アロマンティック・アセクシャル – 愛情とスキンシップについて

アロマンティック・アセクシャル-愛情とスキンシップについて スキンシップ

自分の立ち位置がわからず、七転八倒を時にはしていた筆者ですが「アロマンティック・アセクシャル」であると、自身を認識することができました

自認後から数年経過してもいますので、ネットでの情報の見つけ方や検索の仕方は慣れていくものです。

筆者
筆者

アロマンティック・アセクシャルを自認後、なんとなくネットで目に留まるのが「愛情」やら「スキンシップ」やらという言葉。

よく(アロマンティック)アセクシャルの特徴!みたいな感じの記事があると思いますが、この2つを見かけることが割合多くあります

筆者
筆者

はて?なぜだろうか??

なぜにアセクシャルの特徴?と、頭の上にハテナがくるくる回る時もありましたが、よくよく思えば・自身の事を顧みれば結構すぐに納得できました。

筆者
筆者

確かに、なるほど。疑問に思われたり、自分でも悩んだりするかもしれない。

この記事では、アロマンティック・アセクシャルの「愛情」と「スキンシップ」に対する想い焦点を当てて、書いて参ります。

  • アロマンティック・アセクシャルは人を好きにならない/好きになれないから、愛情のない人なのか?
  • アロマンティック・アセクシャルは他者に対して性的に惹かれないから、スキンシップが苦手なのか?
  • アロマンティック・アセクシャルを自認/かもしれないけど、自分は愛情のない人なんだろうか?
  • 知り合いにアロマンティック・アセクシャル(かもしれない人)がいるけど、触っちゃだめなの?
  • 知り合いがそのようだけど、人間に興味がないの?絆は存在しないの?
筆者
筆者

こんな疑問やお悩みに回答できる記事になれば良いなと思っております。

勿論のことですが、筆者はアロマンティック・アセクシャルではありますが、アロマンティック・アセクシャルの総意ではありませんので、ご参考としてご覧ください。

スキンシップが苦手な悩み、一緒に考えます 触られたくもないし、触りたくもない方へ 大事な人がスキンシップ苦手、お悩み一緒に考えます 触られるのが苦手な彼氏/彼女/パートナーをお持ちの方へ

アロマンティック・アセクシャルとは?

恋愛感情もなく、性的に惹かれることもない
筆者
筆者

筆者の立ち位置はこちらの記事で記載した通り、アロマンティック・アセクシャルであると自認しております。

簡単にもう一度どんな感じなのか、どんな指向を持った人なのかを書いておきますね。

アロマンティック・アセクシャルを説明するには「他者へ恋愛感情を抱くか」・「他者へ性的に惹かれるかどうか」この2つの恋愛的指向と性的指向の存在が必須です。

ちなみに、こちらの記事で「他者へ恋愛感情を抱かない恋愛的指向」「他者へ性的に惹かれない性的指向」について、詳しく解説しております。

初めて、恋愛的指向や性的指向と聞かれた方は「ナンダソレ?」状態かと思いますが、アロマンティック・アセクシャルがどのような指向か説明するには欠かすことはできません

なぜなら、「どのような恋愛的指向の持ち主なのか」「どのような性的指向の持ち主なのか」この2つの恋愛的/性的指向の組み合わせで、私たちがどんな立ち位置にいるのか説明することができるからです。

アロマンティック・アセクシャルとは?
  • 他者に対して、性的に惹かれない方を「アセクシャル」と呼びます。
  • 他者に対して、恋愛感情を抱かない方を「アロマンティック」と呼びます。
  • 他者に対して、性的にも惹かれず、恋愛感情も抱かない方を「アロマンティック・アセクシャル」と呼びます。
筆者
筆者

恋愛感情を抱かないって、そんな人が存在するの?と思われる方も多いでしょう。

でも、アロマンティック・アセクシャルは、少ないですが筆者のように確実に世の中に存在しております。

(今の時代、SNS覗いたら、悩んでいる方含めて見つける事は簡単です。でも、身近にはいない・・・)

筆者はこの世に生まれ出でて早幾年、人を好きになったことも、性的に誰かに惹かれたこともありません。

ちなみにですが、日本においてはアロマンティック・アセクシャルをアセクシャルという単語一つで示すことが多くあるようです。

筆者
筆者

アセクシャル=アロマンティック・アセクシャル、こんな感じです。

親愛・友愛は存在する

今となって色々検索してみると、結構下のような表現を目にすることがあります。

筆者なりにまとめますと・・・

アセクシャル(アロマンティック・アセクシャル)だからと言って、「冷たい人間」や「愛がわからない人間」という訳ではありません。

彼らにも「愛情」は存在しています。友人や家族へ向けられる「友愛」や「親愛」という「愛情」は彼らにもあるのです。

実際「人を好きにならないってことは愛情が分からないのか?なんて冷たい人間だ」と、

こんな事をおっしゃる方がいるのか少し疑問なのですが、まぁ、疑問に思われることは当たり前でございます。

筆者
筆者

恋愛感情抱けても、冷たい人なんて世の中にたくさんいるでしょ。

と、捻くれた筆者は思ったりもしますが、恋愛ができない=人を愛することができない=愛情がわからない/持てない冷たい人?という式は、首を縦に振りそうになります。

そしたら筆者も冷たい人なのかと言ったら、まぁ情はあまりない人間ですので、そうなのかもしれませんが、あえて反論いたしますと・・・

アロマンティック・アセクシャルである筆者ですが、ネットで見かける情報と違うことなく、家族への愛情や友人への友愛みたいなジャンルの愛は存在しています。家族も好きですし、友人も好きです。

筆者
筆者

このジャンルの好きなら、いくらでも我が口からスルスル出てきます。

筆者
筆者

親友の○○ちゃーん好きよー。ママン好きよー。

友愛・親愛は筆者から、いとも簡単に、むしろ意図せず自然発生します。

(恋愛感情もこんな感じで発生するのですかね?)

アロマンティック・アセクシャルを自認されている他の方も、友愛・親愛は抱く、筆者のような方が多いのではないでしょうか?

筆者
筆者

でも、何故に恋愛感情の伴った愛情なるものが、自身に芽生えないのか不思議でなりません。

家族や友人への「好き」が、自身が悩んできた「好き」と全く異なるものとは重々理解しています。

逆に家族に対して、自身が悩んできた「好き」という気持が芽生えたら、大変なことになりますよね。

「好きの種類」が違うのは分かっているのですが、どうしても家族・友人への「好き」以外の「好き」が一切合切生まれません

筆者
筆者

恋愛感情やそれに付随する愛情が生まれたことは一回もありません。

スキンシップが苦手?

スキンシップが苦手

スキンシップがアロマンティック・アセクシャルの人は苦手、というような表現もこれまた時々目にします。

全部「そのと~り!」というと、筆者の中の天邪鬼が騒ぎ出しそうになりますが、これまた「そのと~り」と感じます。

筆者
筆者

なんとなく分かりやすいのかな?と思う所で、他者に対して性的な関心を抱かない「アセクシャル」の方を例に挙げてみます。

アセクシャルの方は他者に対して性的に惹かれません。例えば、単純なスキンシップだったとしても、その先にあるであろう更なるスキンシップを連想して、

  • 嫌悪感を抱く方
  • 興味がなさすぎて、する意味を教えてほしいと思う方
  • 単純に自身にとっては必要性がないからと思う方

こんな感覚を持たれる方もいるのではないでしょうか。筆者の事を言えば、強弱がありますが全て該当します。

性的なスキンシップの可能性がある想定で書きましたが、

性的なスキンシップの可能性がない相手でも、単純に自身にとってはする意味がわからないし、必要性もないから触らないでほしいと思う方もいらっしゃるでしょう

色々お考えがあると思いますが、こんな理由からスキンシップは苦手と認識する方がいるのではないでしょうか。

筆者も基本的に単純なスキンシップを含めて、スキンシップは苦手です。

筆者は触られるのが苦手

基本的には触らないでほしい
筆者
筆者

と言いつつ、はて、なんででしょう?自分でもこれまた不思議です。
スキンシップの対象によって、許容範囲は大きく変わります。

当たり前なのかもしれませんが、特に我が親友(同性)とママンについては寛容な方です。

しかーし!!異性・同性・仲の良さに関わらず、人に触られるのが非常に不快な時があります

まあ、誰しも知らない人に触られるのは嫌だと思うのですが、筆者の場合、これが仲の良い同性の友人や筆者とお付き合いしてくれていた方に対して、起きることかあります。

筆者
筆者

人を好きになったことがないくせに、付き合うってどうやねん、というツッコミは自分で自身に何度もつっこんでおりますので、今この場ではお流しください。

さて、意図しない/希望しないスキンシップが生じてしまった時、筆者に何が起きるのかと言いますと、こんな感じです。

触られるのが嫌い
  1. まず、触られた場所がジンジンとした不快な波に襲われます
  2. それが右腕だとしたら右腕がワナワナ震えだします
  3. 思わず振りほどきそうになったりします。(実際振りほどいたことは、ないと思います)

バスで隣に座った方の肘が当たった場合など、ごくごく瞬間的でその後、繰り返しがない場合(=我慢する時間が短いと思われる場合)はこのような事は起きません。

(・・・まぁ、程度は低くとも嫌だな。という気持はよく発生します。)

しかし、我慢しなければならない時間が長そうな時や、言いにくい時はこんな感じになってしまいます。

振りほどくなんて失礼と、我慢に我慢を重ねたその先にあるのは、膨大なストレス・不快感と、つい強めに腕が動きそうになる衝動です。

勿論、実際の行動に移したことはありませんよ。

行動を取りそうになる前に、トイレへ逃げたり、なんとか柔らかく体を離すようにします。(時にはひたすら我慢)

特に指でさすられることが大嫌い

スキンシップの対象によって許容範囲は異なるけど、スキンシップが苦手なんだなーと、これまでの記載で思っていただけたと思うのですが、

本当にこれはどうしても許容できないキンシップが一つ

本当に気持ちが悪くて許せないのが、指でさすられる?なでられる?ことです。

筆者
筆者

意味が分からない、と思いますので例を挙げるなら、こんな状態です。

例を挙げるのならば

例えば恋人が隣り合わせで座っている。
彼氏と彼女が手をつないでおり、彼氏が彼女の手の甲を手をつなぎながら、指でなでている

指でさすっている場所は手の甲でも肩でも場所は関係ないのですが、

筆者にとっては、おぞましいことこの上ない。ただただゾッとします。

言葉を選ぶ必要があるので、これくらいの書き方をしますが、本当はもっとよろしくない言葉を使用したいくらいです。

家族含め、誰であったとしても本当に無理です。

筆者
筆者

指でさすられることへのおぞましさはこちらの記事で詳しく書いてあります。

なぜこんなに嫌いなのか?

この事実は自分が忘れたトラウマ的なsomethingがあるのかはわかりません。
初めて気持ち悪いと認識した記憶はあるのですが、なぜにここまで嫌いなのかは不明です。

まとめ

恋愛感情が伴う愛情が存在しないアロマンティック・アセクシャルですが、「親愛」「友愛」については、世の中の皆さまと同じように感じていますし、存在しています

筆者
筆者

筆者本人は冷たい人間とみなされても、特に苦痛は感じませんが、嫌だと感じるアロマンティック・アセクシャルの方もいると思います。

その方の人間性を知らずに「冷たい人間」とおっしゃる方は心無い方と筆者は認識していますが、こんな方、稀極まりないとは考えております。

一方「スキンシップ」。これはアロマンティック・アセクシャルであっても、許容範囲は非常に個人によるのではと思います。

でも、皆さん苦手なのでしょうか?筆者は苦手です。

筆者
筆者

アセクシャルの方に実際会ったことも話したこともないので、気になるところです。

多数派の方でも、これのスキンシップは苦手、とおっしゃる方も多いと思います。

アロマンティック・アセクシャルは愛情のない人なの?

前述した通り、「家族への親愛・友人への友愛」といった愛情は存在しますので、一概に愛情がない人とはできれば言わないでほしいかな~と思います。

筆者
筆者

しかし一方、恋愛感情が絡む愛情・恋愛感情から発展する愛情は抱けません。

好きの種類が異なるのはアロマンティック・アセクシャルも良く分かっていますので、

恋愛ができない=人を愛することができない=愛情がわからない/持てない冷たい人?ではないのよ~という事だけはお伝えしたいと思います。

アロマンティック・アセクシャルはスキンシップが苦手なの?

筆者はスキンシップは基本的に苦手です。

しかし、スキンシップの対象によって許せる範囲が大きく異なります。

恋愛感情を抱かず、性的にも惹かれない当事者たちにとっては、

  • スキンシップをする意味がわからないから、したくない
  • このスキンシップの先にあるかもしれない、スキンシップを考えると耐えられない
  • スキンシップをする必要性が自身にはないから、したくない
  • 軽いものでも嫌悪感が先立つ

人によって程度の差は大きくあると思いますが、こんな感じで苦手に感じる方もいるでしょう。筆者は結構該当します。

自分は愛情のない人なんだろうか?

筆者
筆者

恋愛方面で人は好きになれないけど、友達や家族は好きだー!!

友達は好きですか?ご家族は好きですか?もし、好きならあなたにもしっかり愛情は存在しています。

アロマンティック・アセクシャルの人を触っちゃだめなの?

筆者
筆者

・・・人によるかしら??

アロマンティック・アセクシャルではなくても、いきなり触ったりしたら驚いたり、嫌だなと思う人は多くいると思います。

まずは、通常の接し方をしていけば良いのではないでしょうか。

もし苦手そうにしていたら、苦手ならやめとこか~が、アロマンティック・アセクシャルであっても、そうではない方であっても、基本的な接し方かと思います。

人間に興味がないの?絆は存在しないの?

筆者
筆者

筆者はあまり興味がありませんが、絆はあると思っておりますよ。

筆者には「母との親愛と言う名の絆」、「友人との友愛と言う絆」・・・書いてて恥ずかしくなる表現ですな。

まぁ、いずれにしても「親愛」・「友愛」という「愛情」を介しての「絆」なるものは存在していると思います。

恋愛感情を通して生まれる絆も勿論ありますが、全ての絆が恋愛感情がないと築けない絆ではないはずです。

スキンシップでお悩みでしたらお声がけください

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。

  • アロマンティック・アセクシャル当事者であるなし関係なく、スキンシップが苦手で悩んでいる。
  • どうしても許せないスキンシップがある。
  • 軽めのスキンシップも苦手と感じる時がある。
  • 彼氏・彼女・パートナーがスキンシップが苦手で、どう接したら良いかわからない。

筆者は何かしらの資格を持っているわけではありませんし、アロマンティック・アセクシャルの目線から回答することにもなります。

それでも知り合いには相談しにくいので、顔も名前も分からない相手に相談したいと思っていらっしゃったら、お声がけください。

スキンシップが苦手な悩み、一緒に考えます 触られたくもないし、触りたくもない方へ 大事な人がスキンシップ苦手、お悩み一緒に考えます 触られるのが苦手な彼氏/彼女/パートナーをお持ちの方へ
タイトルとURLをコピーしました