アロマンティック・アセクシャルのカミングアウトへの考え方 ①

アロマンティック・アセクシャルのカミングアウトへの考え方-① 悩みや疑問

少し前の記事では「LGBTのIとかQとか必要なの!?」というご発言に対し、

「筆者は名前が付けられていた事で人生救われた」だから「そんなこと言わないで」、「IもQもAも全部必要です」と書きました。

筆者
筆者

名前が付けられる=存在が認められた、というくらい、これまでの辛さや疑問が吹き飛んだのです。

筆者のような感じ方をする人間がいても良い、少なくとも一定の数をもった集団として成り立っていることに喜びを覚えております。

そして、今回書こうと思っているのは「カミングアウト」について。

存在が認められて嬉しい = だから、筆者の指向のことを周囲の人に知ってもらおう!とは全てならんのですよね。

筆者
筆者

当たり前のことを言っていると言えば、当たり前のことかもしれません。

あまり良い印象を持っていない方々、できれば知りたくなかったと感じる方々、色々いらっしゃるので、カミングアウトは易々できるものではありませんね

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます アセクシャル/アロマンティック(かも?)とお悩みの方へ お知り合いがアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます カミングアウト/相談を受けた方へ

カミングアウトとは?

カミングアウトするなら、何と言うのかな?

「カミングアウト」という言葉、結構の割合で言葉だけなら、皆さんどこかで聞かれたことがあると思います。

カミングアウトする事柄もLGBT関連だけではなく、ご自身の過去のカミングアウトなど、LGBTに関係するだけの言葉では勿論ありません。

筆者
筆者

いずれにしても、公にしてこなかった事柄をどなたかに打ち明けることには変わりはなさそうです。

「カミングアウト」と一線を画す言葉として「アウティング」という言葉も、昨今ニュースなどで取り上げられることもありますね。筆者も目にしたことがあります。

「当事者自身の意思をもって打ち明けるカミングアウト、「当事者の同意を得ることなく他者が勝手に他者へ話す」アウティング。

アウティングについては、何も良いことは起きないのは察しが付くかと思います。

筆者が目にしたニュースもつらい問題として取り上げられていましたが、アウティングについてはこちらでは触れないでおきます。

カミングアウトするなら、筆者は何を伝えるのか?

もし筆者が近しい人へ、例えば家族・親友などいますが、何を伝えるのかと言うとこんな事を伝えると思います。

筆者
筆者

筆者はLGBTに属していて、アロマンティック・アセクシャルです。

筆者は誰にも恋愛感情を抱かない/抱けないし、誰にも性的な関心を抱きません/抱けません。

こんな感じになるでしょうか?まずLGBTであることと、そこでの立場を伝えないことには始まりませんね。

少数派に属さない方達がLGBTと聞いてイメージしやすいのは、こんな立場の皆さんでしょうか。

  • 同性に対して恋愛感情を抱き、同性に対して性的に惹かれる
  • 男性/女性、両方に対して恋愛感情を抱き、さらに性的にも惹かれる
  • 生物学的には女性であるが、性自認(=こころの性)は男性である

上記は今現在、世の中での認知度も上がってきていて、カミングアウトを聞いた側も「なるほど、そういう感じね」とおおよそ分かってもらいやすいイメージがあるかと思います

筆者
筆者

しかし、アロマンティック?アセクシャル?なんじゃそりゃ?初めて聞いた、と感じる方もいらっしゃる・・・いえ、恐らく多くいらっしゃるでしょう。

アロマンティック・アセクシャルの場合、理解よりもまず先に「こういう人もいるんだよ。そしてどんな人かと言うとね。。。」と、説明事項が多くなりそうです。

筆者のカミングアウトへの考え方

実はそこまで深刻な悩みはない

さて「筆者自身のカミングアウト」についてですが、こちらの記事でもさらっと本当にさらっと触れてはいます。

こちらの記事で書いた通り、筆者としては・・・

筆者
筆者

今のところ、自身がアロマンティック・アセクシャルだとは誰にも言うつもりはありません。

筆者=アロマンティック・アセクシャルと知っているのは、今のところ筆者ただ一人です。

親も近しい友人も誰も知りません。

(勿論、こんなブログで「あたしゃ、アロマンティック・アセクシャルよー」と連呼しているので、ブログをご覧いただいている方にとっては周知の事実ですね)

恋愛感情も抱かず、性的にも惹かれないこの指向は、あまり世の中に浸透していないので、勘づかれる事もなさそうです。

このままですと、墓まで持っていくことになると思っています。

では、何故筆者がカミングアウトしないのか、理由をお話して参ります。早速結論から。

– カミングアウトしない理由 –

  • カミングアウトしたいと思うほど、悩んでいないから
  • カミングアウトして楽になるとは思わないから
  • カミングアウトした方が、面倒事になりそうな未来が見えるから

大きな理由はこの3つになるかなと思います。では、少し深堀して参りましょう。

カミングアウトしたいと思うほど、悩んでいないから

筆者
筆者

カミングアウトできたら良いなと思わないわけではありません

・・・が、今のところ日常生活で困った目にあったことが少ないです。

比較するものでもありませんが、他のLGBTの方よりも少ない(個人の体験として)のではないかとも感じています。

アロマンティック・アセクシャルという指向が世の中に浸透していないおかげか、筆者は単に・・・

  • 「恋愛に興味のない女」
  • 「結婚を諦めた女」
  • 「仕事を取った女」

など、言葉はよろしくないですが、恋愛・結婚に興味がないだけ」と親・親戚・友人・知人・同僚を含めた、世の中の皆さんは勘違いしてくれるのです。

過去お付き合いしたお相手も殿方のみで、異性である男性のみを対象としてきたこと、

(恋愛感情を実際に抱けなくても)異性に恋愛感情を抱く事そのものに疑問を呈してこなかったこと、

こんな経緯から、余計に誰からも勘違いしてもらえます。LGBTの一角とは思われたことがありません。(筆者が思う限りは)

筆者
筆者

困ったこと、煩わしいと思ったことと言えば・・・

①売れ残りの女になっている

幸いなことに、筆者の周囲の方は色々詮索したり、嫌な言葉を浴びせたりするような方はいないのが救いです。まあ~はたから見て、、、

どうしても婚期を逃した売れ残りになってしまうのは仕方ないので、これについては甘んじて受け入れています。

筆者
筆者

今日も元気に飯が美味い!それだけで十分です!と何か言われたら言っています。

結婚式に出席した際の「次は筆者だね!」にも今日も元気で飯が・・・で、今のところ皆さん静かになってくださいます。

まぁ「お黙り」と言っているようなものですからね。皆さん基本的に察してくれます。

②あくまで売れ残りの女を演じる必要がある

売れ残りになっているのは、他所さんから見たらそう見えるのは仕方ないことです。

しかし、周囲の方が考える売れ残りの理由と、筆者だけが知っている売れ残りの理由が異なります

– 周囲の方が考える筆者が売れ残る理由 –

  • 結婚より仕事が楽しい
    ⇒多分これが、一番多いような気がします。
  • 理想が高い
    ⇒筆者の事を知っている方なら、恐らくあまり思わないかもしれませんが、可能性としてはあるでしょう。
  • 殿方に興味がない
    ⇒思われている可能性があるでしょうが、アロマンティック・アセクシャルとは思っていないはずです。
  • 他にやりたいことがある
    ⇒可能性としてあるでしょう。
  • 母と同居していて(父は他界)、今後もこのままであろう
    ⇒親御さんと同居している方が結婚できないことは決してありませんが、歓迎はなかなかされないでしょう。
筆者
筆者

筆者が考える筆者が売れ残る理由、アロマンティック・アセクシャルだから、以上。

こんな感じで想像と現実はかけ離れているのです。

アロマンティック・アセクシャルとカミングアウトしていない・する気もない筆者としては、

なるべく世の中の方が考えるであろう売れ残りの理由に、口先だけは合わせる必要があります。

親戚と会ったときなどに良く聞かれる、

親戚
親戚

誰か良い人いないの?今は仕事が軌道に乗っているの?

筆者
筆者

その通りでやんす。昇進ひゃっほー

知りたがりな親戚がいないのが有り難いことですが、回答だけはしつつ「当分は仕事が大好きです~」等、これ以上この話は続けられないように情報の提供も行いません。

見合いを勧められても地獄です。(婚活してたのにね)

勘違いされている売れ残りの理由へ不服申し立てをしたい気持ちをやり過ごしながら、仕事大事の売れ残り女を演じることが、自身・親・友人・周囲の人の一番の安寧かと思っております。

まとめ

許容する誤解や勘違い

筆者がカミングアウトしない理由の、

  • 「カミングアウトして楽になるとは思わないから」
  • 「カミングアウトした方が、面倒事になりそうな未来が見えるから」

これらについては、次の記事でご説明いたします。

筆者が自身をアロマンティック・アセクシャルであるとカミングアウトしない理由が

「カミングアウトしたいと思うほど、悩んでいないから」、については、贅沢な理由だと思っています。

  • カミングアウトしたいけど言えない
  • カミングアウトした後、何を思われるかわからない
  • カミングアウトが原因で対応を変えられるのではと心配
  • でもこれ以上自身の気持ちを偽るのも限界

と、心からお悩みの方が多くいらっしゃると思います。

そんな方々の悩みの度合に比べたら、筆者のカミングアウトへの悩みなんて軽いものです。

筆者
筆者

良くも悪くも、世の中の方々が筆者を「売れ残った女(=現状を聞くのも失礼か?と逆に気遣ってくれる)」と勘違いしてくれる事が大きくあります。

書いた通り、世間が思う「売れ残りの理由」にある程度沿って「売れ残りを演じる」必要や煩わしさはありますが、

筆者の精神や日常生活に悪影響を及ぼすものではありません

筆者
筆者

また、我が母が結婚はしたければしたら良い、くらいにしか思っていないのも幸いなことです。

結婚が原因による母からのストレスは「0」です。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ お知り合いがアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます カミングアウト/相談を受けた方へ
タイトルとURLをコピーしました