PR

「八坂神社」から「永観堂」への行き方

「八坂神社」から「永観堂」への行き方 京都の交通手段

このページでは「八坂神社」から「永観堂」への行き方を説明しています。

京都市内での移動手段は、京都市バスをはじめに、地下鉄やJRなど多くあります。

ただ、京都市内のバス網は、複雑怪奇を絵に描いたような複雑さ。

観光でお越しの方を迷わせたいのかと錯覚するような、バス路線が張り巡らされています。

でも、この記事を見たら大丈夫。皆さんを「八坂神社」から「永観堂」まで無事にお届けします。

「八坂神社」から「永観堂」までは、このような交通手段が使えます。

  • 京都市バス203号系統
  • 徒歩
おススメの行き方
  • 京都市バス:車内混雑が気になるけど、1番のおススメ
  • 徒歩:紅葉など、観光シーズンは徒歩が1番楽なことも…

猛暑と底冷えが厳しいとき、バス車内混雑を避けたいときは、タクシーもご検討ください!

【京都市バス】 八坂神社から永観堂への行き方 (おススメ)

【京都市バス】 八坂神社から永観堂への行き方

八坂神社から永観堂までは「京都市バス」をおススメします。

  • 経路は複雑、また混雑もしますが「京都観光の1番の足」は、京都市バス!
  • 手荷物が多い、混雑を避けたい場合は「地下鉄」を使った経路で行きましょう。

地下鉄を観光の際もご活用いただきたいのですが、京都の地下鉄は、観光に便利とは言えません。

路線上にない有名観光スポットの方が、圧倒的に多いです。

「八坂神社から永観堂」は、この地下鉄網から外れてしまいます。冒頭記載した通り「市バス」がおススメです。

八坂神社と永観堂の位置関係図

八坂神社と永観堂のおおよその位置関係は、このとおりです。

徒歩のみで行くなら、32分(2.3㎞)ほどの距離感です。

京都観光地MAP

京都市バス「八坂神社」最寄りのバス停

早速注意が必要です。同じ名前のバス停が複数あります。

市バスが複雑で、観光客の皆様が迷いやすい原因の1つ「同じ名前のバス停が複数ある」。

八坂神社の最寄りバス停位置は、こちら。

①や②のように数字をふっていますが、実際のバス停には数字はついていません。

八坂神社最寄りのバス停

八坂神社最寄りの京都市バスのバス停は「3つ」、バス停の名前は「祇園」です。

  • 大路通り・四条通りの交差点を中心に、祇園という「同じ名前のバス停が3つ」あります。
  • お乗り間違えに、ご注意ください。

乗る向きを間違えると、行きたい方向と真逆の方向へ進んでしまう可能性があるので、ご注意ください。

各バス停から出発するバスの目的地は、このとおりです。

  • ① 熊野神社・百万遍・平安神宮・銀閣寺・北大路バスターミナル行
    • 停車するバスは、31・46・86・201・202・203・206
  • ② 四条烏丸・二条城・金閣寺・千本今出川・北野天満宮・上賀茂神社・西京極行
    • 停車するバスは、12・31・46・80・201・203・58・207
  • ③ 清水寺・京都駅・東福寺・鉄道博物館行
    • 停車するバスは、86・202・206・58・207

永観堂へ行くバスは「①」バス停から出発します。

表示されるGoogleマップは、閲覧時の時間に合わせてアクセス方法が自動的に更新されます。
筆者が掲載した経路と地図の表示が異なる場合は「その他のオプション」をクリックし、別の候補を表示させてください。

京都市バス「203」号系統で永観堂へ行く

京都市バス「203」号系統は「バス停 祇園①」に停車します。

八坂神社最寄りのバス停
八坂神社から永観堂への行き方
  • 最寄りバス停
    バス停 祇園①へ移動
  • 乗車するバス
    京都市バス203号系統
    • [平日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「8」/ 最小「4」
    • [土曜・休日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「6」/ 最小「4」
  • 市バス乗車
    京都市バス203号系統に乗車
    • 降車するバス停は「東天王町」
    • 乗車時間:13分 (8駅)
  • 市バス降車
    バス停「東天王町」で降車
  • 永観堂
    永観堂まで徒歩
    • バス停から永観堂までは「8分(550m)」

ほかの市バスでは行けないの?

京都市バス「203」号系統以外の市バスでも、永観堂へ行けます。

以下のような理由で、紹介していません。

  • 乗換が必要と。
  • 所要時間が203系統よりも長い。
  • 八坂神社の最寄バス停から、乗車できない。

京都市バス203号系統は、永観堂まで1番所要時間が短く、かつ徒歩の距離も1番短いです。

永観堂まで行く市バスは「5号系統」が有名ですが、八坂神社から永観堂を目指すなら、声高に「203」をおススメします。

5号系統(祇園には停車しません)は、紅葉の季節は間違いなく車内は激混み、かつ、バス停「南禅寺・永観堂道」周辺は、大渋滞が発生します。

紅葉の時期は、203号系統も渋滞に巻き込まれますが、5号系統よりは微かにマシでしょう。

八坂神社から永観堂へ行くときは、ぜひ京都市バス「203」号系統をご利用ください。

【徒歩】八坂神社から永観堂への行き方

【徒歩】八坂神社から南禅寺への行き方

八坂神社(境内を通る)から永観堂までは「徒歩31分(2.2km)」です。

街中を歩きたい方はぜひ「徒歩」で永観堂まで行ってみてください。ただ、注意を少しだけ。

  • 京都市内の歩道は、広いところがあれば、狭いところも多いです。
  • 狭い歩道を歩く人・自転車で進む人・バスを待っている人で、がちゃがちゃしている所が多いです。
  • 特に、八坂神社周辺と永観堂周辺は、桜・紅葉の観光シーズンはじめ、恐ろしい混雑が発生するエリアです。
  • 八坂神社から永観堂へ行く道には、狭いところがあるので、歩く際は、車両にご注意ください。
  • 京都の自動車・自転車マナーは、決してよくはありません。

徒歩32分は、ためらってしまう距離かもしれません。また、気候によっては、バスを使った方がよいケースも考えられます。

体力やコンディションにあわせて、市バスをご利用ください。

地元民からの「交通・お土産情報・Tips」!!

最後に地元民からのおせっかいです。

京都の「生の声」をお伝えします。京都観光のご参考になれば、幸いです。

京都市バスの乗り方と注意点

京都市バスですが、数回触れている通り複雑です。筆者自身も迷っている方、乗り間違えた方、何度も見たことがあります。

京都市バスの乗り方や気を付けること、ちょっとした情報をこちらの記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

京都の交通情報

この記事では「八坂神社」から「永観堂」への行き方に焦点を当てていますが、京都の観光地は他にもたくさん!

観光地と観光地をつなぐ交通情報は、こちらのページにまとめています。観光の助けになれば、嬉しく思います。

各観光地のお土産情報

各観光地の「買わなくても良いお土産」と「買った方が良いお土産」の情報を掲載しているページがあります。

お土産情報が欲しい方は、ぜひご覧ください。

京都観光ツアーへの参加

文化体験やアクティビティ、さまざまな京都観光のオプションツアーは「Klook」で見つけられます!

また、京都市の有名観光スポットを周遊できる、スカイホップバスのチケットも、購入可能です。

たとえば、こんなツアーに参加したり、チケットを購入できたりします。

  • スカイホップバスの1日券と2日券の購入
  • 清水寺や金閣寺など、有名観光地を周遊するプラン
  • レンタル着物や京文化体験

Klookは、海外から日本へ観光に来る方も多く利用している、ツアー会社です。同行する人数が多いツアーでは、国際交流もできますね!

疲れた場合はタクシーを活用

天候・体調により、少しでも楽に移動したいと感じたら、無理をせずにタクシーを使うのも旅を楽しみ切るひとつです。

京都は観光地なので、タクシーの台数は比較的多いと思います。お客さん待ちのタクシーの列も珍しくはありません。

  • しかし、客待ちの列があるのは京都駅や四条通など、一定以上人が多いところだけ。
  • 場所によっては、流れるタクシーを見つけられない場所も。
  • 時間帯によっては、タクシーが流れていないエリアも。

観光に行ったその場+疲れた状態でのアプリのダウンロードは、少し面倒。

面倒ですが、タクシーを見つけられずに疲れた足でフラフラするのは、もっと大変。

一度立ち止まってアプリをダウンロードしたら、お望みの場所までタクシーが来てくれます!

ぜひ、ご利用ください。

MKタクシースマホ配車
MKタクシースマホ配車
開発元:MK.CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

京都の他の観光地への行き方はこちら

カテゴリー「京都」のトップページはこちら。観光スポットの案内や、アクティビティ、お土産情報を掲載しています。

タイトルとURLをコピーしました