【理解されない】アロマンティックには辛い恋愛ありきの世の中

【理解されない】アロマンティックには辛い恋愛ありきの世の中

筆者の経験をベースに、アロマンティックだからこそ「感じる」「気づく」「辛く思う」ことについて書いた記事をまとめています。

  • あくまで筆者個人の経験と、その経験から得た考えがベースです。
  • 全ての方に対して、等しくあてはまる訳ではありません。
  • 筆者のように考えないアロマンティック・アセクシャルの方も勿論いらっしゃいます。
  • アロマンティック・アセクシャルを自認している一個人の考えとしてご覧ください。

アロマンティックである筆者の世界には恒常的に「恋愛感情が存在しません」「恋愛感情が生れません」。

しかし、世の中の多くの方の世界には恋愛感情があります。恋愛感情が生れます。

真逆の世界に生きている者同士、お互いの世界を理解することは大変困難なことだと思います。

筆者
筆者

筆者は「普通はこんな感じなのかな?」と察することは可能かと思っています。

今まで触れ合ってきた友人・知人等の発言を聞いてきたことで、察することが可能であっても、筆者が恋愛感情という感情について、全てを察すことができているとは思いません。

自身が体験した感情として、理解することができないからです。

基本的に誰かを「恋愛的に」好きになって子孫を繋いでいくものでしょうから、この世は「恋愛なし」なんて「考えられない」世の中なのでしょう。

そんな中で、アロマンティックも生きており、自身の指向と世の中大多数の指向との摩擦を覚える事も多くあります。

アロマンティックかも、と今悩んでいる方へ

誰かを好きになった事がない、恋愛感情を抱いた事がない、恋愛感情が分からない・・・

このような悩みを抱えて、アセクシャルブログをご覧いただいている方もいらっしゃるかと思います。

「アロマンティックかも、と今悩んでいる方へ」で取り上げる内容は、こんな方々へアロマンティックの情報をお届けする事を目的にしています。

  • アロマンティックかはまだ分からないけど、アロマンティックの情報が欲しい。
  • アロマンティックかはまだ分からないけど、アロマンティックの人が悩むような悩みを抱えている。
  • 大事な人・ご友人・ご家族がアロマンティックかもしれないので、アロマンティックの情報が欲しい。

恋愛感情を抱かない人がこの世にはいること

自身がまさに悩んでいる最中だとしても、もしかしたら「恋愛しない人って本当にいるの!?」と、人によっては驚かれるかと思います。

筆者
筆者

信じられない方もいらっしゃるかもしれませんが、いるのです。

相談しても理解してもらえない時もあること

思い切って親友やご家族に「恋愛感情がない」「誰も好きになったことがない」等、言葉を変えて相談する方もいらっしゃると思います。

筆者
筆者

恋愛感情を抱かないことが通常運転である人、恋愛感情を抱くことが通常運転である人、お互い理解が難しい時があると察します。

恋愛感情を向けられたら辛いと感じる人がこの世にはいること

アロマンティック(=他者に対して恋愛感情を抱かない恋愛的指向)だけが、恋愛感情を向けられたら辛いと感じるわけではありません。

筆者
筆者

もし貴方が他者から恋愛感情を向けられて、嫌・辛いと感じたらアロマンティック、もしくはリスロマンティックを検索してみてください。

現在アロマンティックを自認されている方へ

SNSを時々除くと、アロマンティックに関する記述を目にします。

筆者
筆者

こんなにSNS上にはアロマンティックを自認されている方がいるとは知りませんでした。

自身が悩んでいた絶頂期に、もう少しSNSが発達していたら、情報交換・発信・共有が容易にできるようになっていたら、、、

と、今さら言っても仕方ありませんが、思った以上にSNSでアロマンティックが見つけやすい存在で驚きました。

筆者
筆者

悩んでいた最中は自分だけがおかしいと思っていたので、世の中の繋がりはすごいです。

「現在アロマンティックを自認されている方へ」では、現在アロマンティックを自認されている方に、こんな情報をお届けできたらと思っております。

  • 現在アロマンティックを自認していて、他のアロマンティックの情報が欲しい。
  • 現在アロマンティックを自認していて、他のアロマンティックが抱えている・悩んできた疑問や悩みを知りたい。

今でも(今思い返しても)理解してもらえないと思うこと

今も昔もこれからも、どんなに一生懸命伝えたとしても、理解してもらえない事はたくさんあります。アロマンティックに限ったことではありません。

筆者
筆者

そもそも無理なものは無理なので、少しでも歩み寄りや分かろうとしてくれる方を大事にする方が大切ですね。

アロマンティックである筆者だって、世の中理解できないことは多くありますし、人生お互い様なところもあります。

筆者
筆者

だから何もしない、というのも個人的にはどうなのかしら?と思ったので、アロマンティックの悩みや疑問を発信しています。

今でも(今思い返しても)悲しい・虚しいと思うこと

理解できないものは理解できないと割り切っていても、時々悲しいと感じたり、怒りを覚えたりします。

筆者
筆者

筆者は基本気にしない・諦める方に偏りがちですが、時には文句の一つや二つ言いたくなる時はあります。

将来の不安と諦め

筆者
筆者

恐らく人生最期までアロマンティックなんだろうと思い、人生を決意した、あくまでも筆者個人の考えです。

セクシャリティーは移ろうもので、今日までアロマンティックだと思っていたけど、明日好きな人ができても全く問題ありません。

アロマンティックだから孤独であり続けなければならいと思ったり、一生一人であることを決意をする必要はありません。

筆者
筆者

ただ筆者は、もう悩むのが嫌でもあったし、アロマンティックに満足している、かつ年齢も加味した結果、覚悟や決意をしています。その方が人生楽に感じる事ができたからです。

今でも恋愛感情を向けられるのは苦手で辛い

筆者
筆者

・・・今の筆者に恋愛感情を向けるような殿方はいらっしゃいませんがね・・・

リスロマンティックの可能性も考えてはみたのですが、こちらは「他者に対して恋愛感情を抱く」恋愛的指向だと書いてありましたので、筆者はリスロマンティックではないと思っています。

何度試しても恋愛感情は抱けなかったこと

筆者
筆者

自分もストレスを抱えて、更にお相手の時間も浪費させて一体何をしているのだろうと何度思った事か。。。

それでもアロマンティックと出会う前は、自分が恋愛感情を抱かない側だなんて発想は一切なく、勝手に煩わしさやストレスを抱えていました。

恋愛感情を抱く方へ

筆者
筆者

まず何より、アロマンティックについて扱っているページをご覧いただき、ありがとうございます。

恋愛感情を抱いた事がないと悩んだ事がない方が、このブログにたどり着いて、ご覧になっているということは・・・

  • 単純にご興味をもっていただけた
  • お知り合い・ご友人・大切な方・ご家族の方がアロマンティックの可能性があり、アロマンティックの情報収集を行っていらっしゃる

2つ目の可能性の方がより高いかもしれません。よろしければ是非ご参考に!なんて思いますが・・・

筆者は全てのアロマンティックの代弁者ではありません。

あくまで「こんな風に考えたり感じるアロマンティックもいるんだ」という位の気持ちでご覧いただけたらと思います。

アロマンティックとは何か?どんな人なのか?

色々ご覧いただく前に「アロマンティックって結局どういうこと?」を解決いただけたらと思います。

筆者
筆者

聞きなれない単語もあるかもしれませんが、アロマンティックについて説明しています。

また、日本特有の表現ではありますが「アセクシャル」という単語一つで「アロマンティック・アセクシャル」を指すことがあります。

好きになった人がまだ出来ていないだけ、と思うなら・・・

筆者
筆者

下記、アロマンティック(アロマンティック・アセクシャル)が言われたくない事(筆者談)です。

  • まだ運命の人に出会っていないだけだよ
  • 本当に好きになった人がまだ出来ていないだけだよ
  • 恋愛がまだ分からないだけだよ

勿論、嫌だと感じないアロマンティックもいますが、筆者は今生もう聞きたくありません。

恋愛感情を抱かないってあり得るの?と思うなら・・・

筆者
筆者

人間、恋愛感情を抱く方が大多数です。

恋愛感情が異性に向かうか、同性に向かうか、両性に向かうか、誰にでも向かうか・・・

恋愛感情が向かう先はそれぞれですが、恋愛感情がある方が世の中では、より自然であり・普通であり・当たり前であります。

恋愛感情がある!?なぜだろう・・・という悩みは、あまり聞かないと思います。

こんな世の中の状態で「恋愛感情を抱かない」「(恋愛的に)誰かを好きにならない」アロマンティックの現実味が薄れたり、理解し難いという気持ちは、

これもまた当たり前であり、当事者としては仕方ない事だと思っています。

筆者
筆者

でも、アロマンティックも間違いなくこの世に存在していると、言いたくなる時もあります。

アロマンティックである人を好きになること

筆者
筆者

どれくらいの可能性や頻度があるのはわかりませんが、アロマンティックを(恋愛的に)好きになる方もいると思います。

このブログはアロマンティックの統計をとった訳では勿論なく、筆者の経験や仕入れた知識がベースではあります。

しかし筆者は「アロマンティック」と自認していますので、いちアロマンティックの考え方・感じ方をお伝えできたらと思います。

なんでアロマンティックになったの?と思うなら・・・

筆者
筆者

アロマンティックになった原因とかあるの?と思われる方もいらっしゃると思います。

理由があって、アロマンティックだと思うようになったアロマンティックもいるとは思います。

自身の現状の気持ちと向き合って、アロマンティックであると言う方が心が楽である、と止まり木にしている方もいると思います。

間違いなく人それぞれですが、筆者としては、(あまり信じてもいませんが)どうして神様・仏様は、筆者自身にアロマンティックという指向を振り分けて、この世に生を与えたのだろう?

筆者にアロマンティックを割り当てた原因を知れたら面白いと思います。

アロマンティックは将来のことをどんな風に考えているの?

筆者
筆者

こちらの記事たちは、筆者の考え120%です。

こんな風に考えるアロマンティックがあまりいない可能性もありますので、本当にご参考まででお願いいたします。

スポンサーリンク
アセクシャルブログ
タイトルとURLをコピーしました