【理解してもらえない】アセクシャル自覚前 – 少数派にも入れてもらえない

【理解してもらえない】アセクシャル自覚前 – 少数派にも入れてもらえない 悩みや疑問

LGBT、「Lesbian (レズビアン)」「Gay (ゲイ)」「Bisexual (バイセクシャル)」「Transgender (トランスジェンダー)」これら4単語の頭文字をとって、「LGBT」

筆者
筆者

L・G・B・T、それぞれへの理解度は人により大きく異なるとは思いますが、少数派のことを指している、というくらいは世の中に浸透してきたと思います。

このLとGとBとTに属していらっしゃる方は、当事者の方々の努力で世の中にこんな人も存在していて、同じように生活している」と浸透させたと思っております。

筆者
筆者

どうしようもなかった事ですので、今さら何をとは思うのですが・・・

筆者と同じ少数派であるはずの「LGBT」という単語が一時期、筆者を苦しめていました

勿論、LやGやBやTの方に何かされたという意味合いでは一切ありません。

性的少数派=LGBT、という認識に悩まされる時期があったという意味合いです。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます アセクシャル/アロマンティック(かも?)とお悩みの方へ

LGBT、Tの次は何もない

LGBT・・・これで全部?

多様性なるものがどんどん世の中へ発信され、多数派の方へ認知されていくのは大変結構なことです。

  • 今まで悩んでいた方が自認に至る事ができた。
  • まさに悩んでいる方が情報を得る事ができ、自身の立場の解決への糸口を見つける事ができた。
  • 自認していたが、自分だけではないと思う事ができた。

悩みが解決できたり、少しでも軽くなることは本当に良いことです。

筆者
筆者

本当に良いことなのですが、筆者の場合は少し異なりました。

多様性の広がりは、筆者にとってはむしろ自身への疑問が深まり、余計に自分だけがおかしいのではないかと思う要因にもなったからです。

  • なぜ筆者は、恋愛感情を抱いたことがないのか?そして抱けないのか?
  • なぜ筆者は、性的な関心を誰かに寄せる事ができないのか?そして関心を抱けないのか?
  • なぜ初恋が来ないのか?なぜ誰も好きになった事が大人になってもないのか?

世の中にもLGBTという単語が広まれば広まるほど、自身でもLGBTという言葉や立場の方がいるとより認識できたからこそ、

自身が性的マイノリティーであるLGBTにも属せない、どこか頭の調子が良くない人間なのか
それともまだ本当に好きになった事がないだけなのかという悩みに磨きがかかりました。

筆者がアセクシャルという言葉を見つける前の(あくまで個人の)イメージなのですが、

筆者
筆者

少数派と言えば、レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー、この4つ。以上!!

当時はこの4つ以外は取りざたされていなかったと思います。

4つ認識されたのはすごい事なのですが、それ以外の可能性(=アセクシャルやアロマンティック等)がマイナー過ぎて、表面に出る事はなかった、少なくとも筆者は見つける事ができませんでした。

少数派の中の少数派となると、当事者本人が気づいていない・気づけていない状態も多く、認識してもらうだけの集団としての質量/人数がなかったから仕方ないとは思っています。

いずれにしても、性的マイノリティーをLGBTと呼び、その種類は4つである、それ以外はないと若い筆者は認識していたのです。

そして、自身はそこにも居場所はないと思っていました。

少数派の方も恋愛できる方ばかり

性のあり方はグラデーションと言われる令和のご時世で、あえて雑にカテゴリー分けするまねをするのも滑稽ですが、当時の筆者の悩みを書くために少しだけ。

LGBT、特に筆者が頭を抱えていた平成で「どういう人がLなのか」、「こんな立ち位置ならGなのか」と、

カテゴリー分けに使用される基準は、例えば「同性に恋愛感情を抱いたり、性的に惹かれる」、「同性ではなく、男性・女性の両方に恋愛的にも性的にも惹かれる」といった感じかと思います。

(トランスジェンダーの方を無視するような説明になり申し訳ありません)

筆者
筆者

なぜこんな雑な分け方をしたかと言うと、こんな風に思っていたからです。

当時の筆者の目には、性的少数派と言うけれども「恋愛感情を抱く」・「性的に惹かれる」、つまり「恋愛できる」前提、もしくはそれが当たり前としか映っていませんでした。

筆者
筆者

少数派と呼ばれている方の中でも「恋愛感情ありき」の様子。

筆者
筆者

少数派って、LとGとBとTで全部なんですよね?

筆者
筆者

そうなら、やはり私はLGBTには含まれない。少数派にも入れてもらえない。

LGBTと言う言葉が認識されたらされるほど、筆者にとっては「少数派にも自身の立ち位置はない」とより悩み、「いつまで好きな人ができるのを待てばよいのか」という辛さを自身の中で育てていました。

※LGBTの方が全て恋愛感情を持てるような書き方をしていますが、アセクシャルという言葉と出会う前の筆者の捉え方です。勿論、恋愛感情を抱かない、トランスジェンダーの方もいらっしゃると今では思っています。

恋愛感情まで成長しない感情

どうしたら誰かを好きになれるの?

そもそも、恋愛感情を抱こうと思って、恋愛感情は生まれるものなのか。

普通は、なんか良いなと思っていたら好きになった、とか自然に湧いてくる感情ではないのか。

好きになろうとして好きになる、そんな人もいるかもしれないが、筆者にそれができるなら、もう好きになっている人なんて出来ている。

結婚だってしているかもしれない。子供もいるかもしれない。

  • どんなに良い所があったとしても、どんなに好感を持てる所があったとしても。
  • どんなに優しい・かっこいい・頭が良い・人格者だ、人間が人間を人間として好きになる要因を見つけたとしても。

筆者には「好き」という感情が生まれない。興味を持てない、恋愛感情を抱けない、人を好きになれない。全てが全て良い人、で終了する。

筆者
筆者

皆が疑問にすら感じない、当たり前にできることが、筆者にはなぜできないのか。

少数派と認識されている、同性愛の方、バイセクシャルの方々にも、当たり前のように恋愛感情は存在していて、人を好きになれる。

筆者はその少数派にも入れてもらえないようだ。

分類されたい、でも分類される先がない

私だけが変なのか?

沼にはまって、宇宙について考えだす若き日の筆者。

この宇宙に果てはあるのか、人間のような生命体はいるのか、地球の人類なんて宇宙にくらべたら、なんて小さいものなんだろう。。。

筆者
筆者

世の中には多岐に渡る立場や考えの人がいるのは当たり前のことで、私の悩みなんかも、その中の一つやんな~

世の中には他にもっと深刻な悩みを抱えている人はいるわけで、自分程度の悩みで考えすぎは良くないかもしれないな~と思いつつ、

私のカテゴリーはどこ?

でも、分類されたいな~私の立ち位置はどこなんだろう?

同性愛なら同性愛、異性愛なら異性愛、などカテゴリーが色々ある。

と言いつつ、グラデーションもあれば、私はこうだから私、カテゴリーなんて気にしない、という考えの方も多いと思う。

そのような考え方は認識しているし、否定なんてするものでもない。

筆者
筆者

でも、一言だけ言えるのならば、そんな事が言えて羨ましい。

筆者
筆者

カテゴリーを気にしなくても良い方は、少なくともご自身の立ち位置を見つけられているのだろう。

でも筆者は自身の土台となるカテゴリーを見つけられていない。探しても探しても見つからない。

異性愛者でも同性愛者でもないのは、ほぼ間違いないと思う。

筆者は女性の体と女性の心をもって生まれてきた、それに疑問はない。

恋愛ができない・したことがない・これからするのかどうかも分からない、なんでこんな事で悩まなければならないのか。

筆者
筆者

私は一体どんな人なんだろう。。。

アセクシャルとの出会い

アセクシャル1名様~ご来店で~す

ここまで昔の自分語りが多くなりましたが、心のモヤは一切晴れることなく気づけは時間だけが経ち、結構いい年した大人に筆者はなっていました。

できない恋愛をしようとしてみたり、恋愛感情を次こそは抱けるのではないかと、告白してもらえてお付き合いしてみたり、色々ありました。

タイミングとしては、当時お付き合いしていた方ときです。人を好きになったことがない、でまた検索してみました。

筆者
筆者

なんで検索したのかは、こちらの記事に書いてあるような出来事があったからです。

「人を好きになったことがない」とネット検索

「人を好きになったことがない」「人 好きになれない」「恋愛感情 ない」等々、今まで幾度となく検索してきたワードでしたが、何となく検索してみました。

どうせ見たことあるホームページばかり、、、んん!?

筆者
筆者

アセクシャルって何!?

最近認知されてきたセクシャリティーって何!?LGBTは知ってるけど、この4つ以外他にあるの!?

筆者
筆者

恋愛感情を抱かない人!?何それ、私!?ちょっと詳細please!!

筆者
筆者

アセクシャル。。。フォーーーーーーーー!!!これだーーー!!!

歓喜の雄叫びを心の中で叫びつつ、指はさらなる情報を求めて、スマホをシュッシュしていました。

アセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)については、こちらでも詳しく記載しています。

当時お付き合いしていた彼氏がいたにも関わらず、他者に対して恋愛感情を抱かず、性的にも惹かれない「アロマンティック・アセクシャル」だと自認した筆者です。

少し細かい話をしたら、その当時はまだ「アロマンティック」という単語は知りませんでした。

アセクシャル=恋愛感情を抱かず、性的な関心を抱かない、セクシャリティーと認識してましたね。

まとめ

筆者が悩んでいた当時は「LGBT」、そして時は経ち「LGBTQIA+」

少数派にも色々あり、「+」で多様性の可能性を持たせているところは好感を抱きます。

(アセクシャルのAが追加された事は、少しは数をもったカテゴリーとして認知されてきたのかなと思えたりします)

さらに長くなったようで「LGBTQIAPK」と言うことがあるらしい。。。

そして、この記事をリライトしているのは令和4年の6月11日。

検索したら「LGBTQQIAAPPO2S」という言葉もでてきました。

筆者
筆者

セクシャリティーにはLGBTという4つの世界しかない、だからそこに自分の立場はない。

こんな風に悩んでいた筆者が、自分の立ち位置「A」を見つけられたからと言って、自分だけ満足するつもりは一切ありませんし、

LGBTQIAのように「A」を少数派の呼称の一部として使ってくれているからと言って、

まだ自身の立ち位置を見つけられずに悩んでいる方を傷つけるような発言は、一切するつもりはありませんが・・・

筆者
筆者

実際口に出している人を見た事はありませんが、少数派の筆者でも「???」となりました。

すみません、検索してみて驚いたのでぼやきました。

話を戻しまして、奇しくも情報量のなさか時代のせいか、若き日の筆者は少数派の中からもはじき出されてしまっていました

性的少数派を指し示す言葉として「LGBT」。少数派を示す言葉には間違いありませんが、

  • 「4つしかない」と筆者の勉強不足か世の中の認知度の程度のためか、そう思っていた事
  • その4つの立場にいる方で「恋愛感情を抱けない」ことで悩んでいる方を見つけられなかった事

こんなことが、少数派にも入れてもらえない=私だけがおかしいのかと感じる苦しみの要因でした。

少数派の方でも当たり前にもっている恋愛感情を持つことができず、もうこれはどうしたものかと思っていましたが、ついに出会えた「LGBTQIA+」の「A」の部分

筆者
筆者

何のご縁か、気付かせてもらえるタイミングだったのか。めでたく納得できる自身のカテゴリーを発見することができました。

当時お付き合いしている男性がいるタイミングでの自認については、こちらのカテゴリーで書いて参ります。

誰も好きになった事がない悩み、一緒に考えます アセクシャル/アロマンティック(かも?)とお悩みの方へ
タイトルとURLをコピーしました