PR

京都五山の送り火|よく見えるポイントと2024年の日程・点火時間

京都の四季のイベント

五山の送り火は、祇園祭と同じく、京都を代表する伝統行事のひとつであり、毎年8月16日に行われます。

迎え火とともに、地上に訪れた先祖の御霊を送り火で見送る、お盆の最後の行事です。

力強くも幻想的な送り火は、京都の夜空を彩り、多くの地元住民や観光客の心に深く・強い印象を与えます。

このページでは、五山の送り火の歴史や見どころ、2024年のスケジュールを紹介します。

京都五山の送り火の歴史と背景

京都五山の送り火の歴史と背景

毎年8月16日の夜に行われる「五山の送り火」は、お迎えしたご先祖様をあちらの世界にお見送りする、お盆を締めくくる行事です。

遠くから見ても迫力を感じる送り火の力強さと、夜の京都の空を照らす幻想的な雰囲気を味わいに、毎年多くの方が訪れています。

起源と歴史的背景

五山の送り火の起源には諸説ありますが、それぞれの送り火に由緒があり、かつ各々背景が異なっています。

古いものだと、平安時代の初期までさかのぼりますが、現在のような形式が成立した時代は、江戸時代と考えられています。

いずれも、現存する記録は「無い」といっても過言ではないくらい、残されていません。

つまびらかな背景や歴史が不明な理由は、五山の送り火の宗教色の色合いの強さが挙げられます。

政治的・国家的なものではないため、公式な記録は、あまり残っていないようです。

年代ではなく、送り火を実施する理由という意味の起源には、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が深く関係しています。

お盆に、あちらの世界から帰ってきたご先祖様の魂(お精霊さん・おしょらいさん)を各家でご供養し、あちらの世界へお見送りすることが「盂蘭盆会」です。

文化的意義

五山の送り火は、京都の文化と信仰に深く根ざしています。また、以下のような、浄化の力をもつとされています。

  • 送り火の火を水やお酒が入った盃に映し入れると健康になる
  • 穴をあけたおナスから、大文字を見ると視力が回復する

五山の送り火は、単なる京都のイベントやお祭りではありません。

保存会の絶え間ない努力のもと、家族やコミュニティが一体となって先祖を敬い、感謝の気持ちを表現する大切な機会です。

特に、京都の住民にとっては、長い歴史を通じて続いてきた大切な伝統行事であり、毎年多くの人々が成功を祈りながら準備に携わっています。

年によっては、始まる少し前に大雨が降ることもあり、雨雲レーダーとにらめっこしています。

五山の送り火がよく見えるところ

五山の送り火がよく見えるところ

五山の送り火は、市内の各所から見られます。

しかし、場所を選ばないと、送り火まで遠すぎたり、送り火そのものが欠けていたり、思った風景ではないかもしれません。

せっかく京都に観光に来たなら、満足できる景色を見たいですね!五山の送り火がよく見えるポイントを紹介します。

  • よく見えるスポットは混雑するので、動きやすい服装でお越しください。荷物も少ない方がよいでしょう。
  • 観光で京都に来た方は「明るいうち」に下見をおススメします。
  • 安全を確保するために、今年から立ち入り制限や交通規制がしかれる可能性もあります。

大文字がよく見えるところ

大文字(如意ヶ嶽・大文字山)がよく見えるスポットは、こちら。

妙法(万灯籠山・大黒天山)がよく見えるところ

(万灯籠山・大黒天山)がよく見えるスポットは、こちら。

船形(西賀茂船山)がよく見えるところ

船形

船形(西賀茂船山)がよく見えるスポットは、こちら。

左大文字(大北山・大文字山)がよく見えるところ

左大文字

左大文字(大北山・大文字山)がよく見えるスポットは、こちら。

鳥居形(曼荼羅山)がよく見えるところ

鳥居形

鳥居形(曼荼羅山)がよく見えるスポットは、こちら。

送り火が複数見えるところ

送り火が複数見られるポイントをお探しの方も多いです。せっかくタイミングをあわせて京都に来たのなら、なおさらかと思います。

たとえば、このようなポイントで複数の送り火を一気に見られます。

  • 鴨川デルタ
  • 京都タワー
  • 将軍塚
  • 船岡山公園
  • 渡月橋
  • イオンモール京都五条
  • 京都御所
  • 吉田山山頂公園
  • 京都駅ビルSKYWAY
  • 一乗寺付近の高野川沿い
  • 市内各ホテルの屋上やレストラン、客室
  • 建物の建設により、景観が変わる場合があります。
  • 抽選、有料化、交通規制など、制限が設けられているスポットが含まれています。
  • ホテルの屋上は、誰でも立ち入れるとは限りません。

どこのスポットも、毎年、同じ景観や鑑賞条件とは限りません。

また、複数送り火が見えるということは、各送り火から距離があり、かつ人で混雑している傾向があります。

混雑を避けたい場合は、ホテルからの鑑賞が最適ですが、送り火の時期は金額が跳ね上がります。

たくさん見たい気持ちを抑えて、ひとつの送り火に集中すると、近くにいるからこそ聞ける「鐘の音」「火の勢い」「雰囲気」を感じられるでしょう。

今年は近くで、来年はホテルで。年を変えて楽しみ方を選んでもよいですね!

送り火の鑑賞スポットは、京都観光Naviでも確認できます。

京都五山の送り火・見どころと各山の特徴

京都五山の送り火・各山の特徴

五山の送り火は、京都市内の五つの山で行われます。各山の送り火には独自の火床があり、歴史や由緒も異なります。

京都五山送り火は、昭和58年10月に、大文字送り火・松ケ崎妙法送り火・船形万燈籠送り火・左大文字送り火・鳥居形松明送り火という名称で、京都市無形民俗文化財に登録されています。

大文字(如意ヶ嶽・大文字山)

「大文字」は五山の送り火の中でも最も有名で、送り火と言えば「大」を思い浮かべる方も多くいます。

送り火は、如意ヶ嶽(にょいがたけ)の中腹で行われ、午後8時に点火されると、次第に大の字が夜空に浮かび上がります。

「大」の字は、細めで美しい様から、女性型とも呼ばれているそう。

点火するときは、浄土院のご住職と保存会が般若心経をあげ、合図とともに一斉に点火されます。

五山の先頭を切って、点火されていく様子はまさしく壮観です。

妙法(万灯籠山・大黒天山)

妙法

「妙法」は、松ヶ崎の西山(万灯籠山)と東山(大黒天山)、ふたつの山にわたって行われる送り火です。

「妙」の文字が西山に、「法」の文字が東山に点火され、これらが夜空に輝きます。

妙法は、日蓮宗の教えを象徴しているとされ、「南無妙法蓮華経」、南無「妙法」蓮華経、確かに妙法がお題目に入っていて、ペアのようです。

「妙」と「法」も2文字で一対となっています。

「妙」と「法」の文字が完成されていく様子は美しく、荘厳な雰囲気を醸し出します。

船形(西賀茂船山)

船形

「船形」は、西賀茂船山で行われる送り火で、その形は船を模しています。

この船形は、精霊流しの船や大乗仏教(乗を船と読みかえる)など、いくつか伝承があります。

船形の送り火は「精霊船」とも呼称され、西方浄土に船首は向いていると伝えられています。

点火とともに、炎がともされ、船の形がはっきりと浮かび上がります。

その様子は、まるでご先祖様を乗せた船が空を進んでいるかのようで、幻想的な光景を作り出します。

左大文字(大北山・大文字山)

左大文字

「左大文字」は、左大文字山に点火される送り火です。

池に映り込んだ「大文字」や、「大文字」そのものを映したなど、諸説ありますが、真実はわかっていません。

東山の大文字と並べて、太めの「左大文字」の形が際立つことから、とも呼ばれます

左大文字の大文字山がある町は、金閣寺の門前町に含まれているため、金閣寺と非常に縁がある地域です。

鳥居形(曼荼羅山)

鳥居形

「鳥居形」は、嵯峨鳥居本の曼荼羅山で行われる送り火で、その形は鳥居を象徴しています。

点火されると、鳥居の形が徐々に夜空に浮かび上がります。

鳥居形の送り火は低めの位置にあるため、他の送り火と比較すると、やや見にくい位置にあります。

しかし、神道的な雰囲気を漂わせながら、夜空に浮かび上がる鳥居は、もっとも美しい送り火と言われています。

広沢池では、遍照寺さんの灯籠流しと、鳥居形の送り火を同時に見られます。

広沢池・遍照寺の灯籠流し

五山の送り日の日程と当日のスケジュール

五山の送り日の日程と当日のスケジュール

五山の送り火は、毎年8月16日に開催されます。各送り火の点火時間は、以下のとおりです。

  • 大文字送り火:午後8時
  • 松ケ崎妙法送り火:午後8時5分
  • 船形万燈籠送り火:午後8時10分
  • 左大文字送り火:午後8時15分
  • 鳥居形松明送り火:午後8時20分

送り火は順次点火され、最終的にすべての送り火が京都の夜空に浮かび上がります。

雨天や強風など、荒天時は時間が前後します。
点火した後、各送り火は、点火時間から約30分間灯されます。

五山の送り火を見るときの注意点

五山の送り火を見るときの注意点

観光で京都に来た方が、五山の送り火を見るときに、いくつか注意したいポイントを紹介します。

  • 下見:明るいうちにしておく
  • 景観:満足できない可能性もある
  • 制限:抽選、有料化、交通規制など
  • ホテル:誰でも入れるとは限らない
  • 混雑:よく見えるスポットには人が集まる
  • 服装:動きやすい服装で
  • :見る場所によっては虫よけが必要
  • 熱中症:暑く蒸し暑いため要注意
  • マナー:ルールを守って鑑賞

注意したいポイントやルールやマナーを守って、京都の五山の送り火を楽しんでください!

明るいうちに下見する

鑑賞するスポットを決めたら、明るいうちに下見してください。

日が落ちてから移動すると、どこから火が上がり送り火が見えるのか、暗くて視できません。

また、送り火が始まる時間帯は、送り火がきれいに見えるよう、電気を消す家庭や施設も多いため、より暗くなります。

どこからならよく見えるか、または見にくいか、立ち止まれそうな場所はあるか、ご確認ください。

めんどうですが、日中に一度下見して、どの角度からどのように見えるのか、確認した方がよいでしょう。

景観が約束されるとは限らない

満足できる景観ではない可能性もあります。

当日は混み合うため、下見をしていても、思った位置で見られない可能性も考えられます。

また、見る角度が変わると、送り火の一部が欠けたり、文字がきれいにみえない場合もあります。

一度訪れたことがある場所でも、建物の建設により、景観が変わっているケースもお含みおきください。

どこのスポットも、毎年、同じ景観や鑑賞条件とは限りません。

各種規制は事前に把握する

抽選、有料化、交通規制など、制限が設けられているスポットもあります。

嵐山の渡月橋の交通規制や、京都駅ビルでの観覧をはじめ、安全に送り火を見るために、観覧スポットによっては、各種制限が設けられます。

今年から立ち入り制限や交通規制がしかれる可能性も、否定はできません。

下見に行けば、交通規制情報が記載された看板や案内などが、掲示されているので、ご確認ください。

交通規制の情報は、京都府警のホームページで掲載される場合もあります。

快適な環境で見たいならホテルを予約する

ホテルの屋上は、誰でも立ち入れるとは限りません。

ホテルによっては、屋上から複数の送り火が美しく見えますが、ホテルにとっても書き入れ時。

五山の送り火プランで宿泊するお客さまや、レストランと事前に予約した方が優先されます。

予約をしていない場合は、あてにしない方がよいでしょう。

送り火の時期は金額も跳ね上がりますが、落ち着いて・ゆっくりと・快適な環境で鑑賞できます

京都のお宿情報は、こちらからご覧いただけます。

混雑は避けて通れない

基本的に、混雑は避けられないと思った方がよいでしょう。

京都の五山の送り火には、約10万人の人出が見込まれています。また、人は、よりよく見えるポジションや場所に集まります。

市内にまんべんなく人出があるのではなく、スポットごとに人が集中するので、混雑は避けられません。

座ってゆっくり見たい、静かな環境で見たい、という方には、ホテルの宿泊プランがおススメです。

一方、近くにいるからこそ聞ける「鐘の音」や「火の勢い」、「雰囲気」も、送り火の楽しみ方のひとつですね。

動きやすい服と靴を着用する

動きやすい服装で、お越しください。

よく見えるスポットは混雑するので、動きやすい服装でお越しください。荷物も少ない方がよいでしょう。

観覧スポットによっては、足元が悪かったり、階段を上ったりしないといけません。ヒールよりも、歩きやすい靴を選んでください。

周囲は暗くなっているので、歩くときは注意が必要です。

人混みで、スマホも落としやすい環境のため、落とし物にもご注意ください。

虫よけ対策をしてから出発する

自然が豊かなスポットは、虫よけ対策が重要です。

鴨川や自然に囲まれた公園や展望台で送り火を観覧する場合、必然的に虫も多いので、虫よけスプレーのような虫対策は欠かせません。

金閣寺近くの西大路通りで送り火を見るなら、あまり心配しなくても大丈夫ですが、気になる方は、ご準備ください。

小さい虫でも見るのが嫌、のように虫そのものが苦手な場合は、街中からご覧ください。街中からも見られるスポットも、たくさんあります。

熱中症対策と水分補給は忘れない

熱中症対策として、水分補給もお忘れなく。

8月16日。京都は真夏の真っ盛りです。夜と言っても、熱帯にいるような気温と湿度に京都は包まれます。

送り火を見るスポットによっては、屋台が出ているので、水分補給も楽かもしれませんが、ペットボトル1本もっておくと安心です。

具合が悪くなったときは、無理をせずに警備員や警察官、周囲の人に助けを求めてください。

マナーとルールは守って鑑賞する

マナーは守って、五山の送り火をご覧ください。

飲んだ後のペットボトルをはじめ、ゴミのポイ捨ては厳禁です。

ご自分が住んでいる家や、自分の部屋に、無断でゴミを捨てられて、嬉しいと思う方は稀。

五山の送り火は、ご先祖様の魂をお見送りする行事です。ご先祖様に、そんな姿は見せない方がよいですね。

また、歩きスマホは大変危険です。特に、混雑しているところで転倒すると群集事故(将棋倒し)にもつながります。

京都五山の送り火|よく見えるポイントと2024年の日程と点火時間

五山の送り火は、京都の夏の風物詩であり、古くから続く伝統的な行事です。

日本の文化と信仰の交差点であるこの行事は、現代においても多くの人々に感動を与え続けています。

ぜひ一度、京都の夜空を彩る壮大な送り火を見に訪れてみてはいかがでしょうか。

伝統と感動が溢れるこの夜を、心に刻む素晴らしい体験になることでしょう。

京都の四季のイベント情報は、こちらから。

京都観光TOPは、こちら。観光スポットの案内や、交通情報、お土産情報を掲載しています。