筆者は空気が読めないやら、一番ではないと嫌やらと、我儘極まりない園児をきめておりました。

また、何と言ったら良いか・・・まぁ、自身の事なので書いてしまいますが、

筆者
筆者

周囲とのズレを自身でも認識できるくらいだったので、何かそちらの気も当時あったのではないかと、我が身のことながら感じます。

さて、そちらの気の話はほどほどに、世の中は現在の「多様性」からは、まだまだかけ離れている時代です。

小学生の頃の自身を思い返してみようと思いますので、安直ですが「ランドセル」についてお話します。

筆者
筆者

少なくとも筆者が小学生の頃は、ランドセルの色は男の子は「黒」、女の子は「赤」、この2択でした。

まず、この2択以外は基本考えられない。もしかしたら他の色もあったかもしれませんが、悪目立ちという表現の方が適当かと思います。

女の子が黒が良い、なんて言ったら親御さんから「女の子なんだから赤にしなさい、赤が普通でしょ」。

今となっては謎理論ですが、その当時は疑いもなく言われていたでしょうし、言われた側も疑問や不満を抱えながら赤いランドセルを背負ったと思います。

少数派の方への配慮どころか、現代では問題行為・発言として認識されそうな事柄が、やっとそれは問題かもしれないと認識され始めてきた時代。

では、幼稚園に引き続き、小学生の筆者はどのような感覚を持っていたのか?それを大人になった筆者が分析してまいります。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ

小学生になった筆者

友達100人いらないけど、私があなたの一番だよね

なかなかホラーテイストな文言ですね「友達100人はいらないけど、私があなたの一番だよね」。

どこの拗らせたやつかと思ったら、小学生なりたてホカホカの女児が心からそう思っていたのですよ。

筆者
筆者

我が幼少期ながら、恐ろしい発想です。勿論、誰かに直接言ったことはないはずです・・・ないはずです。

エキセントリック幼稚園児が、ピッカピカテッカテカの一年生になりました。

仲の一番良い友人も同じ小学校で、おまけに同じクラス(逃げてー)。

その当時の筆者からしてみれば、楽しみしかありません。

引き継き、変わったお子様

小学校、少なくとも2年生くらいまでは、幼稚園の頃の性質を色濃く残していたと思います。

どんな性質か簡単に言いますと、こんな感じです。

変わったお子さま
  1. 子供でも読む空気が読めない
    ⇒悪気はないのです。色々とアレコレ考えたうえで発言するのですが、考え抜いて発した発言・起こした行動がどうも不正解、周囲とずれていました。
  2. 集中すると周りが見えなくなる
    ⇒もちろーん、悪意はありませんし、嫌がらせでもありません。でも結果、筆者が気付けなかった事になってしまいます。およよ・・・
  3. 仲の良い子への執着が恐ろしい
    ⇒私があなたの一番、それ以外ありえませんよね?この考え方だけは幼心に「なぜこんなに執着するのか?」自身に対して、おかしくないか?と感じておりましたが、でも執着の感情の方が勝っていました。

人によれば、子供なんだからそんなこともあるよ、とおっしゃる方もいると思います。

が、年を重ねるにつれて「アタイがずれてるな」と自覚するようになり、軌道修正するのに結構手間取ったのでございます。

筆者
筆者

大人になった今でも、考えた末に「あ、やべ。間違えたかも」となることも。

– 余談 –

この考えた末に選択を間違える技、今でもゲームで発揮することがあります
よく自身が選んだ回答でストーリーが変わるゲームがあると思いますが、間違えるのです、筆者。

ヒロインの運命がかかった重要な選択肢を「皆ならこう考えるのでは?」「普通ならこうか?」と捩じ切れんばかりに考え抜いたうえで、選択肢を間違えます。その結果、ヒロインがoh…

辛さ① 友人への執着が止まらない

筆者
筆者

変わったお子様と思う性質を3つ挙げましたが、これが一番感情をコントロールできなくて、子供ながらに辛いかもと思った性質です。

自分でも「ワシ、ちょっと変じゃね?」と自覚していても、この執着やめたいと思っていても、執着の感情の連戦連勝だった幼少期。

小学校へ入学してそこそこの頃は、こんな感じに執着は育っていました。

筆者以外の子と仲の良い友人が楽しそうに話しているのを見るのも嫌だし、筆者を一番と思っていない友人にも苛立ち友人と話している子にさえ嫉妬するほど位には、仲の良い友人へ執着しておりました。

筆者の心①
筆者の心①

ちょっと、アタイをほっておいて何他の子と話しているの?あなたが一番仲が良いのはアタイでしょ!?

筆者の心②
筆者の心②

そこのアンタもアンタよ。その子とアタイが仲良いの知ってて、なに仲良くしてくれてるの。あつかましいくない?

筆者の心③
筆者の心③

落ち着きなさい、アタイ。その考えがおかしくて、やめたいと思っているのは誰?

心①~③の葛藤の結果としては、友人・友人と話していた子への激しい嫉妬やら怒りやらを燃やしつつ、顔を引き攣らせながら平静を装うとしていたと思います。

ただ友人が別の子と話しているだけなのでに、なぜ、こんなに感情を揺さぶられるのか?揺さぶられなければならないのか?

同時に、こんなにも執着してしまう自分にも、子供ながらに些か嫌気がさしておりました。

辛さ② 自尊心が間違った方向に急成長

執着もそうですが、なぜか一気に成長した自尊心・プライドなるもの。

これも友人への執着と同じく、自身が一番ではないと嫌という心の影響でしょうか・・・?

筆者
筆者

とにかく負けるのが嫌だった。特に、一番仲の良い友人に。でも負けて泣くような無様なことは決してしない。

筆者の執着の対象となっていた、一番仲の良い友人。

今も昔もこれからも決して口には出しませんし、出すつもりもありませんが、勉強においても何においても、一番の敵でした。

ライバルではなくあえて「敵」という言葉を使う必要があるくらい、すごく気にしていました。

筆者
筆者

友人は筆者のような心は持っていなかったと思います。それが余計に筆者なんか眼中にないと言ってるようで、勝手に一人で激しく苛立ちを覚えていました。

その友人と筆者は、勉強でも運動でも、何かしたら大体同じか、どちらかが少し上なのです。

負けた時、もしくは筆者が上回ったけど、友人が気にしていないように見えた時、これでもかと心の中は荒れ狂いました。

小学生の筆者
小学生の筆者

もっと悔しそうにしろや!私があなたに負けた時の気持ちと同じくらい、あなたの心も荒れ狂ってよ!

小学生の筆者
小学生の筆者

なんで私だけがこんなに心をざわつかせなければならないのか!

すごく言い方が悪いのですが、恐らく筆者は一番仲が良いと言っておきながら、自身より下に見たくて仕方がない、マウントをとりたくて仕方なかったのかと思います。

・・・うっわ、性格悪い。自身のことですが、これは面倒な子供です。

負けん気の強さを超えている気がしてなりません。ひくわー。

余談 – ランドセルの色

好きな色くらい選ばせてほしい

少し前にも書いた通りですが、筆者の時代のランドセルの色は「黒」か「赤」、他の色も少しあったかもしれないけど、

それは悪目立ちするので避けるべき、位の感覚だったと思います。

ちなみに筆者は「赤」でしたが、

筆者
筆者

なぜ女の子だからって、赤なの?あたし、青が良いんだけど。

筆者
筆者

ねぇ、誰か決めたの?校則に書いてあるの?校則変えてもらうけど?と思う派でした。

確かに「よくある戦隊ものの主役の色は赤で男性なのに、なぜランドセルは女の子が赤と決められているのか」と変なの~とは感じておりました。

んーでも、幼稚園の頃の筆者の話でも書いた通り「性自認で違和感を覚えたことはない」のです。

この頃の筆者の怒りは「性別により色が決定されることへの疑問」より、

「自分が選びたいものを選べない」=「勝手に誰かの都合で既存の型にはめられた生活を強要されている」という方向性で怒っていたと思います。

世の中の当たり前・常識とされていることが、すべからく私もしくは世の中全ての人の、当たり前・常識だと思うなよ!と思ったいたのでしょう。

・・・可愛くない子供ですが、アロマンティック・アセクシャルとして現在生きている大人の筆者も思っていて、間違えたことは言っていないとも思っています。

初めましての感覚 – 男の子が気持ち悪い?

男の子との摩擦?

こんなにも我儘極まりない性格をしていた小学校低学年の筆者ですが、小学1-2年生くらいに、人生最初で最後のモテ期が訪れました。

・・・ああ、懐かしいな~ちやほやちやほや。今はひっくり返っても無理ですな~

筆者
筆者

この頃の筆者ですが、絶対零度の大人の眼差しで思い返しても、恐ろしいほどもてました。

これが余計に面倒な性格を助長させた要因の一部かもしれません。(今、この年で助長してみたいわ・・・)

少なくとも同じクラスの男の子は全て筆者の思い通りになる子である、と勘違いする程度にはもてました。

敵と言ってしまった仲の良い友人と筆者でダブル女王蜂です。(女王蜂は1匹で良いとも思ってもいましたが。。)

我が人生のピークです。。。そんな振る舞いのつけが回ってきたのか、行いが悪かったのか入学して少し経った頃、様子が変わり始めていきました

戸惑った、男の子の行動

もてたのは、さぞ当時の筆者を気分よくさせたのでしょうが、初めて男の子を気持ち悪いと思うことがありました

嫌な言葉を言われたとかではないし、粗野な態度をとられるとか、そういう類のものでは決してないのですが・・・

常に筆者を見ているけど、少し離れたところから、という男の子が一人いたのです。

筆者
筆者

これがアセクシャルの原因かな?いや原因ではなく、先天的なものが強化され感じ?でも何言っても違うような気がする。

何をされたかと言いますと(何もされていないのかもしれませんが)、当時の筆者が戸惑った行動はこんな感じですかね。

筆者が戸惑った男の子の行動
  • 席替えをします!まず女の子、好きな席に座ってください。では次は男の子、好きな席に座ってください。筆者の席の隣の席をめがけて走り出す当該男子。
    →意味がわからない。嫌がらせ?ってか、これで何回目?勘弁してほしいわ。
  • 下校時、ずっと後をつけてくる。筆者の家の近くにきたら消える。
    →文字にして驚いた、これアカンやつやん。

席についている時はある程度接近していますが、それ以外は手を伸ばしたら届く範囲の外に佇み、筆者の動きにあわせて行ったり来たり。

友人やクラスメイトと筆者が話していても、その会話の輪にも入らないのですが、少し引いたところから、ずっと見ている男の子。

ただただ、意味不明でうっとおしく、気持ちの良いものではないと幼いながらに感じていました。

筆者
筆者

今の筆者でしたら流石にこんなに拗らす前に動けますが、1年2年生の頃の自分には難しかったかもしれません。

他者との摩擦を知らなかったお子さま

人との摩擦がわからないお子様

一人っ子が全員そうとは口が裂けても言いませんが、喧嘩の仕方と言いますか、良くも悪くも人との摩擦を知りませんでした

  • 兄弟姉妹はいませんので、親から怒られることはあっても、家庭内で子供同士で喧嘩することはない。
  • いとこには同世代もいましたが、筆者が一番年上でこちらでも女王蜂をしていたので、喧嘩をした記憶がない。
  • クラスでも女王蜂なので、間違いなく「あいつなんやねん」と言われていたでしょうが、喧嘩には発展せず。

こんな状態で「自身に悪意やそれに似た感情が向けられることを知らない」、もしくは「そんな感情が自身に向けられるなんて想定すらできていない」筆者にとっては、

何あの子、変。。。でも何て言ったらよいかわからない。なんであの子、こんなことするの?筆者の世界にはないので、よくわからない。結果放置です。

(気が強いのか弱いのかわからない)

少なくともクラス替えが行われる2年生の最後まで、我慢するかたちになったと思います。

それ以上に学校には楽しかったので、気になるけど、まあ、具体的に何かされたわけではないのでね、うん。。。といった感じでもありました。

この体験が今後自身の成長やものの考え方へどんな関りがあったのか、なかったのかは今でもわかりません。

ただ、男の子に対して初めて嫌と思う気持ちが生まれたのは確かなことです。

筆者
筆者

この男の子とはなぜか高校まで一緒で、最後の方は普通に話す仲でした。
今元気かな~と会いたくないとは思っていないので、筆者は一体どんな心持なのか。。。

まとめ

幼稚園児の頃よりも、磨きがかかった我儘小学生の筆者です。

当時はアセクシャルという言葉は勿論ありませんでしたし、自身が恋愛感情を抱けない方面の人間とは気づいておりません。

ただ、人生のポイントとして異性である男の子に対して、嫌と思う気持ちが生まれた時期でもありました。

誰でも一時期、嫌だな~と思う頃があるんじゃない?と言われたら、その通りです。

アセクシャルとこちらも無理矢理結びつけはしいたしません。

都合よく後付けの解釈だなと思ってしまう所ですが、

筆者
筆者

少し前にも書いた通り、この男の子との出来事は、何か先天的なアセクシャルに関連する要素・気質が強化されたような気がする、と大人になった筆者が感じているのみに留まります。

さて続きの記事でも、引き続き小学校低学年の筆者について書いて参ります。

初めて「好きな子言い合ってみよう!」の提案を男の子からされたことを思い出しました。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ
タイトルとURLをコピーしました