自認できるまで30年 – 私はアロマンティック・アセクシャルらしい

自認できるまで30年 - 私はアロマンティック・アセクシャルらしい 社会人 (自認)

これが最後と思い再度登録した婚活サイトで出会った男性。

この方との「出会い」から「あれ?信頼しているけど、なぜか恋愛感情が湧かない」までの記事はこちらです。

初めて告白されて困ることなく、お付き合いを開始したのですが、

お付き合いを続ければ続けるほど、信頼度は急上するのに恋人の間で発生しそうな感情、

恋愛感情やら好きという気持ちやらが一切我が身に発生しない

筆者
筆者

人間として好き、でも多分この好きは違うのだろう。
求められる好きではないのだろう・・・

恋人という関係を続けるほど、どんどん雲行きは怪しくなっていきますが、

それでも時間は流れていき、とうとうそのタイミングが訪れてしまいます。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ

初めてのお泊り案件発生

筆者にとっては緊急事態

これまた二人お店で機嫌よく話していた時です。

お付き合いしてどれくらい経過した時かは忘れましたが、テーマパークに行きませんかとお誘いがありました

殿方
殿方

2つあるけど、片方しかいったことないから行ってみたい。好きでしょ?そこ。

筆者
筆者

!?泊りか!?泊りなんだな!?

筆者
筆者

おう、大好きばい。久しく行ってないから吝かではないばい。

付き合っているこの流れで、どう断れっていうの!?

ですが、筆者も「やばい」と思いながら、ほいほい良い返事をしてしまいました

ではいつ頃にするか、まずはホテルの空きなど見てくださるとの事で、その日の話はそこで終了しました。

やばい、と付き合っているのになぜ思ったのか。

その答えはそろそろ自認する「アロマンティック・アセクシャル」だったからです。

普通おかしいですよね、恋人同士でテーマパークへ泊りがけでいくなんて、大概は皆楽しみでワクワクするものですよね。

でも、筆者は「やばい」「どうやったら断れるか」など行きたくない方向に気持ちが大行進。

期待したキャンセル

前の記事にも書いた通り、殿方は基本とても忙しい方で、会う約束の再調整は珍しくはありませんでした。

筆者
筆者

筆者は心から殿方からキャンセルの申し出がないか願いました。

筆者
筆者

本当に行く気ではないよね?ただの願望を言っただけですよね?とも思いたかった。

付き合っているにも関わらず、かつ仲が悪いという訳でもないのに、筆者がなぜこんなに気が進まないのかと言うと・・・

  • 雰囲気にのまれて、手を繋いだりスキンシップがあったりするのではないかと思った
    ⇒嫌だった。どうしたら傷つけないように断れるのか、無理だろう。筆者が我慢しなければならい。
  • 泊りということはそういうこと
    ⇒耐えられない。無理。いや、我慢できるか?嘘をつくか?あぁ、やはり無理。

今の筆者がみたら、まぁ無理だよね~なんて言えますが、

その当時は「本当にどうしたら良いの?」と本気で頭を抱えていました

そして、連絡が来てしまった。お泊り旅行、本気だったみたい・・・

殿方
殿方

この日ならホテル予約できそうだけど、どうですか?

筆者
筆者

・・・行きたくないってどの口で言えば良いのか・・・

筆者
筆者

ありがとう、楽しみにしてるね!

腹をくくるしかないのか、でもやっぱり覚悟も何もできない。どうしよう・・・

アセクシャルとの出会い

疑問の解決、問題の山積

お泊り旅行が決定し、逃げられなくなってしまった筆者。

タイミングとしては、ちょうどこちらの記事に話は繋がります。

ちょうど同じ見出しの箇所があります。

気を少しでも紛らわせるためにネットサーフィンをして動画を見て、それでも晴れてくれない我が気分。

どうしようもなくなって、検索してみた「恋愛感情がない」等々。

筆者
筆者

・・・!?アセクシャル?アセクシャルって何―――!?

筆者
筆者

恋愛感情がない人って私のこと―――!?

そして流れとしては、こちらの記事に続きます。

この記事では「自分の立ち位置見つけられてうれぴー」で終わっていますが、実は続きがあったのです。

立ち位置発見、アロマンティック・アセクシャル筆者誕生!
→・・・あれ、今アタイ付き合っているよね?
→あれれ?泊りで旅行行こうとしているよね?
→自身の指向の問題は解決出来そうだけど、旅行という問題はどう解決したら良いのーーー!?

彼氏いるけどどうしよう・・・

一通りアセクシャルについて調べた筆者。初めて知った事実や単語をとにかく調べまくります。

筆者
筆者

なぜなら殿方との今後の方針に関わるから。
ひいては自身の未来の方針に非常に大きく関わるから。

調べれば調べるほど、アセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)という指向は、自身の事を言っているとしか思えなくなります。

お付き合い開始してから、筆者が嫌だと感じていた事、逃げてきた事、過去の出来事の理由が全て明確に出そろっていきます。

  • 別れ際のハグも他のスキンシップも嫌々付き合っていた
  • 2人で会う際、勘違いされたら嫌で妙な隙間を殿方と自分の間に作っていた
  • 会ったら楽しいけど、自身が希望しない何かあったらどうしようと毎回心配していた。
  • 会ったら楽しいけど、何回も会うのが辛い
  • 正直、別に会わないところで自身の生活に影響はない。その結果、別れたとしても「そりゃそうだな」と割り切れる。

付き合っているのに、なぜこんな風に感じてしまうのか?

付き合っているのに、人として好きで信頼しているのに、なぜこんなに距離が縮まっていく事が嫌なのか?

自分の事がさっぱりわかりませんでしたが「アセクシャルとの出会い」で原因究明が叶いました。今までの疑問が解決いたしました。

恋愛感情を抱けて、性的に惹かれることができる方々と筆者の立ち位置は真逆にいるにも関わらず、同じこと(=お付き合いだったり等)をしようとしていた。

筆者はできない、もしくは受け入れられない事とも知らずにです。

これまで自分のしてきた行動は、自身の心や精神を疲弊させるばかりの行動でした。

自身の指向を知らなかったので仕方ない事ですが、筆者の心や精神が全力で出来ないこと・嫌な行動をわざわざ率先してとってきた

自ら疲れに行っていたようなもの、しかも殿方の気持ちや時間を巻き込んで。

筆者
筆者

恋愛的にも、性的にも他者に惹かれない自分が、惹かれる普通の人とお付き合いって、お互いに良い事ないでしょ。

筆者
筆者

私は誰かと付き合ってはいけない人だった。

彼氏との旅行どうしよう・・・

ここまで行っておいて「彼氏」と記載するのも失礼な話ですが、お許しください。

恋愛感情を抱ける方と筆者はお付き合いをしてはしていけない人がわかったところで、未解決の問題「お泊り旅行」

  1. 何も言わないまま、黙って旅行する。何が起きても我慢する。
    →無理でしかない。指向がわかった今、更に無理でしかない。
  2. アロマンティック・アセクシャルと打ち明ける。
    →恐らく別れることになる。どうしたものか。。。でも、嘘の別れる理由として認識されたら困る。しかも、これってカミングアウト?まだ考えたい。
  3. 何も言わないまま、黙って旅行する。自分が嫌な事へは嘘を言う事も厭わない。
    嘘をついたら、つき続けなければいけない。選択肢としては良くないが、最低限現状維持は可能か???

どの選択肢を取ったとしても、傷つけることになるし、自身も傷つくことになる。

筆者
筆者

もう少し早めにアロマンティック・アセクシャルと出会いたかった。気づきたかった。

どうしようか、自身の立ち位置が分かった今、具体的な相談も現実味を帯びてきた。

筆者
筆者

そうだ、心のお医者さんに行ってみよう!!

筆者
筆者

そうだ、その前に匿名のお悩み相談サイトでも思い切って書き込んでみよう。

まとめ

お泊り旅行が事の発端となり、30年目の事実を知ることができた筆者です。

今までなぜにこんなに悩んできたのか、嫌だと感じてきたのか、受け入れられなかったのか

「アセクシャル」という単語一つで、30年分の心の靄を一気に消すことができました

筆者
筆者

しかし、依然残っている悩みが一つ。決定済みの旅行どうしよう・・・

どうしたら一番お互い傷つかずに旅行を終えることができるか、頭を振り乱して考えてもみましたが、

最高の案なんて思いつくこともなく、旅行の日程が迫ってきています。

もう一つ自身の立場を知るために、それが旅行中どんな風に対応するかもに繋がるので、ちょっと他の人へ相談してみようと決心した筆者です。

筆者
筆者

あなたは「アセクシャルだよ」と言ってもらいたい、診断してもらいたい。

セクシャリティは誰かに言われるものではなく、自ら認知するものなのですが、

できたてほやほやのアロマンティック・アセクシャルはどうしても「本当に私はアセクシャルなのか?」と不安が勝っていました。

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。悩みがありましたら、お声がけください。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ
タイトルとURLをコピーしました