どう頑張っても好きになれない – お付き合いの限界と別れ

どう頑張っても好きになれない - お付き合いの限界と別れ 社会人 (思い悩む)

彼氏が欲しいと初めて思ってから、複数年登録していた婚活サイトでの結果は全て残念で終了

何人何十人と会ったところで、出会った殿方で少しでも続いた方は全て「良い人(≠好きな人)」

流石に「こんなにも好きな人を作るのが難しいのか」と辛くなり、一旦撤退です。

撤退した後に、とある友人からとある殿方を紹介してもらった筆者。

飾らない人柄に良い印象を持ち、何度も一緒に遊ぶことがありました。

筆者のことを良く思って告白してくれた殿方へ筆者が投げかけた言葉は「殿方を好きになれていない自身を守るだけの言葉」でした。

筆者
筆者

その際も、どうしても好きだと思えませんでした。良い人なのにね。

失礼だと知りながら、どうしてもその言葉しか返すことができませんでした。

自分に嘘をつくことができず、かつ自分も好きだと勘違いさせないように、ただただ自分を守る言葉しか吐くことができませんでした

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ

不思議なご縁

友人から紹介してもらった殿方に告白され、断るような意味不明なセリフを吐きながらも、その後もなぜか会う回数を重ねていった筆者の話を前回に引き続き書き綴って参ります。

前記事の要約
  • 殿方紹介された、告白された、困った
  • 今度こそは人を好きになれるのでは、でも好きではないし、でもあなた良い人
  • 断りのような返答を言ってしまったが、「なぜか」引き続き会っていた。
筆者
筆者

いや、なんで会ってるの?とツッコミ待ったなしです。

筆者が好きになる速度やスタートが遅いと思っていた筆者の友人が、「少し告白は早かったかもしれない」と、殿方へ助言してくれていたようです。

(勿論、筆者がアロマンティック・アセクシャルとは知りませんし、当時の筆者もまだ知りません)

筆者はすぐに好き、となる方ではないと普段の言動から思うから、無理と言われていないなら、もう少し友人として会ってみてはどうかと。

筆者
筆者

そんな感じで多方面からフォローを入れて頂き、友人含めて会ったり、2人で会うといった不思議な関係になっていきました。

再度の告白

告白=冷や汗が止まらない

正解か不正解かわからず(恐らく不正解だったのだと結果としては思います)、ずるずる会って行った先にあったのは、今一度の告白でした。

さすがに、前回のような返事をするわけにはいきません。だって、嫌なら会わなければ良いのに、会い続けていたのですからね。

直接殿方ご本人へ会う事は少し遠慮したいと言えずとも、そう友人に伝えたら良かっただけの話です。

しかしながら、会い続けてしまった。そして、二度目の告白の時が訪れてしまいました。

筆者
筆者

やっぱり、好きとは言えない・・・理由は恋愛感情がまだ存在しないから

心の中は告白に対して「全力で無理だ」と言っていたのですが、口から出た言葉は心とは全く異なるものでした。

「付きあってください。好きです。(要約)」
「ありがとう。いいよ。お願いします。」

筆者
筆者

あーやっちまったー。やっちまったよー。自身が人を好きになれるかどうかの実験に、人様の大事な気持ちを利用してしまったー

殿方は笑顔、筆者は冷や汗ダラッダラの笑顔。これから待ち受ける未来を考えるだけで冷や汗が止まりません。

やはり良い人だけど、好きってならない

こちらの殿方。筆者が嫌がりそうなことは一切しない、筆者の考え、もっと言ったら一瞬の筆者の気分でさえ最優先してくださる、本当に優しい方でした。

筆者
筆者

何が嫌なのか、何が不満なのか、何で好きにならないの?・・・ごもっともでございます。

【筆者の我儘】
もしかしたら手を早々につなぎたかったのかも知れない、でも筆者から手をつなぎましょうと提案することもなければ、その素振りも見えない。

ちなみに筆者的には手はつなぎたくなかったので、うっすら空間を殿方と筆者の間に作っていました。

その余所余所しさが伝わったのか、殿方からの接触は後にも先にも1回。手をつないだこと、1回だけでした。

正確な年数はわからないのですが、1年以上はお付き合いしているという形態はとっていたと思います。

筆者
筆者

わかっています。もう少し筆者が歩み寄ってやれというのは重々承知しております。でも、できませんでした。

こんなに良くしてくれる良い人なのに、自身でも何がいけないのか?なんで好きになれないのか?嘘を重ねるほどに増す罪悪感と共に自身への疑問が増していきました。

デートがタスク

付き合ってるから、会うのは義務で仕事

何度も書いている通り、本当に良い方でした。筆者にはもったいないくらい、優しい方でした。

筆者
筆者

でも、いつからでしょう。筆者の中で会うことがタスクになってしまったのは。

殿方に対して大変失礼で酷いことなのは承知しております。

本当になんで、お付き合いを了承したのか・・・お相手が良い人だと思うなら、なんで断らなかったのか申し訳なさしかありません。

優しい殿方への負い目なのか、それとも他の原因があるのかはわかりませんが、会うにつれてどんどんデートがタスクになっていきましたデートすることが仕事になっていったのです。

デートがタスク?仕事?なんじゃそれ?とおっしゃる方も多いと思います。どういうことか説明いたします。

デートの認識

もはやデートと呼ぶことも失礼なのですが、タスク・仕事と筆者がなぜ感じるようになってしまったのか?

殿方とデートという名目で会う際、筆者はこんな感じに思っていました。

  • 今日の7時からデートの課題が入っている。頑張らなければならない。
  • そして、課題は早く終わらせたい。2-3時間が限界だ。
  • 今日は短時間で飲みすぎたことにしよう。(酷いですね)
  • またね。と言って解散。
  • ああ疲れた、タスク完了。さっさと家に戻って好きなことしよう。
筆者
筆者

酷い女です。会う時は基本こんな風に予定を立てて、課題を早く終わらせなければと終始思っていました。
どうしてもこの考えを変えられませんでした。

デートの約束が入ると、気が重い。突然のキャンセルが入ると、とても嬉しく安心する。

そんな心持なのに、でも、なんとか好きになりたい。でも、なかなか好きってなれない。

筆者
筆者

おかしいな、会うことが苦痛になってきた。今日も優しい、次会う時もたぶん優しい。

筆者
筆者

なんとか好きに、こんなに優しくて良い人なんだから、なんとか、なんとか。。。

今日も会って2-3時間で別れてしまった。殿方はもう少し一緒にいたかったのかもしれないのに、申し訳ないことを今日もしてしまった。

でも今日のデート=タスク終了した。課題から解放された。疲れた。

「筆者自身が希望していること=好きになりたい」、と「筆者自身が実際に感じること=好きになれない、会うのが辛い、好きになってほしくない」。

全く逆報告のベクトルが自身の中に存在し、実際に傷つけている殿方がいるにも関わらず、恐ろしいストレスになっていました。

筆者の我慢の限界

逃げ出した筆者

筆者が勝手に千切れそうになっている中、殿方が一歩進もうと勇気を出して誘ってくれました。

別れ際に一言、一泊二日とかで旅行に行きませんかと。皆が大好き、テーマパークに行きませんかと誘ってくれました。

これも筆者が好きだと言っていたので、喜ばせそうとしてくれたのが良く分かります。よく理解だけはできるので、辛くて申し訳ない。

筆者
筆者

筆者はいいよとは言わずに、どこの~?近い方?とか、話題をそらして少しの会話の後に解散しました。

これ以上は無理だと、どうしても無理だと、自身の本当の気持ちを守らなければならない。

第一に自身の為で申し訳ないが、殿方にもこれ以上は迷惑をかけられないと思いました。

その殿方と会ったのは、その時が最後になりました。

紹介してくれた友人にすまない無理だと、もっともらしい言い訳をして間をとりもってもらいました。

一歩進もうと気持ちを向けてくれたにもかかわらず、自分で返事すらしないで、友人に返事を頼んでしまった。

本当にこちらの殿方には長い間、悪いことをしました。大変申し訳ないことをしたと、今でも思っております。

まとめ

このお付き合いと呼べないお付き合いを経て、今後の身の振り方が一切わからなくなりまいた。

婚活で出会った男性と何が違ったかというと、実際にお付き合いして、しかも筆者のことを本当に大事にしてくれたこと

本当に良くしてくれたのは身に染みて良くわかっています、わかっているつもりです。

しかし、婚活で出会った男性と何が同じだったかというと、「良い人で筆者の感情がとまったこと」。「恋愛感情を向けられたら、逃げたくなったこと」。

良くしてもらった度合は比較したら失礼なくらい優しくしてもらったのに、たどり着いた感情は婚活で数回出会った男性と同じものでした。

違うと言ったら、申し訳なさが比ではなかったこと。今後はどうしていったら良いのか・・・婚活サイトをまた再開してみるのか。

でも、同じ結果が待っているだけなのか。 また同じことの繰り返しをしてしまうのかと陰鬱としていました。

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。悩みがありましたら、お声がけください。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ

時系列として続きの記事は、カテゴリー「アセクシャルと婚活」にあります。

上記2つの記事の経験をした後に、カテゴリー「体験談一覧」としての次の記事が続きます。

タイトルとURLをコピーしました