初めて人を好きになれるかも? – 告白されてお付き合い開始

初めて人を好きになれるかも - 告白されてお付き合い開始 アセクシャルと婚活
筆者
筆者

最初の婚活サイトでは連戦連敗を経験した筆者です。実りは「0」。

彼氏を求めることが、好きな人を作ることが、自身にとって何故にこんなに困難かわからず混迷の果てに、戦略的撤退

その後、婚活からは離れて生活していましたが、友人より紹介された殿方と紆余曲折を経てお付き合いすることに。

良い人だとは心から思っていましたが、どうしても恋愛感情をのせて接することもできず、恋愛感情を向けられる事にも耐えられず。

殿方に多大なるご迷惑をおかけし、自身にもそれ相当の傷を負い、やはり自分は人を好きになれない、良い人で感情が止まってしまうと、頭をやはり抱えるだけに終わりました

筆者
筆者

時も幾許か経ち、これまた別の婚活サイトで最後の彼氏を見つけようと登録してみました。

基本的に前婚活サイトで経験したことをそっくりそのまま経験し、彼氏のかの字にも届いていなかったのですが、諦める前にとある殿方よりお声がけいただきました。

自分があまり好きではないこと(=ラインで気軽にやり取り)を殿方も 好きではないのかな? (IDを提示されていなかったので)と、

変に共感して、個人個人間でメッセージのやり取りを開始いたしました。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ

初めて対面でお会いする

筆者が諸々諦めようとしている頃に婚活サイトで出会った、とある殿方。

連絡先として、筆者と同じメールアドレスだけを登録したいたことに妙な同調を覚えながら、メールにてやり取りを続けておりました。

筆者
筆者

そんなこんなでお会いしませんかとお誘いが。
ではでは、お願いしますとお約束をしました。

お互い飲む方のようですので、多めににお財布に入れて持って行かねばとお出かけ準備です。

筆者
筆者

やっぱり、いくつになっても出発前ってなんかしんどいー

出たらそこまでしんどくもないのは分かっているけど、なぜか家にいるのにもう帰りたいー

と、初めて会うワクワクより、家にながら家に帰りたくなっているくらいには外出嫌い。

約束を反故にするのはもっと嫌ですので、重たい足に檄を飛ばしながら出発です。

お会いしてみた、楽しかった

初めて、普通に楽しかった

ぶつぶつ言いながら約束の時間に遅れるわけにもいかないので、腹をくくって出発した筆者。

そんなこんなで、わざわざお仕事帰りに筆者寄りの場所までお越し頂いた殿方と会いました。

昔は自分の家に近い方が楽だけど、住んでいる場所をあまり言いたくないから少し最寄りからは離れた場所でまずは会いたい。

なんて言っていましたが、この年になったら、ほぼほぼ「もう、好きにして」状態です。

脱線しましたが、筆者が思ったことは、会ってみた感想・・・

筆者
筆者

とても楽しかった!!

何気に、今まで婚活でお会いした男性の中で一番話も何もかもが楽しかったです。初めての体験で驚きました。

いや普通に楽しかったです。別に同業でもないのに、なぜか仕事トークにも花が咲いて、なぜか途中は固い握手を交わしておりました。

筆者はスキンシップが苦手なのですが、その際の握手はなんとも感じませんでしたし、嫌とも思いませんでした。

筆者
筆者

これが変な希望を自身に持たせてしまったのか?と今は思うこともあります。

と言いつつ、だいぶ飲み物も進んでいたのでねぇ、あまり信用もしていなかったのですが・・・

いずれにしても、今までに覚えたことのない楽しさを感じている自分自身に少し驚きながら、お話をしていました。

筆者
筆者

・・・すごく楽しかったけど、馬が合うといったくらいで、勿論(?)まだ好きにはなっていません。

でも、もしかしたら好きになれる可能性もあるのではと期待もありました。

2回目会いませんかとお誘いが

一緒に食事をして、いい感じに饒舌になるくらいになってきた頃。

殿方
殿方

よければもう一度会いませんか?
良ければお連れしたい場所があります。車の距離にはなりますが。。。

と誘ってくださいました。しかも、車で若干の遠出!?

いつもの筆者なら、いーやーだーとなるのですが、、、

筆者
筆者

今回は嫌とはならなかったんですよね、これが。

その場で良いですねと二つ返事。

自分でもこんなに楽しめるとは思ってもいなかった為、もしかしたらもしかするかもと、もう少し可能性を見出したくなっていました。

婚活サイトに20歳そこそこで登録して早〇〇年。ここまで息が合うと言いますか、とても楽しかったのには本当に驚きました。

筆者
筆者

話しも楽しく、そして会っている最中に次会う約束なんて、今までの婚活経験ではありえない事。初めて尽くしです。

2回目お会いしてみた、楽しかった

無理せず会える人

例にもれず毎回やっぱり家を出ていく前は、家にいるのに帰りたい状態ですが、会ってみたら、これまた楽しいのですよね。

車で遠出という事へ微塵も不安がなかったと言えばうそになりますが、

会った初日にお勤め先の名刺を会ったそばから渡してくれたので、ここは信用しようと思う気持ちが勝りました。

【苦にならない時間】
殿方の方もだいぶ気を使ってくださったとは思うのですが、会話もちょうどよい程度に賑やかで、
途切れることなく、何か話題をふらねば!といった変な気を使う必要はありませんでした。とても楽で楽しかったです。

殿方ご自身が以前行って良かった場所に連れて行って下さったのですが、お食事も美味しく、今でも行きたいと思うくらいです。

筆者
筆者

もしまた実際に行ったら、何とも言えない思い出を思い出すことにはなりますが・・・おほほほほ。

筆者が話して、殿方が話して、良い会話のキャッチボールができていたと思います。また、会いましょうね!でその日は別れました。

書くことが惚気ていると思われても仕方ない内容しか書けていませんが、

筆者にとっては、婚活サイトで出会った男性とここまで楽しめているのは全く初めてのことで気持ちが浮ついておりました。お許しください。

3回目お会いしてみた、楽しかった

筆者
筆者

2回目お会いした後も、本当に珍しくフェードアウトすることもなく、やり取りを続けられていました。

2回目会うことはあっても、本当に3回目、4回目と複数回会い続けるって婚活サイトを介しての出会いでは大変難しいものでした。

新しく登録した人を気になったりもするでしょうし、うまくいきそうな同時進行の方だっているのは仕方ない事です・・・

筆者が殿方に何回も会いたいと思ってもらえない可能性もふんだんにあるのです。

筆者
筆者

でも、その時は不思議とあまり心配はしていませんでした。

もし次筆者に送られてくるメッセージがごめんなさいであっても、この男性はしっかり言葉にして伝えてくれると、なんか信頼していました。

また、返信が遅れることで今までご縁を繋げられなかった経験もありますので、やり取りの頻度については、まずは詫びを入れておきました。

筆不精だと最初からお詫びしたせいもあれば、殿方ご自身もお仕事忙しい方でしたので、連絡多すぎでもこちらも疲れてしまうと、筆者にとっては余るほどのお気遣い。

殿方のお気遣いもあり、やり取りを続けた結果3回目会いましょうとなり、駅近の賑やかなお店で会うことに。

筆者
筆者

1回目・2回目と書く事、同じ。楽しかった。普通に楽しかった。

筆者
筆者

行く気なかったのに、もう1件いかがですかと、筆者から誘うくらいには楽しかった。

告白された!けど今回は困らなかった

快諾できた告白

3回目お会いして、ラインIDを交換しました。

この筆者が自分の生活リズムを崩されるツールとして認識しているメッセージアプリを、ごくごく親しい友人や家族と以外していないメッセージアプリを交換したのです。

筆者
筆者

心境の変化って恐ろしい・・・

そしてID交換した後くらいでしょうか。お付き合いしませんか?と連絡がありました。

これまで3回会って毎回楽しかったけど、これがお付き合いの確約にはならない。でも付き合う付き合わないを決めるなら4回目くらいか?

婚活サイトにも登録しているし、これ以上ないなら、お互い次いったほうがよいよな~と考えていた頃合いでした。

【告白されて思った事】
前回の告白時と異なるのは、困らなかったこと。まぁ、対面で口頭ではなく文章できたせいもあるかもしれません。慌てなくて済みますからね。
それを差し引いても、困らなかったのには自分でもびっくり仰天でございます。

筆者
筆者

ただ、好き。という気持ちはなかった。恋愛感情は発生していなかった。

筆者
筆者

でも、今回は好きになれるかもしれない、いける気がする、という気持ちが今までにないくらい大きくなっていたのです。

今まで告白されても、正直困ってしまうこと以外経験がなかった筆者。

前にお付き合いいただいた男性には大変申し訳ないことですが、今回の筆者の告白やお付き合いへの気持ちは全く異なるものでした。

婚活をしていて、ここまでたどり着くまで文章だけのやり取りだけで終わった殿方も含めたら、3桁にはなるでしょう。

今までの繰り返しになるのではないかという不安と、もしかしたら今回こそは!という気持ちが入り交じっていた記憶も残っています

まとめ

30を迎え、彼氏を作る・好きな人を作ることを諦めかけていた際に出会った殿方

筆者
筆者

今さらですが、好きな人を「作る」というのは変な表現ですかね?

好きな人は「できる」・好きな人が「できた」と言うのが自然で、「作る」というのは不自然な表現でしょうか?ふと疑問に思いました。

話を戻しますと、今までにない楽しさや期待が筆者の中で生じ、お付き合いの言葉にも「はい、お願いします」と困らず返事をした筆者。

・・・これまで筆者は自身をアロマンティック・アセクシャルだと連呼してきました。

そして、どこかの記事でお付き合いしている最中に自身の事に気づいてしまったと、書いたこともあったかと思います。

筆者
筆者

そうです。こんなに期待に溢れて楽しいと思っていたのに、こちらの殿方とお付き合いしていく過程で気づくことになったのです。

  • こんなに自分の気持ちがいつもとは違ったのに、なぜ、自身の指向に気づいたのか?
  • なぜ、もう一度自身のことを顧みようとしたのか?
  • 悩んだ挙句に、お医者さんに相談することになったのか?

今後の記事でお付き合いの仲で生じた筆者の気持ちについて、続けて書いて参ります。

続きの記事はカテゴリー 体験談一覧に移ります。

お悩みでしたらお声がけください

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。

  • アロマンティック/アセクシャル(かもしれない)けど、パートナーを持つこと・持たないことで悩んでいる。
  • パートナーの必要性について、他のアロマンティック・アセクシャルの考えを聞いてみたい。
  • アロマンティック・アセクシャルの婚活について、聞いてみたいことがある。
  • アロマンティック・アセクシャルだけど、婚活しても良いのか悩んでいる。
  • 例えば、婚活でやり取りしているお相手がアロマンティック/アセクシャルかもしれない。接し方など気になる事がある。

よろしければ、お声がけくださいませ。

筆者
筆者

勿論、筆者以外にも相談できる方はいらっしゃいますよ。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます 本当に好きな人に出会っていないだけ、とは思えない方へ 大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ

アロマンティック・アセクシャルの婚活

筆者
筆者

自身がアロマンティック・アセクシャルだと気づかずに、多数派の指向をもった方が登録するサイトで婚活を頑張っていました。

LGBTに属する方が、筆者が当時登録していた婚活サイトに登録する事は自由ですが、少し気が引けることもあると思います。

そんな時は「友情結婚相談所カラーズ」に登録してパートナーを探すのも良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました