婚活戦歴 = 全戦全敗 – 誰も好きになれなかった

婚活戦歴 = 全戦全敗 - 誰も好きになれなかった アセクシャルと婚活
筆者
筆者

この記事に至るまで、3名の殿方とのやり取りを書いて参りました。

良い人で終わってしまった方、これ以上会ってはいけないと思った方、プロポーズされて天地がひっくり返るほど驚いた方がいましたが、勿論、彼氏として今後のご縁を繫げなかった方々ばかりです。

筆者
筆者

婚活サイトを介して出会った殿方は他にもいらっしゃいましたが、全戦全敗。

彼氏になりそうな方どころか、2回3回とただ会う事すら続かない、続けられないことばかり。

大学院を修了する頃には婚活サイトでの婚活も2年近くを迎え「そんなに彼氏ってできないもの!?」「こんなに好きな人ってできないもの!?」といよいよ悩みも重めのものになってきていました。

この記事では、引き続き殿方とお会いして筆者どう感じたかを書き綴っていくのもどうなのかと思いましたので、一旦、婚活体験記はお休みでございます。

これまでの婚活を通じて得た、筆者の経験や感じ方の総括を書いて参ります。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ

婚活の結果=全戦全敗

婚活戦歴

ちなみにですが、筆者は大学院も無事に修了しまして、めでたく社会人・・・とはなれませんでした。

筆者
筆者

この事実あっての、今の筆者だとは思うのですが、婚活とは別の辛いものがありました。

就職活動やブラック企業への就職など、アセクシャルとは関係ありませんが、そちらでも1つブログを綴れそうなネタがありそうな気がします。

さて、話を元に戻しますと、大学院修了後も細々と婚活は引き続き続けておりました。

続けてはいたのですが、今までの記事に記載してきたことの基本繰り返しで、先ほど書いた通り、

彼氏が欲しいはずなのに、好きだと感じられる殿方、良い人を超えて雀の涙ほどでも恋愛感情を抱ける殿方と一切出会えない現実に、少々疲れておりました。

筆者
筆者

4-5人くらいしか会っていないんやなくて、40-50人とは実際に会っているはずなのに、好きな人できないってどういうこと!?

高望み?って言われそうだけど、

年収は最低でも800万、顔は普通の上、清潔感があって、気遣いができて、価値観が合う、身長も平均より高い方が良いな、初婚で、身持ちも軽そうな殿方

・・・なんて一回も言っていません、そんな殿方いたら、もうすでにご結婚されています!そんな殿方は婚活サイトには登録しましぇ~ん!!

筆者
筆者

そのくらい、わかっているの~わかっているのよ~筆者そんな痛い人ではありません~

筆者自身の身の丈にあった方、自分のスペックをラインにしています。

そりゃ好みはそれぞれでしょうが、自身ができないことをお相手には求めません。。。

例えば、筆者の身長は平均を少し超えるくらい、なので185㎝の高身長の方がいいわ、とは言いません。

顔も中の下か下の上(と思いたい)なので、イケメンよこせ~なんて言いましぇん。。。

筆者
筆者

しかし何人となっても、好きとはならない不思議なことに。
不思議なことに、この人好きかも?すら感じない

そして結果は、全戦全敗。筆者が婚活してきて、出会った人の分類は下記の通りです。

  • メールでフェードアウトしてしまった人
  • 実際会ったけど一回で終わってしまった人
  • 複数回会ったが、それ以上関係が発展することはなかった人
  • 二度と会うかと思った人

メールでフェードアウトしてしまった人

筆不精で申し訳ない

出会いを求めていながら、筆者はメールのやり取りが大変苦手です。メールで長文を書くことが苦手。なぜなら、

  • きちんとお相手からの質問に答えられているか確認しなければ。
  • 失礼のない言葉遣いで書いているか確認しなければ。
  • 複数の方と同時進行しているので、他の殿方と話が混同していないか確認しなければ。
  • こちらからも興味を持っていますよと示さなければならないから、何か質問をしなければ。
筆者
筆者

・・・この殿方が気になるから、もっと知りたいではないんですよね。
全て義務感より対応します。

最低限確認する情報、例えばプロフィールがしっかり自身の言葉で書かれているか、書いている内容に筆者が疑問や不安を感じないか等、一定の取捨選択をして、頂いたご挨拶へ返信し、やり取りを開始する。

基本的にそもそもプロフィール見たところで、気になるもならないも、好きになりそうになるもならないも、興味がないのです。

婚活サイトに登録しているのに、殿方への興味がないのです。

なぜなら、実はアロマンティック・アセクシャルだったから。

一時、友人とその彼氏の絆を見て羨ましく思ったのでしょうが、自身に反映させようとしたら本能で嫌・興味ないと反応してしまうんです。

そもそもの気質があったこと、足すことの「失礼のないようにしなければ」という義務感が、

メールを返信「しなければ」・失礼のない返信を「しなければ」となり、自身へストレスを与えていました。

結果、メールのやり取りの頻度も下がっていき、気づいたらフェードアウト間近です。

電話が嫌い

余談ですが、筆者は電話が非常に嫌いです。

電話は自分の都合で相手の時間を許可を得ることなく占有する行為にしか思えないくらい、苦手です。

筆者
筆者

これは今でもそう思っているくらい、電話が嫌いです。職場もすぐ電話する方っていますよね。。。
全てを駄目と言うつもりはないのですが・・・

筆者が大学院生~修了して間もなくの頃は、どうでしょう、やり取りと言えばある程度文章の長さが必要なメールが多かったのかもしれません。

チャット形式でポコポコやり取りでき、スマホ(がそもそもなかったか?)でメッセージの受信のお知らせを手軽に確認できるツールはなかったように思えます。

なので、結構「メールだと長くなりそうだし、文章入力も大変だから」といった感じで、気軽にお電話されてくる殿方(女性も勿論いたでしょう)もいらっしゃいました。

筆者
筆者

やむなく出た際は本当に面倒でした。無視したこともありました。

やり取りしている男性で将来の彼氏になるかもしれない男性からの電話なのに、気付かずとも実際のところはその男性に全く興味がなかったから。

電話が終わった後の疲労感が半端なく、電話をかけてきた殿方とは、ほぼほぼ筆者からそれ以上の返事はしなかった記憶があります。

あなたは電話できるタイミングでしょうが、筆者はそうでもなく、時間があっても出たくないのですよ、拘束されるから。

筆者
筆者

う~ん、我ながらわがままですが、偽りない気持ちです。本当に嫌い。

筆者の返信がどんどん遅れる

話がそれましたが、メールが苦手でも返信しないわけにはいかないので、義務感のみで返信をしておりました。

メール一通送るのに、色々確認「しなければ」ならない事が多く、失礼な発言をしないように気を付けておきながら、返信がどんどん遅れるという失礼をしてしまっていました。

下手したら2-3日返信できないことも珍しくはありません。

筆者
筆者

お相手からしたら、真剣ではないのか?
他に気になる人がいて、自分はお取り置き?と思いますね。

決して不真面目にやっていたのではないのですが、本当に返信が苦手でした。

(今でも苦手、でも大事な友人をなくしたくないので、逆にレスポンスは早めかも?今となっては長文のやり取りも基本ないですからね。)

真剣にやり取りしたいと思っている殿方からしてみれば、相手からの返信がなかなかこない。これはあまり良い気分ではありませんね。

フェードアウトの原因が返信の遅れなら、十中八九筆者が悪い。こんな対応でしたので、疎遠になっていくのも仕方ありません。

やり取りしてくださった殿方も他の返信のある女性とのやり取りを優先されることでしょう。

まとめ

出会いを求める気持ち≦返信がめんどう

メールの段階でフェードアウトしてしまった殿方について、さすがに、

筆者
筆者

筆者が悪かったからまだメールのやり取り続けてくださいな、とはなりません。NEXT!行ってみよう!

・・・NEXTがいたとして、相変わらず返信は鈍足なのですがね。。。

しかし、本当に筆者に時間使わせてしまって申し訳ない。返信遅くて申し訳ないことです。

出会い求めて婚活サイトに登録しているのに、自身の不精さから、出会うためのやり取りにストレスを感じていました。

今の筆者なら「そもそも関心が抱けないんだから、義務感だけでメールするのは煩わしいことだね。」と伝えられるのが、仕方ないけどもどかしい。

筆者に対して、誠実に真面目に文章を送ってくださった、殿方たち。

ご迷惑をおかけしましたと謝らなければなりません。。。

筆者
筆者

言い訳になりますが、自身の性質に気づけずに、出会いを求めていただけなんです。

と言いつつ、筆者も反省すべきところは多くあるのです。

出会いを求めているくせに、返信が遅く音信不通になりがちで、電話にもあまりでない筆者。

メールの返信や電話が本当にストレスで面倒の権化としか思っていなかった筆者。

当時の本人としては奮闘していたのでしょうし、過去の筆者あっての今の筆者とは思っていますが、でも怠惰だと思うところばかりです。

こんなに人を好きになれないでいるのに、人を好きにならない/なれない人が存在するなんて、そんな人存在するの?と疑問にすら思えない時代でした。

お悩みでしたらお声がけください

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。

  • アロマンティック/アセクシャル(かもしれない)けど、パートナーを持つこと・持たないことで悩んでいる。
  • パートナーの必要性について、他のアロマンティック・アセクシャルの考えを聞いてみたい。
  • アロマンティック・アセクシャルの婚活について、聞いてみたいことがある。
  • アロマンティック・アセクシャルだけど、婚活しても良いのか悩んでいる。
  • 例えば、婚活でやり取りしているお相手がアロマンティック/アセクシャルかもしれない。接し方など気になる事がある。

よろしければ、お声がけください。

筆者
筆者

勿論、筆者以外にも相談できる方はいらっしゃいますよ。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ

アロマンティック・アセクシャルの婚活

初めて知った時は、生まれるのが早すぎたと思う事もありました。ご存知の方も多くなったと思います、「友情結婚相談所カラーズ」

筆者が婚活をネットを通じですると言ったら、冒頭に書いた通りストレートの男女が出会いを求めるサイト以外、恐らくなかったのではないでしょうか。

LGBTの為の婚活サイトはあったとしても、存在として広がるには至らないくらいかと。

筆者がまだ若ければ、まずは登録していたと思います。

筆者
筆者

登録していたら、今の自分は違っていたのかな~なんて考えたりもします。

タイトルとURLをコピーしました