恋愛は未だに未経験 – 誰かを好きになった事がない私はアセクシャル?

恋愛は未だに未経験-–-誰かを好きになった事がない私はアセクシャル 悩みや疑問

まだ、誰かを好きになった事がない・・・もしかして、私はアセクシャル?

なんて言葉を聞くと、自身の若い頃と比べてなんと情報に辿り着きやすくなったのか、

またLGBTに続く「QIA+」の部分が少しだけであったとしても、世の中に出回り始めてきたのか実感いたします。

昔と比べてどうこう言う気はありませんが、少し羨ましく感じているのも事実です。なぜなら・・・

[今日この頃]
人を好きになった事がない

⇒「アセクシャル?」と選択肢が見つけられる。
情報を探し出せる可能性が多くなった。

[筆者の若かりしき頃]
人を好きになった事がない
「そんな人はいない」「まだ本当に好きになった事がないだけ」
「筆者だって、そんな人、聞いたこともないけど・・・でも実際なんか誰も好きになれない」
⇒ストレスと疑問のマウンテンの出来上がり

筆者
筆者

・・・とまぁ、若い世代への羨ましさは何の役にも立たないので置いておきましょう。

「人を好きになったことがない⇒アセクシャル」と書いていますが、

正確には「人を好きになったことがない (恋愛感情を抱かない) ⇒アロマンティック」と呼びます。

アロマンティックやアセクシャルという言葉については、こちらに記載しています。

アロマンティック・アセクシャルであっても、そうではない立場の方でも、なかなか好きな人ができないと悩まれる方は多いのではないでしょうか。

では、なぜ筆者は自身をアロマンティック・アセクシャルだと自認したのかを含めながら「恋愛未経験 誰かを好きになった事がない私はアセクシャル?」について考えて参ります。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ

本当にまだ出会っていないだけかも

言いたくない言葉をあえて言います

さんざんこのブログで書いて参りました。

「好きな人ができない」と友人に悩みを打ち明けては言われ続けて「筆者の人生でもう二度と聞きたくない言葉5選」に選ばれる「まだ好きな人に出会っていないだけだよ」を言うのは忍びないのですが、、、

筆者
筆者

あえて言いましょう!
あなたがアセクシャルであると決めるのは早計ではありませんか?

筆者
筆者

本当にまだ出会っていないだけかもしれませんよ?

やはりですね、否定はできないと思うのですよ。

「まだ出会っていないだけだよ」や「本気で好きになった事ないだけだよ」、これらの言葉たちを。

悩んでいる方が若ければ若いほど。

筆者みたいに30迎えるまでねじ切れんばかりに悩めとは一切言いませんし、

一旦アロマンティック・アセクシャルと生きる事を選択、違うと思ったらまた別の生き方を選択したら良いとは思います。

自身が一番楽で受け入れられそうな立場を見つけたら幸い。

人生移ろうものでございます。

筆者
筆者

でも何故筆者があえて「まだ出会っていないだけでは?」「若ければ若いほど」と言うのかご説明いたします。

高校生/大学生になっても好きな人ができない

ちなみにですが、小学生・中学生の年頃で「好きな人できない、アセクシャルかも?」悩む方がいるかはわかりません

筆者はまだ好きな人ができないとは思っていましたが、、、

筆者
筆者

いずれにしても「気になるかもしれないけど、まだ出会えていないだけかも、もう少し様子を見よう」

筆者
筆者

これ以外、若い子たちへかける言葉は見つかりませんし、これ以外言う気にもなりません

さてさて本題に戻しまして・・・早い子なら幼稚園で初恋なんて言うのかもしれません。

それが本当に恋愛感情をもって誰かを好いているかどうか、信義のほどはわかりませんが、

いずれにしても「誰かを好きになる/なれる」土台になる気持ちには変わりないでしょう

ちなみに筆者が幼稚園の頃はこんな感じです。少し周りと毛色が違ったお子様かもしれません。

人間すくすく育っていき、高校生ともなると告白したりされたり、初めての恋人ができたりしますね。

大学生は言わずもがなですが、小学生・中学生の頃の恋愛より、更に男女を意識したお付き合いをするのでしょう。

筆者
筆者

ちなみに筆者は高校生の頃に「まだ人を好きになったことがない」「恋愛感情を持ったことがない」と自覚しています。

しかし、この頃は「いつか好きな人できるのだろう」くらいの程度。

自身がおかしいのではないか?なぜ恋愛感情が湧かないのか?とストレスに感じていることはありません。

高校生/大学生になっても好きな人ができないならアセクシャル?

アセクシャル・・・と言うにはまだ早い?

じゃあ、あなたと同じように「高校生・大学生」になっても「好きな人ができない人」はアセクシャルなの?

筆者
筆者

うーん、どうでしょう?

基本的にこのブログでは、3〇歳のアロマンティック・アセクシャルと自認した後の筆者が過去の自認前の筆者を思い出す時間の方が長いです。

筆者
筆者

30年ほどは異性愛者だと思って生きていましたからね。

過去の自分の考え方の理由を整理するためには圧倒的に思い返す時間の方が長くなります

なので、20歳超えても好きな人ができないからと言って、あなたはアロマンティック・アセクシャルです、と言う事はできません

結果として筆者はアロマンティック・アセクシャルと気づきましたが、他の方も筆者と同じ道を辿るとは言えません。

若い筆者がアセクシャルという単語を知れたとしても、疑問を持ちつつ、もう少し自分を探すとも思います。

筆者
筆者

悩んで向き合った末に自身の指向の理解や受入・納得が始まると思っています。

筆者が勝手に思うに、高校生・大学生でまだ好きな人ができないという状態は周囲からしたら「遅めのスタート」なのかもしれません。

しかし、もしアロマンティック・アセクシャルの気質を持っているかもしれないと悩んでいるのなら

これから出会うであろう色々な人と時間を過ごしてから、やはり自分は「アロマンティック・アセクシャルだ」と言っても遅くはないと思います。

筆者
筆者

まず、アセクシャルかも、という選択肢を持っているだけでも十分ではないでしょうか。

しんどさが勝るのでしたら、アロマンティック・アセクシャルの立ち位置に一度立ってみる事を勿論止めは致しません。

社会人なっても好きな人ができない

社会人となり、出会う人も変わる。二十台も半ばを越し、三十代が見え始めてくる。

友人知人の結婚式に参列する年頃でもあり、世間から見たら「間違いなく大人」。

酸いも甘いも嚙み分ける年齢にはまだ至らなくても「間違いなく大人」。

人間としての土台は完成し、後はどんな風に積み上げたり磨いたりするか悩んでいく年頃。

筆者
筆者

そんな年頃になっても、未だ好きな人ができないとなると疑問しかないですよね。よくわかります。

普通に結婚していく同世代の友人たちを見るたびに、焦ったり・羨ましいと感じたり、自分はなぜ普通にできないのかと悩んでみたり。

筆者は大学院の頃から婚活に手を出しては無念な結果を迎え、友人からの紹介で男性とお付き合いしても、自分の気持ちが一切伴わなかったりと、人生で一番迷走した時期かもしれません。

社会人なっても好きな人ができないならアセクシャル?

アセクシャルかも。疑問が現実味を帯びる

それでは「社会人」になっても「好きな人ができない人」はアセクシャルなのか?

筆者
筆者

そうである可能性は高くなっているのではないでしょうか

恐らくこの年になると良くも悪くも筆者のように、恋愛感情ないけど付き合ってみた経験がある人はいらっしゃると思います。経験を重ねた結果、、、

おかしい好きになれない

そろそろ、疑問が見過ごせないほどに膨らみ、自身の気持ちや感情についても「周囲とのずれが明らかにある」と気づき始めます。

人によっては、思い切って友人に相談される方もいるのではないでしょうか。

筆者
筆者

実は、まだ人生で好きな人ができたことがない。

そんなことないやろ。ありえるんやったら、まだ本当に好きな人と出会えてないだけちゃう?

相談しては同じ回答が返ってくる。

もし、下記のように感じたらアロマンティック・アセクシャルと検索して調べてみては如何でしょうか。

  • 相談しておきながら申し訳ないけど、出会えていないだけと自身では思えない
  • 2〇年生きてきて、一度も好きな人ができないってことあり得るのか?
  • かっこいい/可愛い/綺麗と思うけれども、その感想だけで終わる。お付き合いした気持ちに繋がない。
  • そもそも、かっこいいな⇒惹かれるなぁ⇒お付き合いしたいな、この流れが自分の心に存在しない。
  • 本当に好きになったことないと言われるけど、確かに「恋愛感情」を抱いたことない
  • 今後も好きにならないような気がする。
  • 自分は変わらないような気がする。

もしかしたら上に書いたような事、悩んでいる最中の方によっては、ご自身の現状にしっくりくるかもしれません。

「アロマンティック・アセクシャルを自認」もしくは「アロマンティック・アセクシャルのような感じ方かも」と受け入れるきっかけになるかもしれませんね。

勿論、引き続き「好きな人ができる可能性」を捨てる必要はありません。

30歳を迎えても好きな人ができないならアセクシャルかも?

アロマンティック・アセクシャルである可能性、そうではない可能性、どちらも否定はできません。

しかし、もしも

筆者はこれまでさんざん悩んでいたので、自身がアロマンティック・アセクシャルであることは非常に簡単に受け入れる事ができました。

筆者
筆者

やっと自身の立ち位置を見つけられて、嬉しいといった感じです。

逆にどうしても受け入れがたいと感じる方もいらっしゃるのでしょうね・・・

なんと言葉をかけたらよいかと思いましたが、30過ぎたら十分大人ですので、自力でなんとか折り合いつけなければならんですね。

同じ立場かもしれない誰かをネットなどで探して相談するのも良いですね。(少し勇気がいるかもしれませんが)

まとめ

筆者
筆者

恋愛未経験=誰かを好きになったことがない=アセクシャルの方程式は成り立ちません。

30歳間際まで悩んできた筆者にとっては聞きたくなさすぎの言葉「まだ出会っていないだけ」が、若ければ若いほど適用されると思うからです。

場合によっては、アロマンティック・アセクシャル以外のセクシャリティーの可能性もあり得ます。

筆者は生まれたその時から、自身はアロマンティック・アセクシャルであると思っていますが、そう思うようになったのは勿論自認後の話。

「何かしら周囲との違和感」を感じとれても、アロマンティック・アセクシャルの自認には若い頃ほど至れないかもしれません。

しかし、色々な出会いを経たうえで年齢を重ねていき、周囲との感覚のズレや生きにくさや、自身への疑問がストレスに感じ始めたのであれば、一度ご自身を見返る時期なのかもしれません。

筆者
筆者

こういう疑問は年々、年を重ねれば重ねるほど大きくなるものです。

幸いなことに昨今は昔に比べて、少数派の中の少数派の存在もネットで調べたら出てきます。

その中で自分の考えや感じ方にあうものがあれば、言う事はなしです。

もし、30歳過ぎても「恋愛感情を他者へ抱いたことがない」+「誰に対しても性的に惹かれたことがない」とお悩みの方、

ぜひアロマンティック・アセクシャルと検索してみてください。

筆者
筆者

アロマンティック・アセクシャルと検索して、この記事に辿り着いた方はぜひ他の記事もご覧くださいね。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ
タイトルとURLをコピーしました