良い人≠好きな人 – 何人と会っても誰も好きにならない

良い人≠好きな人-何人と会っても誰も好きにならない アセクシャルと婚活

こちらの記事はカテゴリー「アセクシャルと婚活」の6番目の記事。

婚活で出会った男性とのやり取りを通じで、こんな風に感じたなど1回の出会いについて書くよりは、婚活戦歴の結果の包括的な内容を書いていきます。

筆者
筆者

前回の記事は包括の1つ目、今回の記事でまとめ上げたいと思います。

1つ目から4つ目の記事では、婚活サイトを通じた殿方との出会いとやり取りを通じ、

アロマンティック・アセクシャル自認後の筆者・自認前の当時の筆者が思った事、どうしてそんな感覚や考えに至ったのか、ちょっと考えています。

一つ目の記事が「良い人で終了」してしまった方、二つ目の記事が「失敗の経験」、三つ四つ目が「プロポーズを受けて驚いた話」になります。

包括記事1つ目の前回の記事では、筆不精で~電話が苦手~やらと我儘な事を書いていますが、

アロマンティック・アセクシャルであると知らない・気づけていない事がこんなにも自身にもストレスと与え、

やり取りして頂いたと殿方にも失礼だったとは、当時の筆者が気付くことは残念ながら難しいことでした。

筆者
筆者

ああすれば良かった、あの時はアセクシャルだからこう思ってしまっていたんだと、自認後の筆者だからこそ、言える事がほとんどです。。。

それでは、アロマンティック・アセクシャルの婚活体験の包括記事、2つ目書いて参ります。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ

これまでの婚活の結果

前記事でも触れた通り、婚活で出会った殿方との最終形態は既に記載済みの「メールでさようなら」を含め、こんな感じです。

筆者
筆者

これらのどれかに振り分けていく、もしくはこれら以外に振り分けられない簡単なお仕事です。

  • メールでフェードアウトしてしまった人
  • 会うには至ったけど、一回きりで終了した人
  • 実際に数回会う事は叶ったが、関係の進展は一切なく終了した人
  • もう会うことは辞退申し上げると思った人

この記事では残りのものついて記載したいと思いますが、もう会わないと思った人については、表現そのままですし、

書くことと言っても「ありえないでしょ~」にしかならないので、割愛いたします。

筆者
筆者

こんな感じのことです。これ以上、会わなくて正解だと思うような出会いです。

出無精の筆者がなんとか頑張って数多く出会ってみましたが、見事に彼氏を作る事には至らないことの連続。

連戦連敗の記録を塗り替えていくだけ。

では早速、「会うには会えたけど、一回で終了した人」について、どういう事か書いて参ります。

実際会ったけど一回で終わってしまった人

筆者
筆者

どうなるかわからないんだから、3回は会わないと~なんて聞いた事がありますが、そうはならなかった殿方たち。

簡単に言ったら、2回目会うのは時間がもったいないと、殿方が思ったか、筆者が思ったか、お互いにそう思ったか。

こちらは割合簡単に切り替える事ができるかなと思います。殿方もそうかと察します。

①お相手が2回目を希望せずに連絡が途絶えた

  • 筆者が殿方の思っている感じの人ではなかった・筆者に嫌なところがあった・他に進めたい案件(女性)が生じた。
  • その方の好き嫌いですし、これは仕方ない。忘れて次に参りましょう。婚活ではよくあることです。
  • 筆者も例の如く1回会った程度で、興味が湧いていることもないので、さっさと次に参りましょう。

②筆者が2回目を希望せずに連絡が途絶えた

  • 単に筆者がもう会わなくても良いと思った・誘われたら断らなかったが誘われなかった。
  • 好きになれそう以前に「もういいかな」と思う所があったのでしょう。または、筆者がお誘いを待っていても誘われなかった・・・およよ
  • まぁ、いずれにしても次参りましょうの精神です。

③お互い2回目があっても良いかと思っていたかもしれないが、実現に至らなかった

  • 相手の出方を待っていた・誘われたら断らなかったかもしれないが、誘い/誘われなかった。
  • 自分から積極的にいくまでの気持ちには至らなかったのでしょうね。
  • そして気づけば時間だけが経過して、もう誘うには遅いくらいの時期になっていた。

こんなパターンなのかなと思います。1回目で終わってしまうことだけは別に良いのですが、まぁまぁの確率で2回目がない!

本当に同じ方と2回目会うって難しいなと、1回目で終わる方の多さに少し驚きます。

繋がらないことの方が多く、次につなげる難しさも実感しておりました。

筆者
筆者

・・・あれ?もしかして、筆者って嫌な感じするのかな・・・?ナンテコッタイ

筆者
筆者

それとも、やっぱり興味なさそうに見えていたのでしょうか・・・

複数回会ったが、関係が発展することはなかった人

何回会っても、無理なもの無理
筆者
筆者

複数回会ったということは、殿方も筆者もお互いに悪い印象はなく、恐らく良い印象が勝っていたのでしょう。

もう少しやり取りを続けて、仲を深めていきたいと希望した結果がお会いした回数なのかもしれません。

そして、ありがたいことにお付き合いしてくれないかと、交際を打診されたこともありましたが、筆者が応じたことは一回もありませんでした。(上から目線失礼いたします)

何度もくどいのですが、筆者はアセクシャルという言葉もまだ知らなければ、自身が他者に恋愛感情を抱かないアロマンティックの人間ということに、気づけておりません。

まだ人を好きになったことがない?初恋はまだ?と悩むことはあっても、これができない人とは認識できていない状態です。

はたから見たら、自分のスペックを分かりもせず、ただより良い殿方を選定している痛い女に映っていたに違いないでしょう。

では、なぜ筆者がお断りしたのか。筆者にとっての真実です。

良い人≠好きな人

何回会っても、良い人のまま
筆者
筆者

あなたは良い人なのでしょう

  • 時間もお金も必要なのに、筆者と何回も会ってくれてありがとうございます。
  • 話す内容も振る舞いも、まずは筆者に気を使ってくれているのはわかります。
  • 悪い印象を持たれる事が嫌なのは誰しも思う事でしょうが、そのお気遣いはありがたいことです。
筆者
筆者

あなたは良い人です

  • 楽しそうに会話をしてくれる、一緒に楽しく食事をしてくれる貴方は優しい人なのでしょう。
  • 筆者もあなたが優しくそして良い人なのはわかります。
筆者
筆者

あなたは筆者にとってずっと良い人なのでしょう

  • まだ数回しか会っていませんが、恐らくあたなは良い人なのでしょう。
  • 今後また会うことがあるかもしれません。その時もあなたは恐らく良い人なのでしょう。

・・・あなたはずっと良い人なのでしょう。

・・・もし連絡をやめることになったとしても、良い人として記憶に残るのでしょう。

・・・・・筆者があなたに向けられる感情は、良い人以外存在しないのかもしれません。

なんか着地地点がホラーみたいになってしまいました。失礼いたしました。

でも、この通りなのでございますよ。

良い人で全力ブレーキの感情】
どんなに筆者に好意をもって頂けたとしても、筆者にとっては良い人で全てが止まるんです。

それ以上の感情が生まれてこないんです。

筆者
筆者

ブレーキと言いますか、良い人に到達したらエンジン再起不能の状態でエンジンは抜け落ちて、車輪は全て外れ、燃料は枯渇して、給油口は完全に塞がっている感じです。

恋愛感情を向けられると逃げだす筆者

アロマンティック・アセクシャルの防衛本能

結婚を見据えた彼氏彼女を探しているはずの人が登録している婚活サイト。

筆者にプロポーズ(?)いただいた殿方の記事でも触れましたが、そんな男女が実際に会おうとしたら、

なるべく相手から印象良く見られたい、そしてご縁に繋げていきたいと思うのが流れかと思います。

筆者
筆者

しかし、筆者はその真逆の行動をとったり、思考として持っていたりしていました

「良く思われたい」が通常のはずが、筆者は「どうか筆者に恋愛感情を抱かないでほしい、なぜなら、筆者はあなた(=殿方)のことを好きだと思っていないから」となぜか考えてしまします。

これから好きになるかもしれない未来を度外視して、どうか筆者を好きにならないでくれと思う気持ちが非常に強かった。

若い筆者が「なんでこんなに自分を好きになってほしいと思えないんだろう?」、「私は好きではないから勘違いしないでほしい」と思ってしまったのか?

それは筆者が「恋愛感情を自身へ向けられることが我慢できない/逃げ出す/辛いと感じる」性質も持っていたから。(アロマンティック・アセクシャルが原因かとは思います)

こんな気持ちを持っている人だったから、無意識に本能で恋愛感情を拒否することで、自分を守っていた。

筆者
筆者

ただただ自己防衛の本能です。

なぜ、恋愛感情を向けられる事が嫌なのか、なぜ恋愛感情を受け入れられないのか、下記記事で詳しく考察しています。ぜひ、ご覧ください。

まとめ

「1回会っただけで終わってしまった人」については、LGBT関係なく出会いとしてよくある別れ方だと思います。

筆者もこれについては、当時は特に問題視していませんでした。

しかし、「何度か会ったけど、以上気持ちが発展しなかった」という現実、「こんなに好きな人を作るのが難しいのか」、「彼氏が欲しいのに自分を好きになってほしくない気持ち」という事柄・疑問について、

当時の筆者も問題としてはっきり見るようになっていました

筆者
筆者

今の筆者が語るは簡単ですが、当時の筆者はまさか自身がそんな人とは思わなかった。

複数回会えたとしても「良い人で停止して、どうしてもブレーキがかかる筆者の感情」「筆者に恋愛感情を向けないで欲しいという感情」が当時は本当に意味が分からず、辛いところもありました。

圧倒的情報不足

筆者
筆者

この時期、恐らくトランスジェンダーという言葉くらいは・・・いやまだ、出回っていないかもしれません。

とあるドラマの影響で性同一性障害という言葉は一瞬広まったかもしれませんが(初見の時はおどろきました)、

やはり「恋愛感情を抱かない立場の人がいる」という事は、まず存在すら認識されていない状態。

認識されていたとしても当事者がその情報へたどり着くことは困難で、下手しなくても当事者ですら疑問として認識できないくらいの状態。

まだまだ圧倒的に少数派の情報が少なかったと思います。

筆者はまだまだ「自分は恋愛できる」と思っており、「恋愛をしない・恋愛感情を抱かない人」がいるなんて、認知はできません。

もし情報を少しでも得たとして、あまりにも世の中の流れからかけ離れているせいか、

そんな方、この世にいるの!?あり得るの!?人間って普通恋愛する/できる生き物じゃないの?じゃない人類って絶滅するんじゃないの!?

と実は当事者のくせに、思ったかもしれません。

筆者
筆者

・・・えっ?まだ本当に好きな人に出会えていないだけだって?まだ初恋が来ていないだけだよって?

そんな貴方にはこの記事がおススメです!

次の記事は、こんな感じの時系列となっています。

お悩みでしたらお声がけください

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。

  • 良い人だと思うけど、それ以上の感情を抱いたことがないと悩んでいる。
  • アロマンティック/アセクシャル(かもしれない)けど、パートナーを持つこと・持たないことで悩んでいる。
  • パートナーの必要性について、他のアロマンティック・アセクシャルの考えを聞いてみたい。
  • アロマンティック・アセクシャルの婚活について、聞いてみたいことがある。
  • アロマンティック・アセクシャルだけど、婚活しても良いのか悩んでいる。
  • 例えば、婚活でやり取りしているお相手がアロマンティック/アセクシャルかもしれない。接し方など気になる事がある。

例えば、良い人だと思う人は結構いるけど、だれに対しても恋愛感情を抱いたことがないと悩んでいましたら、どうぞお声がけください。

筆者
筆者

勿論、筆者以外にも相談できる方はいらっしゃいますよ。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ お知り合いがアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます カミングアウト/相談を受けた方へ

アロマンティック・アセクシャルの婚活

男性が異性である女性を、女性が異性である男性を自身のお相手として探すサイトで彼氏を求めて、この記事の当時で複数年経過しています。

学生だった筆者が一応(色々ありましたが)社会人になるくらいですからね。

筆者
筆者

自身がアロマンティック・アセクシャルとも知らずに、一般の婚活サイトで婚活に勤しんでいたものです。

LGBTに属する方が、筆者が当時登録していた婚活サイトに登録する事は自由ですが、少し気が引けることもあると思います。

そんな時は「友情結婚相談所カラーズ」に登録してパートナーを探すのも良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました