出会っていないだけと言わないで – アセクシャルと信じてもらえない辛さ

出会っていないだけと言わないで-–-アセクシャルと信じてもらえない辛さ 悩みや疑問

筆者個人の事ですが、アロマンティック・アセクシャルと自認に至るまで、

情報量の少なさや、あまりにも自身の指向が周囲とかけ離れていたため、自認には時間がかかったと思っております。

筆者
筆者

人それぞれでしょうが、個人的には悩んだ期間の方が非常に長かったと感じています。

理由は書けば簡単なことが多いです。

  • 恋愛感情を抱く/性的に惹かれる事は世の中では当たり前(=普通)だから
    ⇒勿論自分だって、そちら側の人間だと思ってしまいます。自認しにくいセクシャリティです。
  • LGBTと呼ばれる少数派のなかでも、恋愛感情を抱き/性的に惹かれる方が多数だから
    ⇒認知度の高いL、G、Bの皆さんも恋愛感情を抱けるから。

現在となっては、LGBTQIA+なんて言われることもあり、A(アセクシャル)についても比較的情報は手に入れやすくなりました。

筆者
筆者

しかーし!人口が少ない分、認知度もまた低い。

LやGの方は、もしかしたらある一定程度年齢の上の方にも「最近はそんな方もいるみたいね」とは言ってもらえるでしょう。

ところがどっこい、アセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)はそうもいきません

当事者からしてみたら、カミングアウトして楽になりたい、本当の自分でいたい、認めてもらいたい等、希望はいろいろあるでしょう。

しかし、どうしても理解し難さが先に立つ「アセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)」。

思い切ってカミングアウトしても、わかってもらえなかったら辛いやら切ないやら・・・

筆者
筆者

今回は「認めてもらえない・理解してもらえない・信じてもらえない」と「なぜ信じられないのか、その理由」に焦点をあてて書いて参ります。

お知り合いがアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます カミングアウト/相談を受けた方へ 誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ

わかって欲しいと努力する方がストレス(筆者談)

理解を求める方が大変

いきなり元も子もない事を言ってしまいます。

筆者にとって、カミングアウトして、相手にアロマンティック・アセクシャルについて理解してもらおうと努力する方が面倒でストレスです。

これまで散々「まだ出会っていないだけ」・「本当に好きになったことがないだけ」等、聞いて参りました。

勿論、アドバイスしてくれた友人達はアロマンティック・アセクシャルの知識一つ、単語一つ当時は知っていません。

筆者
筆者

自身でも知らない癖に、他者を責めるなんて、誰ができたものでしょうか。

認知度がそもそも低く、さらに当たり前のことができないことへ理解を求めるための説明をする。

疲れがとれた未来の筆者はどうするかわかりませんが、まだ悩み疲れの記憶が拭いきれない現在の筆者は、もう疲れるような事はしたくありません。

理解しがたい事は世の中たくさん

何もアロマンティック・アセクシャルのみ説明が難しい訳ではありません。

自分の世界にはないものに対して理解に苦しむ事は他にもあると思います。

  • 鳩が身の毛がよだつほど苦手で見ることもできない。目に入ったら遠回りしても逃げる。
  • 畳の目が繋がっているのを見られない。目と目の間の隙間が耐えられない。
  • サクラなど、花が開く様(蕾からパッと花咲く感じ)が不快。

鳩は平和の象徴、畳は日本人の心、桜も日本人の心。(やや偏見)

つまり嫌という方が珍しく、大体の方がなぜ嫌なのか苦手で仕方ないのか理解に困りますね。

筆者
筆者

筆者だって、この3つの例は理解に苦しみます。なぜそうなるのか?と。

嫌いなものは嫌いなのでしょうから、と許容するようにしますが、正直理解は難しい。

基本的、にある一定程度の集団が形成されないと「確かに気持ち悪いかもね」「苦手な人が多いのも理解はできる」など、世の中の人には思ってもらえません。

筆者
筆者

例えば、先の尖ったものが駄目な方とかいらっしゃいますよね。

こちらは一定の人数がいるため、「そんな人いないでしょ」のような突然の否定がまずなされません。

筆者にも理解し難い事はあり、それについてどんなに熱をもって説明されても、自分の事とは縁遠すぎて、完璧な理解には至らないのでしょう。

やはり筆者にとって、アロマンティック・アセクシャルを皆ににわかってもらおうと頑張る事はできません。

カミングアウトの記事にも書きましたが、売れ残りの女(実際そうですが)でいる方が、今のことろ楽に感じます。

なぜアセクシャルだと信じてもらえないのか?

理解を求めるなら、越えなければならない壁

筆者が個人的に思うことをつらつら書きましたが、と言っても、誰かに打ち明けるも打ち明けないも、理解してもらえるように説明するもしないも、当事者個々人の判断であり、自由です。

筆者
筆者

しかし当事者は良く分かっているはずです。懇切丁寧に説明してもわかってもらえない可能性があることを。

非常にプライベートな事を打ち明けたのに、綺麗サッパリ伝わらなかったら悲しいし、逆になんでわかってくれないの?となってしまいそうです。

ではなぜ、わかってもらえないのか・信じてもらえないのか、認めてもらえないのか、理由を考えてみたいと思います。

年齢により理解が難しい

筆者
筆者

あるあるでしょうが、まず簡単に挙げられるものとして、打ち明けた相手のご年齢。

ちなみに20代なら十分理解を得られて、30代ならまぁまぁ、40代にはわからない可能性が、と年代別に区別しようとは思いませんが、

ただ若すぎても、また人生の大先輩すぎても、何を言っているか流石におわかりになれないでしょう。

では、理解できない原因として年齢をなぜ挙げるかというと・・・

その方が成長する過程、人格形成をする過程で背景にあった時代の考え方は時代により異なるからです。

そして、その人が育った時代背景はその人の考え方に一定程度影響を与えるでしょう。

今では言ってはいけない言葉や行為が「え?何かいけないの?」状態で、「あなたがそんなんだから、何か言われて当たり前」と判断された時代に育った方もいたでしょう。

筆者
筆者

筆者が幼稚園・小学生の頃はまさしくこの時代。

筆者
筆者

基本的に男の子は男らしくあれ、それが普通。女の子は女らしくあれ、その何が問題か?

下記記事の冒頭箇所をご覧いただけたら、筆者の幼少期の世の中の雰囲気がわかるかと思います。

そりゃ勿論、元気だったらそれでOKの考えも出てきていたのでしょうが、まだまだ現在の考えとは程遠い時代です。

この男の子は男の子、女の子は女の子、世の中に性別(こころの性含む)は2種類のみ存在する。

この枠に当てはまれないのなら、それは・・・(お察しください)

筆者の幼少期の頃でこんな感じ。

それでは筆者の親世代は?祖父母世代は?となると、こんな考えがより強烈だったのは簡単に察しがつきます。

筆者
筆者

そして人間は年を重ねれば重ねるほど、新しい事柄を吸収できにくくなります。

仕事でパソコンを使わなければ給与が頂けないとなると、年輪を重ねた方も自身に直結することとして操作を覚えるでしょうが、

LGBT関連で自身に直結しないとなると、優先度は最下位か下から数えた方が早いでしょう。

身内に当事者がいたとしても、その当事者が一生懸命説明したとしても、年齢を重ねるほど自身の知っている常識が優先されます。

筆者の場合、アロマンティック・アセクシャルと気づいた頃、祖父は他界、祖母は健在でしたが、祖母にわかってもらおうとは一切思いませんでした。

  • 高齢の祖母の心を波立てたくない。
    ⇒なぜなら、特に祖母はLGBT関連の話は嫌がっていたから。
  • 祖母の年齢、育った時代背景を考えると言う気になれない。
    ⇒なぜなら、言ったところで理解を示してもらえるどころか、病院へ行けと言われると思ったから。
筆者
筆者

打ち明けて、認めてほしい・理解を少しでも示してほしいと当事者本人がどんなに祈っても、叶わない祈りもあります。

恋愛感情を抱けるが故に理解が難しい

「なぜアセクシャルだと信じてもらえないのか」なぜなら「恋愛感情を抱けるが故に理解が難しい」から。

こちらの理由ですが、他の記事でも触れております。

簡単に再度まとめたら・・・

大多数の方にとっては「恋愛感情=呼吸」。何も考えずとも出来ることを出来ないことが意味不明なのです。

アロマンティック・アセクシャルである筆者にとっても、なぜに皆さんそう簡単に呼吸するが如く自然に人を恋愛感情ありで好きになれるのか、不思議でしかたありません。

恋愛感情を抱ける人と抱けない人/抱かない人で、立場は真逆のところに位置しています。

存在している指向として認識することは可能でしょう。

しかし、恋愛感情を抱かないアセクシャルが恋愛感情を自身のものとして理解できないように、

恋愛感情を抱ける大多数の方から恋愛感情を抱かないアセクシャルの当事者が期待する理解を得る事は厳しいのでしょう。

筆者
筆者

理解が難しくとも、アロマンティック・アセクシャルの存在の否定だけはしないでくださいと頼むくらいしか言えません。

やり過ごせるようになる為の決心は必要

筆者
筆者

なりたくてなった訳ではない、アロマンティック・アセクシャル。

筆者
筆者

なりたくてなった訳ではないのに、大多数側に立っていないだけで、面倒なことがある

どういうことなの、なんで自分がこうなってしまったのかと理不尽に思うこともあります。

でも、こうなってしまったものは、もう仕方ないのです。当事者本人が受け入れられないと、本人が苦しいだけです。

筆者は楽になるために、全ての煩わしさをやり過ごせるように、さっさと自身の指向を受け入れました。

筆者
筆者

逆に、アセクシャルって立場見つけたぞー!嬉しい、さぁ飛び込め!くらいのテンションでしたね・・おほほ

そして開き直りました。(あくまで筆者個人の考えです)

  • これまで複数回相談したけど、結果は得られなかった。
    ⇒つまり自身の指向は数少ない方。わかってもらおうと希望する方が間違い。
  • 売れ残りの女を演じきってみせましょう。
    ⇒この方が、恐らく家族も自身も幸せ。
  • 何か言われても諦めの境地に立ち、自分の指向を怒りにまかせて決して漏らさない事。
    ⇒他人の些細な意見に心をざわつかせるのは、もったいない事。

まとめ

筆者
筆者

・・・無理なものは無理という、救いも何もない記事でした。すみません。

でも理解してもらえない・信じてもらえないのは、もう仕方のない事と割り切る方が人生楽に生きられるような気がします。

勿論、不快な言葉を聞くこともあるでしょう、自身を偽る機会も多くなるでしょう、でもこればかりは割り切る方が良いのではと筆者は思います。

筆者
筆者

逆に、え?まだ出会っていないだけって言わないの?

筆者
筆者

理解は難しいけど、存在は肯定してくれる!?マジで!?

とこちらが思える方に会える方が稀で、会えたら非常にありがたいことくらいと思うしかない。

安直な表現ですが、自分自身が自認出来て自分を認められたら、それで良いと思います

私のこと分かってよ!理解してよ!と言ったところで、考えていることは結局その人にしかわからないし、

自分の事を人に十分理解してもらうって、アセクシャル関係なく、そもそも結構難しいですよね。

筆者
筆者

・・・自身に情や優しさ成分がない言い方なのは自覚しております。。。

お知り合いがアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます カミングアウト/相談を受けた方へ 誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ
タイトルとURLをコピーしました