恋愛ありきの世の中? – アセクシャルは人生つまらない!? ①

恋愛ありきの世の中-アセクシャルは人生つまらない-① 悩みや疑問
筆者
筆者

アロマンティック・アセクシャル当事者としては、タイトルに「ぐふぅ」となります。

筆者がこの出来事を誰かから聞いた身だとしたら、タイトルを見ただけで

  • 「なんてことを言ってくれるの?」
  • 「いや、人生楽しいですけど?」
  • 「まぁ、皆さんが味わっている感情や経験をできない身ではありますけどね。。。」

と悲しいやら、怒りやら、でも恋愛できない自分と恋愛できる友人たちとの違いを顧みたり、色々感情が出てきます。

筆者
筆者

アセクシャルは人生つまらない!?え?どういうこと!?

筆者
筆者

なんかタイトルの文面を見ただけで、ざわざわするわ・・・

ちなみに、このお話はアセクシャルという言葉と出会い、自身がアロマンティック・アセクシャルだと自認した後のお話です。

年中頭の上にお花が咲いている筆者ですが、一応社会人として日々働いております。

「アセクシャルは人生つまらない!?」という発言は、お昼休みに職場の仲間とご飯を食べながらの雑談中に聞こえてしまった言葉

  • なぜこんな発言を聞くことになったのか。
  • 発言された方はどのような事を思っていったのか。
  • 発言を聞いた筆者が発言の意図をどのように考えたのか。

経緯を交えながら、お話していきたいと思います。

筆者
筆者

昔は仲の良い皆でご飯行こうぜ!となっていました。。。今は我慢。あの頃が懐かしいです。

人生の通常ルートを行く方々

「アセクシャルは人生つまらない」の発言が飛び出たその場にいた方々がどのような立ち位置なのか、簡単に説明しますね。

その場にいた同僚は全員女性で、筆者以外既婚者でお子さんもいらっしゃる方々。年齢層もバラバラで当時20代~50代、筆者だけが独身です。

筆者
筆者

年齢はまちまちなのですが、皆さんとは仲良くしてもらえて、人間関係も非常に良好な職場です。

お昼時間、一緒にご飯を食べながら話すときは、子供の話やパートナーの話も勿論でますが、未婚・子供がいない人への配慮も忘れない良き方々です。

ありがたや~ありがたや~と、話がそれましたが、何を言いたいのかと言うと・・・

筆者
筆者

筆者以外、皆さん人類の人生の通常ルートを進まれている方という事です。

既婚者でお子さんいる

  • 既婚・お子さんあり=大多数の人類の人生の通常ルートを進んでいる方々
  • 既婚・お子さんあり=つまり、付き合う⇒結婚⇒出産を経験している方々
  • 既婚・お子さんあり=恐らく、異性に対して恋愛感情を抱き、性的に惹かれることができる方々

人類の人生の通常ルートと言うと、なんか言い過ぎな感じもしますし、アロマンティック・アセクシャルである自身をなんか卑下しているような感じもするのですが、見当違いの事は言っていないと思います。

少しばかりの羨望と嫉妬を含めて、筆者が思う「人類の人生の通常ルート」はこんな感じです。

ご参考 – 筆者の思う人類の人生の通常ルート –
  • 一般的に世の中の多くの方は、異性と恋愛して、楽しみやら苦しさやら色々な経験をしながら、結婚に至る。
  • 結婚したら子供も生まれたりする。喜怒哀楽、多種多様な場面がありながらも、家族として生きていく。

勿論、家族やご自身にしか言っていない・知らない辛い事、悲しい事、言いたくない事、隠している事、色々あるとは思います。

通常ルートを進める事が少し羨ましくて、なんか棘のある書き方になっているかもしれませんが、全てが全て順風満帆で、何も問題なく人生過ごされてきた人の方が少ないのは承知しています。

筆者
筆者

つらつら書きましたが、ざっくりいうと同僚の皆さんの指向はノーマル?ストレート?だという事です。

さて、本題に移って参りましょう。

発言のきっかけになるテレビ番組

ご注意

  • 事実を捻じ曲げない程度の脚色を加えております。ご了承くださいませ。
  • 発言をされた方を責める意図は一切ございません。
  • 筆者がアロマンティック・アセクシャルだと知っているのは、筆者のみです。今のところ、誰に対しても知らせる予定はありません。

さて、とある職場の、とある休憩スペース。お昼休み中に、とある同僚が前日見たテレビ番組について、お話してくれました。

番組の内容については、記憶が曖昧なのですが、番組概要は下記の通りです。

(筆者は実際に見ていないので本当の詳細はわかりません。)

番組のメイントピック: 恋愛しない若者

  • セクシャルマイノリティーとからめて話が進められていた。
  • 面倒/他にやりたい事があるという理由から、恋愛を避ける若者についてのお話。
  • 最近認知されてきた、アセクシャルというセクシャリティーがあるようだ。
  • アセクシャルは人を好きにならない人の事を言うらしい。

確かこんな感じの事をおっしゃっていたと思います。

筆者
筆者

番組の内容について少し言いたいことが少々あるのですが、我慢でございます。

同僚との会話

人を好きにならないって、人生つまらない!?

こんな番組があったんだよ~から、その番組の内容について会話がどんどん膨らんでいきました。

筆者はアセクシャルに関係ある番組?めずらしいな~位に思いながら、お話をまずは聞いているだけの状態です。

同時に、何も会話に参加せずにLGBTの話が嫌い?=理解がない・偏見がある、と認識されても嫌ですし、逆に知識が周囲よりありすぎて「もしかして?」と思われるのも、自身のスタンスではないので、どんな反応でいこうかな~とも考えていました。

では、早速会話をご紹介します。

同僚①
同僚①

昨日、恋愛しない若者みたいな番組やってたの

同僚②
同僚②

恋愛しないって、どういうこと?

筆者
筆者

ふ~ん

同僚①
同僚①

恋愛するのが面倒とからしいよ

同僚③
同僚③

へぇ~私が若いころは、その興味しかなかったけど。

筆者
筆者

最近の子は恋愛よりやりたい事ある~みたいなこと聞いたことありますわ。

同僚①
同僚①

そ~なのよ、面倒くさいとか言ってた。

同僚②
同僚②

楽しくないの?恋愛って?

筆者
筆者

恋愛が楽しいものって言ってみたいな~

同僚①
同僚①

うん、なんかあと、人を好きにならない人っているらしいよ~

筆者
筆者

むむ?アセクシャルかな?そんなことテレビでやるのかしら?

一同
一同

なにそれ、聞いたことない

同僚①
同僚①

なんだっけ、アセ・・アセなんとかって言ってた。とにかく人を好きにならないんだって

同僚②
同僚②

恋愛しないって、人生つまんなくないですか?信じられない

同僚③
同僚③

全てじゃないけど、つまらないよね~

筆者
筆者

そおっすね~はっはっは・・・(oh…目の前におりますよ、アセクシャルが)

全身全霊の苦笑いが顔面に出ていないか、些か不安でございました・・・

でも、まさか当事者が目の前にいて一緒にメシ食ってるとは思いませんよね~

聞いた瞬間に筆者が感じたこと

悪意ゼロ、攻撃力限界突破

「恋愛しないって、人生つまんなくないですか?信じられない」のご発言を聞いた瞬間、一気に色々な思いや経験や辛さが筆者の頭の中を駆け巡りました。

筆者
筆者

流石にドキッともしましたし、「なんじゃそりゃ」とも思いました。色々なツッコミも浮かびました。

人を好きにならないって、人生つまらない!?どういうこと!?意味が筆者にはわからないゾー

でも多数派の人からしてみれば、そう言うんだろうなー言われてしまうんだろうなー、なんても思っていました。

「恋愛しないって、つまらない」と言う方は多くいるだろうし、その方の考え方を否定は一切しません。

傷つける意図なく「恋愛しないなんて、つまらなくない?」という言葉を投げかけられる可能性も勿論あるとは認識していました。

しかし、筆者めがけてではないにしても、実際投げかけられると、ぐふぅ。。。とダメージが存外ありました。

でも誰にも言う予定はない「私はアロマンティック・アセクシャルです」という言葉。

何とも言えない感情を抑えながら、平静を保つようにした筆者です。

平静を保てたのも、同僚②さんが良い人で印象も良く結構好きだからです。

筆者
筆者

・・・いや、本当にこのカテゴリーの「好き」は結構発生するのです。結構ホイホイ簡単に生まれるんですよね。。。

なぜ言ってしまったのか?

傷つく人がいると思い至らない

あまりこんな表現は好きではないし、かつ適当でもないと思います。でも・・・

筆者
筆者

普通の人はやっぱりこう思うんだな~思ってしまうんだな~そして、口にするんだな~と思いました。

恋愛感情を抱けるAさん「最近、どお?」
恋愛感情を抱けるBさん「今は恋愛はいいわ~」
恋愛感情を抱けるAさん「恋愛しないって、人生つまんなくない?」

という感じで言っている状態ではなく、アセクシャルという性的少数派に対して、「人生つまらなくないのですか?」と発せられた言葉であること。

数派といえども、名称がつく程度の人数はいる集団へ発せられたこと。

発言をされた方、決して差別的な方ではありません。それでも口から出てしまった言葉。

筆者
筆者

なぜこのような発言に至ったのか、考えてみました。

  • 発言がどれほど当事者を苦しめるか、傷つけるか、失望させるか、理解への諦めを助長するか、認知度も理解度も低くてわからないから。
  • 本当に悪気なくこんな言葉を発してしまい、また発言の影響を察することも難しいから。

人生の通常ルートを歩んでいる方からしてみれば、あまりにも自身の感覚とかけ離れていて、あり得ないとしか思えないのでしょう。

あり得ないと思う事柄への配慮や関心は、当たり前ですが低いものかとも思います。

この記事は2本立てです

筆者
筆者

恋愛ありきの世の中? – アセクシャルは人生つまらない!? は二本立てでお送りします。

二本目では、時間をおいて筆者が感じたことや、なぜ「人生つまらない」の発言に至ったか、もう少し詳しく考えていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました