好きになれるかもしれない – アロマンティック・アセクシャルの初めての希望

好きになれるかもしれない - アロマンティック・アセクシャルの初めての希望 アセクシャルと婚活

こちらのお話はカテゴリー「アセクシャルと婚活」での7つ目の記事になります。

①一度婚活から撤退、②友人の紹介でお付き合いした殿方とお付き合いしたが、お別れ、③この記事での話、こんな時系列です。

筆者
筆者

時系列で話すとカテゴリーをまたぎますので、もう少し説明いたしますね。

①初めて登録した婚活サイトでの出会いは何一つ実ることなく終わりました。

孤軍奮闘・結果が見えない・実らない婚活に一度こちらの婚活サイトからは退散です。

②友人の紹介で男性とお付き合いするけど、好きは好きでも、その好きではない状態に。

お付き合いした・・・と言いましても、お付き合いとは言ってはいけないような関係だったと思ております。

筆者
筆者

「好きになりたい気持ち」と「好きになれない気持ち」が大喧嘩しました。

筆者
筆者

同時に「好きではないから誤解しないで」と「私を好きにならないで」という気持ちも大成長。

こんな気持ちが入り混じって収拾がつかなくなった結果、自分で別れを切り出すこともせずに、友人に別れを伝えてもらうという情けないことになりました。

もうどうしたら良いのかわからず、迷子です。

③迷子と言いながら、そしてこの記事です。

この記事で書こうと思っているお話は、再びカテゴリー アセクシャルと婚活に振り分けられるお話です。

筆者
筆者

結局、婚活サイトに今一度戻った筆者のお話です

  • なぜ一度離れた婚活サイトにまた登録したのか?
  • その婚活サイトで彼氏はできたのか?
  • 人を好きになる事ができたのか?

新しい婚活サイトでの活動を書いて参ります。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ

再度、婚活サイトに登録する

懲りずに、婚活戦線へ舞い戻る
筆者
筆者

友人の紹介でお付き合いしてもらった男性には、せっかく好きになってくれたのに、酷いことをしてしまいました。

自身の事は(当たり前ですが)我が身の事として感情をのせて書いていますが、どうも殿方への気持ちを書く時は他人事感をすごく感じます。

とても客観的に書くことができる、と言った方が適当かもしれません。

ひどい事をしている/してきたという認識もあるし、殿方の時間や気持ちを大事にできず申し訳ないと勿論思っています。

しかし、なんか他人事みたいな書き方しかできないのは何故でしょう・・・?

話題を戻しまして。件の男性とお付き合いの最中は自身の気持ちも混乱し、お別れした後も自身への疑問でストレスを感じていましたが、

時間は過ぎていき、懲りずにこんな風にまた思い始めました。

筆者
筆者

また人を好きになる事ができなかった。でも、まだ諦めきれない。これが最後。
これで駄目なら筆者は恋愛も結婚も一生しない。諦める。

もう一度、婚活サイトで出会いを探してみることにしました。

婚活サイトは一つだけ登録していたような書きぶりをしていましたが、

同じようなセキュリティーや仕組みをもった婚活サイトをもう一つ見つけて、今回はそちらに登録です。

これまでの婚活サイトで感じたことや、失敗したこと、そして別れた殿方の記憶を抱えながら、それ登録ぽっちとな。

サイトを変えても結果は変わらない

これまで婚活サイトで知り合った殿方何人と直接お会いしたかは忘れましたが、どの殿方とも基本的には・・・

殿方とのお別れパターン
  • メールのみで、さようなら
  • 1回会ったのみで、さようなら
  • 数回回会って、さようなら
  • 二度とは会わない

前の婚活サイトではこんな感じでした。

そして今回新たに登録したサイトではどうだったかと言うと、デジャヴしか感じない。既視感しか感じません。

筆者
筆者

懐かしいな~そうこれこれ。同じことの繰り返しよ。

連絡とって、会おうってなって、ご飯食べて、さよならして、そのままさよなら。

筆者
筆者

こんなことをしていたら、気づいたら30歳にさしかかる?なった?くらいの年齢になっていました。

婚活サイトの中でも登録期間が長めになってきたせいか、30に差し掛かる頃には、なんか途中から数か月、無料の期間があったような記憶があります。。。

爆笑超えて、引き笑いです。運営さんのお慈悲・・・

諦める前の出会い

そんな中、婚活サイト登録長者番付の筆者へご挨拶してくれた殿方がいました。

(ご挨拶:貴方に興味があります、まずはサイトの中でやり取りしませんか?のことです。)

プロフィールを拝見すると、十の位が一つ上くらいの年上の方だったと思います。

筆者
筆者

婚活サイト始めたころ、一回りくらい上の男性からご挨拶をもらう事もありましたが、その男性の年齢に筆者が近づいた事実に驚き。

プロフィール詳細を確認しまして、こちらもご挨拶を返し、婚活サイト内でのやり取りが始まりました。

たぶん1週間くらいサイトの中でやり取りをして、実際のお互いのメールアドレスも交換しました。

ラインのID教えたくない

ライン交換って、ハードル高い

またまた余談ですが、婚活サイトを介さずに直接連絡を取る手段として、筆者はパソコンでメインに使用しているメールアドレスのみを登録していました。

この頃、登録していたサイトではメールアドレスやメッセージアプリのID、スマホの番号など自分が相手に提示したいものを選択して、登録できるようになっていました。

時代はスマホを持っていて当たり前の時代。前登録していたサイトでは「アプリ・・・?」くらいの世間での浸透度でした。

いや~時代は進んだものです。そんなアプリが当たり前にあるようなご時世で、

筆者はメールアドレスのみ提示を選んでおり、殿方もそうしていました。

筆者
筆者

・・・気が合うやないか。と勝手に思いました。

なんでラインじゃないの?その方が気軽で簡単にやり取りできるでしょ?楽じゃない?

おっしゃる通り。確かに、おっしゃる通りなのです。ラインの方が楽と思う方もいらっしゃるでしょう。

筆者
筆者

でも令和のご時世では、メッセージアプリこそあまり仲の良い人には教えたくないという声も聴きますね。時代が儂に追いついてきました。

気軽に連絡を取りたくない

気軽に簡単にリズムよくやり取りする方が、ご縁にもつながりやすいのかもしれません。

20代の頃に婚活していた頃と比べて、インターネットやアプリも非常に進化しましたし、パソコンを開いてのメールはあまりしない方の方が多いですかね。

殿方たちも、登録している個人の連絡先としてラインを登録している方も多くいらっしゃいました。

筆者
筆者

でも、筆者は気軽に連絡できる=さっさと返信しければならないプレッシャーこれ以外の何者でもありません。

婚活サイトでのやり取りが続かなかった原因の一つとして、どこかで書きましたが、筆者は本当に筆不精です。

この期に及んでも、出会いを求めていながら、気軽なやり取りは速やかにストレスへと変換されてしまいます。

筆者
筆者

でも、もうここまで来たら30にもなったし、好きに自身のやりたい通りにやらせていただきます、位にはおばちゃんになりました。

パソコンで開いて見るようなメールアドレスなら、既読がつくつかないと気にかけるラインよりも、返信に時間を要しても、気にならないような気がしてメールアドレス一択です。

連絡先はラインID=無理かもしれない

サイト内のやり取りを終えて、では個人個人でやりとりしましょうとなった時、お相手の連絡先としてラインIDがどどーんと載せられていた場合は、

筆者
筆者

あちゃーメッセージアプリで気軽な回数の多いやり取りをご所望?
早速これは続かないかもしれないわ。

やり取りも始まっていないのに、一気に暗雲が立ち込めてきています。いえ、むしろ、ほぼほぼ無理です。

氏名とメールアドレスのみを提示している筆者のメールアドレス宛に、早速ラインでやり取りしませんか?と打診のメールが届きます。

筆者
筆者

めんどくさがりの筆者が、数少ない友を失いたくない一心で、すぐに返信しようと思える子以外とのラインは辛い。

なんか極めてプライベートな部分をまだ会ったこともない方へお渡しすることに抵抗がありました。

ラインでのやり取り打診を受けた後はと言いますと、もうご想像にたやすいと思います。

殿方
殿方

ラインでやり取りしませんか?

筆者
筆者

すみません、ラインはとても仲の良い友達とだけにしているんです。

殿方
殿方

ガード固いんだね。

殿方
殿方

その後の返信はなし。

んーまぁ、予想はできますね。まず続くことはありません。筆者のメールアドレスに返信があることも基本ありません。

筆者も、流石にこのご時世で面倒なこと言っているよな・・・と思う事はあり、数回ラインを交換したことはあるのですが、

よりにもよってですが、夜中の1時30分に電話がかかってくるわ、ライン交換したところで音信不通になるわ・・・

筆者
筆者

ライン交換しても、良い事ないやん。。。

筆者
筆者

だから嫌やったんじゃーーー

連絡先=メールアドレスへの共感

筆者
筆者

こんな状態を味わってからの、ライン交換を希望していない男性の登場。

筆者にとってメッセージアプリは「ぽこぽこ通知が入る=筆者の生活を邪魔するもの、なぜなら関係ない通知もやり取りしている殿方からかもしれないと、いちいち気にかけないといけない=大変」の認識です。

気軽故に、簡単に人の生活に割り込めるツールであり、それの受取を許せるのは家族・仲の良い友人くらいしか思い当たりません。

筆者
筆者

筆者と同じくラインIDではなくメールアドレスを登録していた殿方も、同じことを思っているのかな~

なんて思い、勝手に最初から気が合うやないかいと勝手に感じていた次第です。

これが、最初勝手に「気が合うやないかい」と言った理由です。

他にもラインIDを登録していなかった殿方はいらしたとは思うのですが、なんのタイミングですかね?

また殿方の本心もわからないし、何より個人間でやり取りも行っていないのに、いつも以上に妙に共感を覚えていました

まとめ

妙な共感を覚える

結果を残せず婚活サイトから撤退、友人からの紹介でお付き合い、気づいたらデートがタスクになっておりお別れ、これが最後と決心して再度婚活サイトへ舞い戻った筆者。

しかし舞い戻ったところで待っていたのは、ご挨拶→サイトでのやり取り→個人間でのやり取り→会ってみる→さようなら→そしてさようなら、という体験済みの既視感しかないことの繰り返し。

筆者
筆者

ついでに、気軽に連絡がとれるツールの使用を嫌がる筆者。
確実に自身でも出会いの幅を狭めていき、気づけば30歳。。。

ほぼほぼ捨鉢状態になっていましたが、とある殿方から頂いたご挨拶がきっかけで筆者の生活は一時変化しました。

こちらの殿方が筆者の苦手なツールを使用していなかった事へ、妙な共感を得ながら個人個人間でのやり取りの開始です。

次回の記事は、こちらの男性とのお話を引き続き書いて参ります。

お悩みでしたらお声がけください

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。

  • アロマンティック/アセクシャル(かもしれない)けど、パートナーを持つこと・持たないことで悩んでいる。
  • パートナーの必要性について、他のアロマンティック・アセクシャルの考えを聞いてみたい。
  • アロマンティック・アセクシャルの婚活について、聞いてみたいことがある。
  • アロマンティック・アセクシャルだけど、婚活しても良いのか悩んでいる。
  • 例えば、婚活でやり取りしているお相手がアロマンティック/アセクシャルかもしれない。接し方など気になる事がある。

よろしければ、お声がけくださいませ。

筆者
筆者

勿論、筆者以外にも相談できる方はいらっしゃいますよ。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ

アロマンティック・アセクシャルの婚活

今回の記事、筆者の婚活履歴にしては珍しく、とても感触の良いと感じた男性のお話でした。

と言いつつ、生来のアロマンティック・アセクシャルである筆者。

こちらのサイトをもう少し早く知れていたら良かったな~なんて思う事も多いです。

「友情結婚相談所カラーズ」、ご存知ですか?

パートナーを探す選択肢の一つに入れても良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました