アセクシャルの婚活失敗談 – アセクシャル関係なくても無理

アセクシャルの婚活失敗談 – アセクシャル関係なくても無理 アセクシャルと婚活

カテゴリー「アセクシャルと婚活」の2つ目の記事になります。

大学・大学院と、かぴかぴに干からびた生活を送っていた若かりし頃の筆者ですが、大学院の友人とその彼氏に触発されて、彼氏なるものが欲しくなりました

なぜかと言うと、嘘偽りなく羨ましいな、良いなと感じたのです。

筆者の友人とその彼氏さんの、遠距離ながらも時間を作って会う心の繋がりやら、お互いを思ってでの行動やら、筆者もそんな繋がりを持てる彼氏が欲しいと思いました。

そして思い立ったが吉日と、急遽行動にでた筆者。好きな人ができたことも碌にないにも関わらず、大きくでました。

若き日の筆者
若き日の筆者

彼氏が欲しいなら、出会いを作るしかないじゃない!ならば、婚活だ。
リアルでの出会いが皆無だ。よし婚活サイトに登録しよう!

時代のせいか、ネットでの出会いにも反感がある時代。少し緊張しながら早速登録完了しまして、婚活を開始。

若さに惹かれたのか、結構なやり取りしませんかのご挨拶をいただき、プチモテ期(ネット上に限る)。

そしてある殿方と実際にお会いすることに。

こちらの記事に筆者の心の動きを書き綴っておりますが、

筆者の感情が「良い人」から一切変化・発展することなく「良い人で終わってしまった」ため、その殿方からは筆者から離れていきました

当時の筆者としては、

筆者
筆者

次だ!次!!次頑張っていこう!

さてさて、婚活サイトを出て個人のアドレスでやり取りするようになった別の殿方と親交を深めて参りましょう。

こちらの婚活サイトですが、当時の筆者がアロマンティック・アセクシャルだと自認する前の話ですので・・・

  • 男性の体で生まれて、男性であると自身を認識しており、女性を恋愛的/性的対象とする男性
  • 女性の体で生まれて、女性であると自身を認識しており、男性を恋愛的/性的対象とする女性

登録者もこんな感じでLGBTの方はいらっしゃらなかった記憶があります。

サイトのコンセプトとしても、LGBTのLの字も出ていませんでした。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ

好きになれる人を求めて

筆者は「自身がそうそう簡単に異性である男性を好きになれないだろう」という、漠然としていながら、しかし確信に近い考えは当時からもっていました。

今思い返すと、自身が認識できていないだけで、筆者の心は「あんたはアロマンティックやで~」と言っていたのでしょう。

筆者
筆者

そんな心の主張に気づけないまま、数打てば当たる作戦にでました。

好きという感情にたどり着くのは時間がかかるし、時間がかかるのであれば沢山の男性とやり取りをしなければ。

気になると少しでも思えた男性と仲を深めなければ、好きという気持にはたどり着けないだろう。

筆者
筆者

そんな気持ちを抱きながら、引き続き婚活に勤しみました。

男性と実際にお会いする機会に恵まれたとしても、同時進行で他の男性とも婚活サイトでのやりとり、実際の個人アドレスでのやり取りをすることに、申し訳なさがなかった訳ではありません。

同時進行している殿方がいたら、他の殿方へお伝えしていました。なんか妙に律儀。

筆者
筆者

今の筆者からすれば、婚活サイトですから、同時進行もよくある事でしょ、なんですがね。。

あなただけです、と進めていく事を良しとされる方もいらっしゃるとは思いますが、

数回で付き合いたい方・好きになれる気持ちが沸く方と会えるとも見込んでいなかったため、出会いの回数を多く持ちたかった筆者です

実際お会いしてみて

失敗の勉強

正確には実際に会った殿方の2人目という訳ではないのですが、ブログでお話したい殿方2人目とお考えください。

さてさて、どのような殿方だったかと言うと確か当時の筆者より、かなり年上の男性だっと思います。

年上の男性が良いと言っていても、範囲が広くないかと友人からはよく言われていましたね。おほほ。

と言われても、20そこそこの筆者は、40半ばくらいまでならOKくらいに思っていました。

筆者
筆者

今でも20歳年上がOK~なのかというと、今の年齢+20歳・・・考えるのはよしておきましょう。

違和感と警戒

基本的に真面目に出会いを求めている人たちが登録している婚活サイトのため、逆に悪さをしようと思って登録している方の方が少ないなと、サイトを利用しながら実感していました。

筆者
筆者

写真入りの個人を証明する書類の提出が必要ですからね。

しかしこの殿方の登場です。

会う前の話:筆者の頭には「要注意」の文字

基本的に筆者は全ての方に対し、最初から少し警戒しながら対応していました。

アロマンティック・アセクシャル関係なしに、ネットで出会って実際に会うのは、いつでも注意は必要ですね。

勿論、その殿方に対しても警戒は怠らずにやり取りをしていました。

ちなみに、その方は婚活サイトの中でのやり取りは丁寧、個人メールへ移行したあとも別段違和感は覚えず。

文章でのやり取りは何も感じなかったのですが、電話で初めて話したときに突然・・・

殿方
殿方

今から来られる?

県境を越える距離にお互いいるはずで、22時は回っております。

場所と時間を考えたら、間違いなく、筆者からこのような言葉は発しないでしょう

筆者
筆者

これはアカンやつか?アカンタイプのやつなのか?

「要注意」の言葉が筆者の頭の周りをくるくる回り始めています。

そんなに筆者に会いたいの?なんて思いませんし、間違ってもときめきません。

ただでさえ、ときめく力が人より脆弱な為ときめくなんて無理、警戒レベルが上がっただけの話。

勿論、ホイホイ出向いたなんていたしません。

若い筆者
若い筆者

今、10時過ぎていますけど・・・

殿方
殿方

あぁ・・・まぁそうだよね。

その時は簡単に引き下がってくれたから良かったです。

筆者
筆者

気になるどころか、警戒感が増しただけ。いやいや無理でしょ?
と、ここで止めておいたら良かったんですけどねぇ、若かった。

まだまだ若い筆者、それでも会ってみないとわからないこともあるよね(不正解ではないけど)と、ここで終了せずに、日を改めてお会いすることに。

好きになるどころではない話

そんなこんなで実際会う日を設定して、会う事になったのですが、お会いする当日は大分神経をとがらせた記憶があります。

  • 席を離れる際は飲み物を飲み干してから離れましょう。
  • 相手が飲み物を勝手に頼んでいたら、飲まないようにしましょう。
  • 親が自分の行動が原因で笑われないように気をつけましょう、等々。
筆者
筆者

そこまでして会う相手だった?違うでしょ?と30代の現在の筆者は言うでしょう。

さて、お会いして筆者が思ったこと、と言いますか帰りの電車で思った事と言った方が正確かもしれません。

筆者が帰りの電車で抱いた感想

  • 筆者はこの方に対して、真剣・誠実でいようとは思えなかった。
  • 話は一方通行気味だったような気がする。(筆者の話を聞かないわけではないが、ばくばくご飯を一人で食べて、話して、ご馳走様で終了。)
  • 間違っても恋愛には発展しないと思った。(ご年収は羨ましかった笑)
  • 次、お会いする機会はないと思った。(むしろ、これ以上続けてはならないと判断した。)

続けて、帰りの電車でこんな風にも思いました。

筆者
筆者

危なかった。筆者みたいに他に会ってしまった女性はいないか、少し心配。

エレベーターの中で手を出してきて、見事に回避した筆者。ほめてあげたい。

2人になれる場所に誘われて「帰ります~」と、華麗にターンをきめて改札を通った若かりし自身をほめてあげたい。

真面目に彼氏・彼女を見つけようとしていない方をどうやって好きになれば良いのか。。。

恋愛感情を抱ける方でも、無理な話でございますよね。

恋愛できる方でも無理だと思う

誠実ではない方がいるという現実

少し時間をおいて、筆者が感じたことは・・・と言いましても、

その後、何かしら良いと感じられることもなく、吟味してみたところで筆者の殿方への印象が好転する事はありませんでした。

どう考えても、筆者は好きになれないと思った。

  • 初めて会うのなら、ましてネットでの出会いであるなら、まずはできるだけ丁寧な対応で始めたい。
    →ネットでの出会い、人となりを知らない前提の世界での出会いのため、自分の印象を良くないものにさせるのは簡単なことだからです。自身の気分一つで簡単に連絡を取らない事を選択できますよね。
  • だから筆者は可能な限り、真剣で誠実な対応をしようと思っていましたが、最初から、最初の電話から、こちらの殿方は違ったようです
  • 筆者と考え方が異なるようでしたので、今後も引き続き会いたいです、とはならんですね。
  • そもそも、人として好感を抱く事すら不可能です。

一歩的な会話や食事=相手にペースをあわせる気がない。

  • 出会いを大事にしよう、もしくは、(よっぽどではない限り)なんか違う気がするけど、この場は普通に終わらせようと、考えるのが一定の誠実さをもった対応だと思う筆者です。
  • こう思えは、相手への気遣いは自然に発生するもので、楽しそうかな?つまらなさそうかな?と相手の様子を見たり、会話や食事のペースを考えたりするものです。
  • これがないということは・・・答えは言わずもがな、でございます。
  • もう一度言わねばなりません。人として好感を抱く事すら不可能です。

次会う時間を作るのなら、他の事をするべき。

  • ①・②とこんなことを書いていて、また会おうとするのは「???」です。
  • おとなしく勉強でもしていましょう。

今回の出会い、失敗の良い勉強になったと思いました。

恐らく・・・いや、ほぼほぼの方が、恋愛感情を抱くなんて無理で、人として好きになるのも無理、とおっしゃるのではないでしょうか。

経費は交通費数百円のみ、まあ苦にならない勉強代だったかもしれません。

今思い出しましたが、食事の際メニューの選択も自分で食べたいものをポコポコ頼むだけ、だったような気がします。

筆者
筆者

負けずに筆者も頼みましたが・・おほほ。勿論、自分で支払える分頼む感じです。

まとめ

遊ぶ対象として見られた物悲しさ

彼氏を作りたい、好きな人を作りたいと期待して婚活サイトに登録しましたが、今回については、勉強として糧にするしかない案件でした。

筆者
筆者

アロマンティック・アセクシャル自認前でも自認後でも、こんな考え方をされる人とは、男女関わらず、お友達にはなれそうにありません。

こちらの経験を経て、人を好きになりにくい筆者が余計好きになりにくくなるのでは?と当時は思うこともありました。

しかし、特にこの出会いに対して期待はしていなかったのも事実。(実際に会っておきながらですが)

また、この出来事で筆者が傷つき、より異性に対して警戒感抱くようになったり、距離を置くようになったとは思っていないのですが、現在でも一応覚えているので、どんなものか。

笑い話で友人に話したことはあるのですがねぇ。。。

実は傷ついていて、

  • 恋愛感情を抱かないようにしようと、知らずに自己防衛するようになったのか
  • 恋愛感情に対して、良くないイメージや嫌悪感を持つようになったのか。
  • 良くないイメージを持って、意図せずに恋愛から離れるように心が動いたのか。

その時の心の動きを思い出してみますが、今になっても、本当に傷ついて上記のような心の状態になっていたのかどうか、正直よくわからないところです。

分からないのは分からないのですが、どうしてもこんな風に思っています。自身の事を考えると、こんな言葉が最適です。

根本的なこととして、筆者にとって自身がアロマンティック・アセクシャルであることは先天的な事だと思っており、

「恋愛感情を抱かない」と「性的に惹かれない」原因が男性への不信ではない。

少し前の文章でエレベーターでほにゃららと書いています。ちょっとした余談でございます。

エレベーターの中で、お会いした殿方の顔面が筆者の顔面に突然前振りもなく急接近してきたのには驚きました。

筆者
筆者

若さ全力の背筋で迫ってきたものをかわしただけの話。。。

自分の反射神経と背筋をほめてあげたい!今ならもれなくぎっくり腰です。

この出会いに期待はしていませんでしたが、ただ筆者と同じように誠実であろうとは思っていなかった事実に、ショックとは言い過ぎですが気を付けようと身を引き締めました

筆者
筆者

うーん、自身の指向は先天的なものと言いましたが、この出来事はアロマンティック・アセクシャルの度合を強化してしまったのでしょうか?少し考えが定まりません。

今回の殿方との経験を糧に、引き続き、めげずにこの後10年近く婚活していく筆者です。

婚活されている方はお気をつけくださいね。

お悩みでしたらお声がけください

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。

  • アロマンティック/アセクシャル(かもしれない)けど、パートナーを持つこと・持たないことで悩んでいる。
  • パートナーの必要性について、他のアロマンティック・アセクシャルの考えを聞いてみたい。
  • アロマンティック・アセクシャルの婚活について、聞いてみたいことがある。
  • 例えば、婚活でやり取りしているお相手がアロマンティック/アセクシャルかもしれない。接し方など気になる事がある。

当事者であっても、当事者ではなくても、もし気にかかる事がありましたら、お声がけくださいませ。

筆者
筆者

勿論、筆者以外にも相談できる方はいらっしゃいますよ

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ お知り合いがアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます カミングアウト/相談を受けた方へ

アロマンティック・アセクシャルの婚活

筆者が婚活婚活と騒いでいた時期は、男性が異性である女性を、女性が異性である男性を自身のお相手として探すサイト以外なかったと思います。

筆者の婚活終盤にもなると、何かしら新しい切り口の婚活サイトもあったのかもしれませんが、時代は変わりましたね~。

「友情結婚相談所カラーズ」、皆さまご存知ですか?

筆者
筆者

筆者がもっともっと若ければ登録したと思います。

アロマンティック・アセクシャルは、

  • 自認しにくいセクシャリティーであること
  • SNSでは公表していても、実生活では公表していない人が多いこと(アロマンティック・アセクシャルに限った事ではないとは思います)
  • 自分の相手もアロマンティック・アセクシャルであってほしいけど、そもそも身近にいないこと

こんなことも相まって、出会いの数が他より限られるのかな?と感じます。

でも、カラーズでは見つかるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました