恋愛ができない – アロマンティック・アセクシャルの恋愛感情への憧れ

恋愛ができない-–-アロマンティック・アセクシャルの恋愛感情への憧れ 悩みや疑問

アロマンティック・アセクシャルを自認している筆者には「恋愛感情」が存在しません。

初恋もまだ、人を好きになったこともない。そして、これからも誰かを好きになる事はない。

断定できることではありませんが、筆者としては断定に近いものは感じています。

筆者
筆者

改めて文字にすると、なんと物悲しいことでしょうか。仕方ないんですがね。。。

アロマンティック・アセクシャルによる「恋愛的指向」について、ぬるぬると語っている記事もございます。

恋愛感情に関係あるものとして、是非こちらもご覧ください。

さてさて、恋愛感情が存在しない/発生しない筆者なのですが、実は「憧れ」みたいな思いは持っております

この記事では筆者の「恋愛感情への憧れ」、こちらに焦点を当てて書き綴っていきたいと思います。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます アセクシャル/アロマンティック(かも?)とお悩みの方へ

筆者の恋愛的指向について

恋愛感情というものが、わからない

まず恋愛的指向とは何かについて、簡単に説明いたします。

恋愛的指向とは?

「どの性(性別)の方をあなたは好きになりますか?恋愛感情が生れますか?」が分かりやすい説明だと思います。

この説明ですと恋愛感情ありきですが、恋愛感情を抱く方/抱ける方もいれば、筆者のように恋愛感情を抱かない/抱けない方も数は少なくともいらっしゃいます。

恋愛感情を抱かない恋愛的指向は「アロマンティック」と呼ばれ、「アロマンティック」の対義語が「ロマンティック」となり「恋愛感情を抱く恋愛的指向」を指します。

筆者
筆者

アロマンティック(恋愛感情抱かない)⇔ロマンティック(恋愛感情を抱く)です。

恋愛的指向を示す用語については、勿論アロマンティック、ロマンティック以外にも複数存在しています。

異性に対して恋愛感情を抱く「ヘテロロマンティック(=世の中の多くの方々)」等々。

しかし筆者、アロマンティック以外ろくに調べたことがないので、この多様性の時代、様々な指向をさす言葉あるということだけお伝えします。

筆者が思う恋愛感情とは?

生まれてから一度たりとも恋愛感情を体験したことがなく、恋愛感情というものを理解できない筆者です。

(年齢程度には頑張って察します)

そんな筆者が恋愛感情について自身が思う事を書いてみるとこんな感じです。

筆者
筆者

恋愛感情を抱ける方からしてみれば、違――う!と言われてしまいそうですが・・・

恋愛感情とは、相手を愛おしく思うことだよ。

筆者
筆者

愛おしい?

  • 愛おしく思えるとはどいう状態でしょう?気持ちが高揚するのですか?それとも安らぐのですか?
  • 恐らく筆者には愛おしいという感情が存在しません。愛おしく思う気持ちの理解から、まずつまずきます。

恋愛感情とは、一緒に過ごしたい/一緒にいたいと思う気持ちだよ

筆者
筆者

そう言っている訳ではないのは分かるけど、ずっと一緒は嫌かもしれない。

  • 一緒にいたいと思った事がありません。さみしい人間ですが、基本的に一人が大好きです。
  • 男性とお付き合いしていた頃は、早く自分の家へ帰りたいはあっても、一緒にまだいたいと感じたことがありませんでした。
  • とどのつまり、好きではなかったからなのでしょう。

恋愛感情とは、もっとこの人のことを知りたいと思うことだよ。

筆者
筆者

別に知らなくても良いかな。

  • 経験がありません。どうも他者への興味が希薄です。
  • 知ってどうするのでしょう・・・食べ物の好き嫌いを知って、次会う時のご飯は嫌いなものを避けようとする、とか?でしょうか。

恋愛感情とは、触れたいと思う気持ちのことだよ

筆者
筆者

触らないで、そして触りたくもない。

  • スキンシップ苦手です。触りたくもないし、触られたくも基本的にありません。
  • 嫌いな触られ方をしたら二度と会わないとなることもあります。
筆者
筆者

わかっている、わかっているのですよ。恋愛感情とは何ぞやで、皆さんが言いたいことは文章として理解しているのです・・・

筆者
筆者

書いていて、なんて奴やと悲しくなって参りました。。。およよ。

でもこの通り、筆者にとって恋愛感情とは経験したことがないだけに自身に置き換えて理解できず、非常に遠い存在であり、上記のような表現しかできません

アセクシャルは恋愛感情に憧れる?

できない事への憧れ

恋愛感情について、わからんわからんと冷たい事ばかりつらつら書きましたが、こんな筆者にも恋愛感情への憧れは実はあるのです

筆者
筆者

恋愛感情について何の理解を示せてもいないのに変と思われるでしょうが、筆者は恋愛感情を抱けない分、ある程度の憧れがあります

皆さん当たり前にされている事=恋愛が筆者にはできません。

アロマンティック・アセクシャルと出会うまでは、世の中で自身だけが恋愛できないのだと思い、お医者さんに行こうと思ったこともしばしば。(1回実際に行ってみました)

皆、恋愛ができていいな~羨ましいなと思ったことは勿論あります。何回もあるのです。

筆者の恋愛感情への憧れ

実際に恋愛できますよ~という状態になったら、どうした良いのか恐らくわからないし、人を好きなる状態を体験したら自身がどのようになるか想像もできません。

でも、何も考えずに余計なことを考えずに、単純に憧れ語るのならこんな感じになります。

  • 人に恋愛感情を抱いて、この人好きになった、付き合いたいな~なんて言ってみたかった。
  • 嘘偽りなく、恋愛トークに参加してみたかった。
  • 当たり前の様に恋愛感情を抱いて、人を好きになって、仲の良いカップルをしてみたかった。
  • 不謹慎ですが、ふられたーー辛い!と言ってみたかった。辛いのは好きだったととに違いないでしょうから。
  • 何の疑問もなく、人を好きになってみたかった。
筆者
筆者

これまた書いていて空しくなってまいりました・・・

恋愛が全て良い結果を生むものではないとは年も年なので承知はしています。

しんどいことも多いのでしょうね。。。そんな事を味わってみたかったというのも、つらい恋愛をしている方からしたら「はい?」となるのでしょう。

筆者
筆者

恋愛ができない者の憧れと言いますか、嫉妬としてとらえてくださいませ。

恋愛感情を抱くことは、空を飛ぶことと同じこと

恋愛感情を抱く事=空を自力で飛ぶこと

よく書いて参りましたが、今のところの筆者の感覚としては、今も昔もこれからも恋愛感情は抱けないだろうと感じております

「恋愛感情を抱けない事を諦めている」ように聞こえますが、細かい話、筆者にとっては「恋愛感情を抱けない事を諦めている」という言葉より、より正確に自身の状態を表す言葉があります。

恋愛感情を抱く=空を飛ぶ

勿論、諦めていることは間違いなのですが「恋愛感情を抱くことは、筆者には人間でありながら自力で空を飛ぶことと同じくらい無理なこと」、こちらの方が個人的にはよりしっくりきます

筆者
筆者

人間として生まれた筆者には、自力で飛行する機能はありません。

飛行できる機能は生まれた時から備わっていないという感覚が、恋愛感情生れない状態生まれた時から恋愛感情を抱く機能が備わっていない感覚と似ているような気がします。

大事なことですが、機能が備わっているいないは、あくまで筆者個人についての表現です。

また機能がないことで、誰かを責めるなんていたしません。筆者個人の問題です。

筆者
筆者

こんな文章を打ち込んでおいて勝手ですが、無理なことだと知りつつ、皆さま空を飛んではみたくありませんか?筆者は飛べるものなら飛んでみたいです。

筆者
筆者

どんな気持ちなんでしょう、楽しいのでしょうか、爽快なのでしょうか。

筆者の恋愛感情への憧れも、空を飛ぶことへの憧れと似たような感じです。

どんな気持ちになるんだろう、楽しいことも辛いこともあるだろうけど、体験してみたかったです。

自分が生れ直さない限り、今生では体験できないことです。

憧れは憧れのままで良い

いいなーいいなーばかり言って参りましたが、憧れはあっても、やってみたかったことはあっても、憧れは憧れだけで今生は留めておきます。

  • なぜなら憧れが現実になった際、アロマンティックであった筆者は突然の変化を受け入れられず、即座に逃げ出だろうから。
  • 若ければ頑張ったりできたのかもしれませんが、アロマンティックを自認した今、これ以上しんどい思いをするのは遠慮したい

こんな状態をハリネズミのジレンマって言うのでしょうか?憧れと許容し難さが大喧嘩です。

まとめ

自力で空を飛べと人間には言えないように、無理に人を好きになる必要はないと、アロマンティック・アセクシャルとして生きる事を受け入れた筆者はそう思います。

筆者
筆者

勿論、アセクシャルが人を好きになってはいけないと言っている訳ではありません。

筆者はアロマンティックを受け入れたので、人を好きになれないという状態にもう自身の心を振り回されることはありません。

日常生活でふと自分が出来ないことを改めて自覚した時に等、モヤッとすることはあるのです。

このモヤモヤなるものは、恐らくこんな筆者の感情や思いが原因なのかなと思います。

  • 自分がしたくてもできない事=恋愛を当たり前にしている人たちへの憧れ・嫉妬
  • 自分が味わえない感情=恋愛感情を当たり前の様に味わえる人たちへの憧れ・嫉妬
筆者
筆者

とどのつまり、恋愛感情への憧れです。

筆者
筆者

しかし、実際我が身に起きたら戸惑いしか生まれない感情への憧れです。

今生については、筆者はアロマンティック・アセクシャルとして、なるべく心穏やかに過ごせていけたらなと思っています。

そう言えば、人によっては、恋愛そのものへ嫌悪があると聞いたこともあります。

人それぞれなのは当たり前ですが、筆者は恋愛への憧れはあっても、その感情を自身に向けられたら逃げ出すので似た様なもんなんでしょうかね?

嫌悪感とはなんか違う気もするのですが。。。

いや本当に色んな状態の方がいらっしゃいるのは事実です。最後に筆者の開き直りを一つ。

人を好きなることは人間の社会生活で結婚・出産など生産性に繋がるかもしれませんが、人を好きにならない方は別の方法で生産性に協力すれば良いと思っております。

筆者
筆者

筆者だって社会人としてしっかり納税していますよ。(この位しか思いつきません、ほっほっほ)

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます アセクシャル/アロマンティック(かも?)とお悩みの方へ
タイトルとURLをコピーしました