信頼している・会うと楽しい – でも、いつまでたっても恋愛感情が生まれない

信頼している・会うと楽しい - でも、いつまでたっても恋愛感情が生まれない 社会人 (思い悩む)

婚活で出会った男性・友人から紹介してもたった男性とはうまく続けられることなく、最後と思い再度登録した婚活サイトで出会った殿方

時系列としては、下のブログカードの通りです。

婚活で最後に出会った殿方とは勝手に気が合うなと感じており、

明らかに今まで出会ってやり取りをさせて頂いた殿方達と、自身の感覚の違いを覚えておりました

  • 会った事への感想として、疲れよりも楽しさが勝っていた
  • 複数回会った後も、楽しかったという感覚が何より勝っていた
  • 告白されても、困ったどうしよう・・・とはならなかった
  • 今まで通り好き!という感情はなかったが、これまで以上に好きになれる可能性があるかもしれない!という期待が大きかった
筆者
筆者

彼氏を作りたい、好きな人を作りたいと求めていた筆者に訪れた最後のチャンス。
これに飛びつかない訳にはいきません!

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ

告白後の最初のデート

楽しいけど、でもやっぱり触らないでほしい
筆者
筆者

ベタに遊園地?テーマパーク?なるものへ行きました。照れくさいやらで緊張はしていたのですが、初おデートになります。

告白後のデートだなんて、誰でも緊張するでございますよね?

いい年して行きたいやら、行きたくないやら、行かなければならぬやら、色々な気持ちが筆者の中で交錯していたのを良く覚えています。

ピックアップするとこんなことを思っておりました。

心配したこと

  • 手を繫ぐとかムーリー。でもやっぱり繋ぎたいものなのか?でも次こそは!って思っているんだから、少し頑張ってみなければならないのかな?
  • 泊まる?とかならないと思うけど、ムーリー。

不思議と心配しなかったこと
人間としてしっかりしている方、気づかいできる方と心から思っていた。
よくテーマパーク行くと喧嘩するとか聞くけど、それへの心配はありませんでした。

初デートの感想: スキンシップについて

筆者
筆者

手を繫ぐ?ってなったけど、恥ずかしいで切り抜けてしまいました。

できれば手を繋がずに楽しみたかった。

筆者の通常運転ではありますが、正直、触りたいとも思わなかったし、触られたいとも一切思っていませんでした。

どちらかと言わずとも、触ってほしくありませんでした。

今までとは確かに違う感触を覚えていたはずの殿方でしたが、スキンシップについては日ごろの感覚と違わないようでした

筆者
筆者

と言いつつ、これから自分の気が変わるかもね。
なんて希望が打ち砕かれるとも知らずにプラス思考でもあった筆者です。

もう一つスキンシップについて言えば、こんなこともありました。

アトラクションに乗っている最中に手を握られて、顔面が凍り付いた記憶があります。

声を出さずに、やめてくれと口だけひたすら動かしていました。

いつも友人と乗る時はひたすら楽しいアトラクションなのですが、こんな楽しくないアトラクションやったっけ?と思っていました。

何度も乗って楽しい記憶しかなかったのに、手を握られた時は、本当に楽しくありませんでした

筆者
筆者

酷い事ですが、初めてです。こんなに長くて嫌だったアトラクション。

基本暗いアトラクションで良かったです。筆者の凍り付いた変な笑顔がバレずに済みました。

スキンシップが苦手な悩み、一緒に考えます 触られたくもないし、触りたくもない方へ

初デートの感想: 長時間一緒にいることについて

こちら車での遠征デートでもそうでしたが、お互いの会話のキャッチボールが適度に保たれ、一瞬の沈黙も辛いものではありませんでした。

ここは心配しなかった通り、ちょうどよく疲れない会話を何気なく続けていたと思います。

殿方はお話がとても上手な方で気遣いのできる方だったので、とても気分よく、かつ楽しく時間を過ごすことができました

殿方も筆者を気遣ってくれるし、そんな殿方へ感謝の意味も込めて筆者も気遣いを返そうとしていた記憶があります。

筆者
筆者

大人なので適度な気遣いは当たり前かもしれませんが、双方向の気遣いを感じることができたのは、本当に良い人だなと感じました。

ちなみに、絶叫系好きなのはお互い知っていたので、乗りたいものを我慢することはなく、とても楽しかったです。

ある程度は混んではいたので、アトラクションによっては2時間くらいの待ち時間はありましたが、それも2人で楽しく料理できたと思います

筆者
筆者

あと、ちょっとした機械トラブルがあったのですが、これも含めて楽しい思い出になるよね~みたいな感じでした。

いや~スキンシップを忘れたら、最高のおデェトやないかい!と今でも思いますし、スキンシップを忘れたら、今でも良い思い出として残っています。

初デートの全体の感想

初デートのトータルの感想は包括すると、とても楽しいデートで終わりました。

混んでいるからと言って、お互い変に機嫌悪くすることもなく、悪態つくこともなく、待つのも楽しみの一つとして思い出を作れたと思います。

気遣い気遣われ、とても良い一日を過ごせました。

筆者
筆者

でもスキンシップについてはする気分にはなれず、避けたかった

結局手を繫いだのも1回のみ、アトラクションに乗っている最中で、殿方から自発的にしたもの1回のみ。

もしかしたら殿方が苦手なのかな?控えたほうが良いかな?とお気遣いくださったのかもしれません。

まだ好き!という感情は発生していないのですが、殿方への信頼は倍増でした。

(この頃は、勿論まだ好きな気持ちが沸いてくるのでは?と期待しています。)

彼氏・彼女の会う頻度ってどれくらい?

付き合っていると言える、会う頻度はどれくらい?

手を繋ぐの嫌だったな~と思いつつ、勝っていたのでは楽しかった記憶。

初おデェトも完遂したのはよいのですが、さて困りました

筆者
筆者

彼氏彼女って個人差はあっても、どれくらい会うもんなんでしょう?

人によっては、毎週のように会ったり、隔週とか、それとも週に複数回等?色々あるのはわかっているのですが、何といっても筆者は出無精。

筆者
筆者

やはり何もしない一人の週末が大好きなのです。

ここで自身の過去の失敗が思い出されます。

彼氏と会うことがタスク・義務となり、結果、申し訳ないかたちでお別れした失敗。

毎週のように会っていたら、デートなるものがまたタスクにならないとも言えません。

いや、ほぼほぼそうなりそうな未来が見えます。

筆者
筆者

どれくらい会う間隔が空いたら「本当に付き合ってるの?」と思われてしまうのか、どれくらい間を空けても関係が成り立つのかわかりません。

付き合っているのに会う間隔どれだけ空けても

彼氏彼女の関係は成り立つと言えますか?
維持していけるといえますか?
どれくらい会わなくても大丈夫ですか?

という質問事体、恐らく変なのはわかっています

  • 会いたかったら会うでしょ
  • どれくらい会わなくても大丈夫なのかって意味不明
  • 普通会いたいと思うし、社会人同士ならお互いの予定を擦り寄せて、どちらからか誘うでしょ
  • 会う頻度はお互いの気持ちや予定をもって調整するものでしょ
筆者
筆者

・・・そうですよねぇ。会わなくても良い期間を聞くって変ですよね。

頻繁には会いたくない、もちろん嫌いになった訳ではない

社会人としてお互い仕事があり、少し距離もあるなか、平日は会うのは難しい。

筆者
筆者

どちらかの家に泊まれば良いのかもしれませんが、泊まった先から出勤って大変ですよね?相手の家に自分の服があるわけでもなく・・・

となれば、週末に会うのか?それは毎週なのか?でも、お互い自分の時間が欲しいタイプなのは知っている。

そうなら毎週末会わなくても大丈夫なのか?と自問自答が続きます。

そして行き着いた先は本心でございます。

筆者
筆者

どうしよう、本当は1か月に1度くらいの頻度で会えるなら会いたい。各週は正直辛い。せめて3週間空ける感じでいきたい。

久しぶり~が本当の久しぶりで筆者としては全く問題ないのですが、彼氏彼女として会う頻度が1か月に1度だったら。

友人がもし筆者に彼氏と会う頻度が1カ月に1度と聞いたら、筆者はなんと答えるのか?

筆者
筆者

それ付き合ってるの?他に好きな人できたの?大丈夫?辛くない?って絶対、言うわ、アタイ。

今思い返すと、いくら期待していたからと言っても最初からこんな調子で無理なことしていたのかな、と思ってしまいます。

その後のデートについて

「幸い」という言葉を使ってしまうのが筆者自身のまだ気づいていない本心を表しているようです。

筆者
筆者

幸い、殿方は営業さんで役職もある方だったので土日の出勤も珍しい方ではありませんでした。

筆者
筆者

幸い、毎週会うのはお仕事的に無理だったのです。

多くて1か月に2回、少なければ1回くらいの会う頻度だったような記憶があります。

メッセージのやり取りも、一日に複数回ではなく、ある程度長めの文章を数日空けて送ったり、送られたり。

基本忙しい方だったので、一日に何回もやり取りするのは忙しいし、本意でもなかったようなのが、筆者にとって有難いことの一つでもありました。

筆者
筆者

が!やっぱり、それで大丈夫なの?と言われそうな頻度です。

こんなんで殿方の気持ちが筆者から離れていくのでは?と心配したのですが、どうしても沢山会いたいとはなりませんでした。

殿方の事を考えると申し訳ないとは思っていたのですが、思っていただけで実際の行動に移して会う頻度を上げることはできませんでした。

本当に気遣ってくれる優しい殿方だったので、恐らく少し無理しても筆者が会いたいと言ったら会ってくれると思っていたのですが、

なんでですかね・・・?別に会っても良いけど、会わなくても別に大丈夫なのです。

どれだけ時間が経過しようと、何度も会っても、どれだけ会った時は楽しいと感じても、相手の家に行って泊まったとしても、

筆者の殿方への感情は非常に良い印象と信頼を持っているに留まり、恋愛感情のれの字も、好きのすの字もありませんでした。

まとめ

デートのキャンセル=ほっとする

筆者としてはこちらの殿方へ「すごく良い印象だ、もしかしたら好きになれるかも?恋愛感情が抱けるかも?」と今までにない期待を抱えながら、出会い、お付き合いを開始し、お付き合いを続けていました。

スキンシップや会う頻度について等、普通の彼女なら恐らく悩まない方向性の悩みはありましたが、その当初の感触に嘘偽りはないのです。本当にそうだったのです。

筆者
筆者

でも、なぜでしょう。当時は本当に不思議に・疑問に思っておりました。

期待はしていたとは言っても、信頼できる方と思っていたと言っても、別に会わなくても良い、そこまで会いたいとは思わない

おまけに「幸い」毎週会うのは無理だったと、会わなくても良い理由が見つかっては、これは「幸い」と、とてもほっとしている筆者がおりました

勿論、この心境や態度は好きになってくれた殿方に対して失礼だとは思っておりました。

変な不安を与えたり、これって付き合っているのかな?と心配にさせてしまう事は筆者にとっても勿論意図するところではありません。

しかし、筆者から心が離れていくのも心配するかたわら、こんな態度だから仕方ないなと簡単に割り切れるところも大いにありました。

仕方ないよな~で気持ちは終了し、自身について改めることはどうしてもできませんでした。

筆者
筆者

期待を大いに膨らませていた当初からは一転、雲行きが怪しくなってきました。

前回の殿方のようにデートがタスクなんて思う事はありませんが、

お付き合い(と呼んでよいのか不明ですが)すればするほど、好きにはなっていない・恋愛感情がない自身を強く自覚していくだけでした。

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。悩みがありましたら、お声がけください。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ
タイトルとURLをコピーしました