アセクシャルって克服できるの? – 指向は克服するべきもの?

アセクシャルって克服できるの-指向は克服するべきもの 悩みや疑問

今回の記事で書こうと思っていることは「アセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)と克服」についてです。

筆者が絶賛思い悩んでいた頃よりは、はるかに多くの情報を手に入れられるようになった昨今。

筆者
筆者

手に入る情報も飛躍的に増えたことは良いのですが、惑わされたり、余計考えさせられる情報も、日常生活でより目にするようにもなりました

また、「アセクシャル+克服」も検索ワードの一つとしてよく見かけますね。

「アセクシャル+克服」、自分でも考えてみたいと思った事と、色んな意味で我がブログのトピックとして良いのではと思い、書き綴る次第です。

アセクシャルを克服、何とも興味深いと感じています。

筆者
筆者

確かに、人を好きになれない等とお悩みの方は「克服」について考えるのも自然な流れですね。

まずは、筆者自身について考えてみたいと思います。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ

筆者はアセクシャルを克服できるのか!?

最初から突然ですが、まずは「自身は克服できるのか否か!?」についての、筆者の答えです。

答えは、無理で~~~す。幾度となく、人を好きになれないか試しましたが、全て虚しい努力で終了で~す。

筆者
筆者

まだ、理想の相手に出会っていないだけとおっしゃる方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

  • 「理想の相手に会っていない」
  • 「本当に好きな人に会えていない」
  • 「まだ本当に人を好きになった事がない」

    等々、アロマンティック・アセクシャルへの禁句でございますね。

この言葉たちはもうこの人生では聞きたくありません。

また、文字で目にするだけでも筆者はお腹一杯になりかけています。

筆者
筆者

別に言われても良いけど、というお考えの方も目にする機会があり、少しびっくりしました。

え?いいの?まじで?あたしゃ嫌よ!?という気持ちが心に居座っている筆者なので驚きました。

言われても良い理由ってなんだろう?と少し考えました。

些か、いや相当筆者の偏った想像なので言葉にするか迷ったのですが、割合摩擦少な目で自認に至る事ができたのかな?自認に至るまで、比較的早かったのかな?それとも許容できる範囲が広いの?

ロマンティックの皆さんが生きる世界に自身も生きていると誤認して、もがいていた筆者の「羨ましいな~」という、ただの嫉妬です。

いずれにしても、アロマンティック・アセクシャルを克服するのは、筆者にとっては無理な事柄です。

なぜ筆者は克服が無理なのか?

克服したいなら、生まれ変わらなければ無理

筆者がなぜ自身の克服は無理だと声高に言うのか、もう少し書きたいと思います。

無理で~~~す、なんて些かふざけた感じに冒頭では書きましたが、でもその通りなのでございます。

もう少し言葉を選んでお伝えするなら下記の通りです。

筆者
筆者

アセクシャルを克服、こりゃ無理だ。そもそも克服するものではなかった。
克服を考えたこと自体が間違いだった。

例えば、苦手だった人参を克服して食べられるようになった、という具合に自身/周囲の努力や時間の経過でどうにかなるものではないと自覚/理解しました

自力で空を飛べと言われても人間にはできません。

人間に翼はついていないので自身の力だけで空を飛ぶことはできないからです。

自力で空を飛べない事は、人間にとって自身の努力や、時間の経過で解決できるものでは勿論ありません。

自力で飛行と同じくらい筆者にとっては、恋愛感情を抱いたり、性的に惹かれる事は無理な事です。

自身の努力や、時間が経過したとしても、無理なことです。

アセクシャルは筆者にとって克服する対象にすら入らないもので、アセクシャルを克服するには生まれ変わる必要があると思っているものです。

空を自力で飛ぶことは克服の対象ではなく、自力で飛ぶためには羽が体についておりかつ飛べる生き物へ生まれ変わる必要がありますよね。

筆者
筆者

こんな心持の状態のまま無理に克服しようとすれば、自分も周囲の方も傷つけると、これまでの経験で理解しました。もう辛いのはご免こうむります。

筆者が克服しようとした理由

無理かもしれない、でも克服できたら

そしてふと考えました、なぜ克服しようと思ったのかと。

勿論全員が全員ではないことは承知ですが、まずこう考えたからです。

人生の通常ルート(=普通こんな人生辿っていくのでは?)

  • 大よその方は疑問を持たずに恋愛をする。
  • 出会いもあれば別れもあり、悲しい事や楽しい事を経験し、各々道のりは異なる行きつく先は結婚。←これ、人生の通常ルート。
  • 子供も生まれたりする。家族が増える。守るものが増える。←これ、人生の通常ルート。
  • 楽しい事、辛い事、幸せな事、後悔した事、色々あるけど、そうやって守り守られ生きていく。←これ、人生の通常ルート。

人生の通常ルート、通常なら誰しも疑問を持たずにこの流れに乗るかと思います。

筆者だって自認前はこの流れに乗ること、周囲の人が乗ることへ、疑問を感じたことはありません。

筆者
筆者

でも自身については、なぜか難しく感じてしまった。

筆者
筆者

なぜか自身については、違和感や抵抗感、嫌煙する気持ちが多くあった。

難しく感じても、なんか違和感があったとしても、人類の通常ルートがおかしい事とは思わない状態です。

なので、少しは自分で改善・努力(=克服)しなければ、と思うのも変な事ではないと思います。

  • 周りと比べて、自分の考え方の方があからさまに少数派で、おかしい状態と思えるから。
  • 経験不足が原因で考え方が凝り固まっているなら、克服できると思ったから。
    = 経験を重ねたら、いつか好きな人ができて克服できると思ったから。

まあ、こんな感じで自分を変えていかなければ!と思い、婚活してみたり友人から紹介を受けて付き合ってみたりしたのですが、皆様ご存知の通り、全戦全敗。

残ったのは、お相手への申し訳なさと、自分のはち切れんばかりのストレスと失望でした。

克服しなければいけないの? – そもそも克服するもの?

結局、筆者は克服を断念した側です。

「克服」という言葉を使うのものなんか違う気はするのですが、「克服」できた方がもしいらっしゃるのであれば、使わざるを得ないですね。(実例は知りません。)

また克服できるのなら、克服できた方が人類のメインストリームに乗ることができるので、良いのかとも感じます。

悩みを解消できたことになりますからね。

筆者
筆者

しかし、大事なのは苦しんだり悩んだりしたうえで、克服には至らなかった方。

筆者は先ほど「克服」という言葉を使うのは違う気がすると言いました。

なぜなら、アセクシャルはそもそも克服するものではない、と筆者は感じているからです。

(前述したように、できたらそれに越したことはありません、羨ましい・・・)

そして毎回、同性愛者の方を例として引き合いに出して恐縮なのですが、、、

同性愛者の方に言いますか?
同性愛者の皆さん、同性愛を克服して異性愛者となり、人類の人生の通常ルートへ進みましょう!

アロマンティック・アセクシャルの方に言いますか?
アロマンティック・アセクシャルの皆さん、アロマンティック・アセクシャルを克服して人を愛せる人となり、人類の人生の通常ルートへ進みましょう!

筆者は同性愛は克服するものではないと思います。

また、LGBTの認知度も近年上昇し、理解度も昔に比べ上がりました。

今現在、同性が好きな方について世の中の人は「その方はそういう方なんだ」とおおよそが言うのではないかと思います。

言いたい事は「同性愛」が「克服すべきもの」として扱われていないことです。

指向は勿論異なりますが、同じセクシャルマイノリティーとして、アセクシャルが克服すべきものとして考えられることには、疑問があります。

筆者
筆者

でも、アセクシャルの方が克服しようと苦しんでいるのなら、無理し過ぎないように、結果克服できなくても、それで良いとお伝えしたい。

同性愛と同じように、克服するものではない(できたら良いけどね)と思っております。

ご注意
  • あくまで、筆者が克服について考えた事と、アセクシャル+克服という検索ワードを見て、本記事は書いております。
  • アセクシャルは克服できる/するべきだ等と、そんな記事があったわけではありません。

検索ワードとして挙がっているくらいですから、検索している人数は一定程度いるのでしょうね。

克服したいと悩んでいる方が多いのか、お知り合いがアセクシャルで克服してもらうにはと思われている方が多いのか・・・

まとめ

無理に克服する必要なし、けど気持ちはわかる

ごりごりのアロマンティック・アセクシャルである筆者は、もし「人を好きになった事がない」「誰にも性的な関心を抱けない」「悩んでいる方」がいたら・・・

筆者
筆者

「アロマンティック」と「アセクシャル」って言葉、自分で検索してみ~とだけ、まずは言うのかなと思います。

そして、例えば「お知り合いがアセクシャルだ/かもしれないとご相談を受けた方」がいらっしゃれば・・・

筆者
筆者

筆者のように克服しようもない、この上なく無理だと感じている方が思い切って打ち明けた場合もあるかと思います。

上からな発言で大変恐縮ですが、筆者みたいなアロマンティック・アセクシャルの方だった場合、複数回にわたる克服のお薦めは関係性が崩れる場合もありますので、ご注意下さいませ。

アセクシャルかもと相談を受けるくらいですから親しい間柄なとかと察します。

でもしかし、アロマンックやアセクシャルの可能性があるかもしれのに、その存在を知らずに相談にのるなんて、とても難しいですよね。

アロマンティック・アセクシャルは少数派の中でも少なめの方、まだまだ世の中にこの存在は浸透していません。

ドラマで取り上げられて、こちらを期に自認に至った・存在を知ったという方が増えたと思いますが、当事者や悩んでいる方以外は、例にもれず記憶が薄れていくものだと思います。

筆者
筆者

恋愛感情がない、なんて相談を受けるうえで、想定しない事でしょう。

そして、「アセクシャル自認後の方」や「ほぼほぼ自身がそうであると思っている方」がもしいらっしゃいましたら・・・克服云々については、それぞれ意見や考えが異なるかと思ううえで・・・

筆者
筆者

筆者は自身については「克服する必要がない(=克服しようと出来る努力は全てした、でも徒労に終わった)」。

筆者
筆者

個人としては、自身の経験より克服するものではないと考えているが、勿論、克服を妨げることはしない。

筆者
筆者

「克服」という言葉が適当かは甚だ疑問だが、無理せずがんばれ~、と考えます。

克服したい気持ちは良く分かるのですが、アロマンティック・アセクシャルだと自身を認めていなくても、その性質があった場合、克服する行為はどうしても自身の心を削る事になります。

認めたくなかったり、仮の立ち位置としてアロマンティック・アセクシャルを選択したとしても、現在アロマンティック・アセクシャルを自認していたとしても、

誰かを好きになってはいけないなんてありません。

結果・将来、人を好きになっても、人を好きになれても勿論良いのでございます。

その事実を「克服」と呼ぶなら、他者に押し付けない限り、それでも良いと思います。

時には、あまり使いたくない言葉ですが「諦め」という「自認」を選択するのもあり得るでしょう。

だから、アセクシャルを克服しようと躍起にならないように、本当に無理だけはしないようにと思います。

詳しくはないのですが、深い信頼関係を築けた方へのみ、恋愛感情を抱く恋愛的指向もあるようですね。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます アセクシャル/アロマンティック(かも?)とお悩みの方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ
タイトルとURLをコピーしました