PR

「金閣寺」から「八坂神社」への行き方

「金閣寺」から「八坂神社」への行き方 詳細版

こちらでは「金閣寺」から「八坂神社」への行き方を説明しています。

京都市内の移動には、こんな交通機関・手段を使うことができます。

  • バス (京都市バス・京都バス・西日本JRバス・京阪バス)
  • 京都市営地下鉄 (東西線・烏丸線)
  • JR (嵯峨野線・京都線・奈良線・湖西線・琵琶湖線)
  • 阪急 (京都線・嵐山線)
  • 京阪 (京阪本線・京津線)
  • 叡山電車 (叡山本線・鞍馬線)
  • 嵐電 (嵐山本線・北野線)

電車については路線の本数そのものは首都圏と比べると多くなく、どちらかと言うとさっぱりしているかと思います。

ただ、京都市内のバス網は複雑怪奇を絵に描いたような複雑さ。

観光でお越しの方を迷わせようとしていると錯覚するような路線が張り巡らされています。

でも、この記事を見たら大丈夫。皆さんを「金閣寺」から「八坂神社」まで無事にお届けします。

八坂神社への行き方をまとめているページはこちら

(※この記事にはプロモーションが含まれます)

【市バス+地下鉄】 金閣寺から八坂神社への行き方 (おススメ)

【市バス+地下鉄】 金閣寺から八坂神社への行き方

金閣寺から八坂神社へは「市バス+地下鉄」をおススメします。

複雑かつ時期によっては混雑が伴いますが「京都市内観光の1番の足」は京都市バスです。

しかし、手荷物が多い・なるべく混雑を避けたい場合は「地下鉄」を使って行くことをおススメします。

  • 同じ名前のバス停が近距離に複数あり、進行方向が逆向きのバスが止まるバス停から間違えて乗車したら大変になること
  • 手荷物が多い場合は地下鉄に乗車した方が、手狭になりにくいこと
  • 京都の地下鉄の路線はさっぱりしているので、地下鉄で迷うことはほぼほぼないこと
  • 地下鉄・バス1日券を持っていたら、バス同様に地下鉄も自由に乗れること

筆者も手荷物が多かったり、混雑が見込まれたりする場合は、乗換があったとしても「地下鉄」を交通手段として選択します。

ルート検索した場合「市バス+地下鉄ルート」はおススメのルートとしてあまり表示されないかもしれません。しかし、筆者はおススメします!

金閣寺と八坂神社のおおよその位置関係はこの通りです。

京都観光地MAP

京都市バス「金閣寺」最寄りのバス停

金閣寺の最寄りバス停では、早速お気を付けいただきたいことがあります。

京都市バスが複雑で分かりにくく、観光客の皆様が迷いやすいと言われる原因の1つ「同じ名前のバス停が複数ある」。

金閣寺の最寄りバス停ももれなく該当します。金閣寺の最寄りバス停位置はこちら。

①や②のように数字をふっておりますが、実際のバス停に数字が付けられている訳ではありませんので、ご注意ください。

金閣寺最寄りのバス停

金閣寺最寄りの京都市バスのバス停は「3つ」あり、バス停の名前は「金閣寺道」です。

  • 金閣寺道:西大路通り・鞍馬口通りをはさんで、金閣寺道という「同じ名前のバス停が3つ」あります。
  • バス停により、バスの行き先は異なります。お乗り間違えにはご注意ください。

ざっくりとですが、①・②・③のバス停から出発するバスの目的地を紹介します。

  • ① 立命館大学・竜安寺・御室仁和寺・山越 方面行
    • 停車するバスは「12」「59」
  • ② 北大路バスターミナル・四条河原町・三条京阪・祇園 方面行
    • 停車するバスは「12」「59」「204」「205」「M1」
  • ③ 京都駅・出町柳駅・銀閣寺・二条城 方面行
    • 停車するバスは「204」「205」「M1」

地下鉄駅へ行くバスは「③」のバス停から出発します。

  • 「バス停 金閣寺道」から地下鉄駅(西大路御池)を目指す場合は「③のバス停」から乗車してください
  • 「①と②のバス停」から地下鉄駅(西大路御池)へ行くバスはありません

では、経路を紹介してまいります!

表示されているGoogleマップは、Googleにより閲覧時の時間に合わせてアクセス方法が自動的に更新されます。

筆者が提示している経路とGoogleマップの経路が異なっていた場合、原因は自動更新によるものです。

筆者が提示している経路と地図の表示が異なる際は「その他のオプション」をクリックし、別の候補を表示させてください。

市バス+地下鉄で金閣寺から八坂神社へ行く

まずは「バス停 金閣寺道③」から「地下鉄 西大路御池駅」を目指します。

金閣寺最寄りのバス停
金閣寺から八坂神社への行き方
  • 最寄りバス停
    バス停 金閣寺道③へ移動
  • 乗車するバス
    京都市バス205号系統
    • [平日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「10」/ 最小「6」
    • [土曜・休日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「7」/ 最小「5」

    運行本数が多いバスですが、恒常的な混雑が発生している路線です。
    降車するバス停まで混雑している可能性が高いので、可能なら車内前方で立つことをおススメします。

  • 市バス乗車
    京都市バス205号系統に乗車
    • 降車するバス停は「西大路御池」
    • 乗車時間:13分 (8駅)
  • 市バス降車
    バス停「西大路御池」で降車
  • 地下鉄へ移動
    地下鉄東西線 西大路御池駅へ移動
    • バス停から西大路御池の出入口までは「1分(72m)」
    • バス停近くに地下鉄の出入口があります(エレベーター有・エスカレーター無)
  • 乗車する地下鉄
    地下鉄東西線 西大路御池
    • [平日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「13」/ 最小「11」
    • [土曜・休日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「12」/ 最小「10」
  • 地下鉄乗車
    地下鉄東西線 (烏丸御池・六地蔵方面)に乗車
    • 降車する駅は「東山」
    • 乗車時間:11分 (6駅)
    • 4両編成の電車が入ってくる場合がありますが、乗車しても大丈夫です
  • 地下鉄降車
    地下鉄東西線 「東山駅」で降車
  • 八坂神社
    八坂神社まで徒歩
    • 地下鉄駅から八坂神社までは「11分(850m)」

【京都市バス】 金閣寺から八坂神社への行き方

【京都市バス】 金閣寺から八坂神社への行き方

金閣寺から八坂神社までは「市バス+地下鉄」が1番のおススメに変わりはありませんが「京都市バスのみ」で行く経路もあります。

街並みをご覧になりたい方もいらっしゃると思いますので、金閣寺から八坂神社まで市バスのみで行くルートも紹介いたします。

改めまして、金閣寺と八坂神社のおおよその位置関係はこの通りです。

京都観光地MAP

京都市バス「金閣寺」最寄りのバス停

金閣寺の最寄りバス停では、早速お気を付けいただきたいことがあります。

京都市バスが複雑で分かりにくく、観光客の皆様が迷いやすいと言われる原因の1つ「同じ名前のバス停が複数ある」。

金閣寺の最寄りバス停ももれなく該当します。金閣寺の最寄りバス停位置はこちら。

①や②のように数字をふっておりますが、実際のバス停に数字が付けられている訳ではありませんので、ご注意ください。

金閣寺最寄りのバス停

金閣寺最寄りの京都市バスのバス停は「3つ」あり、バス停の名前は「金閣寺道」です。

  • 金閣寺道:西大路通り・鞍馬口通りをはさんで、金閣寺道という「同じ名前のバス停が3つ」あります。
  • バス停により、バスの行き先は異なります。お乗り間違えにはご注意ください。

ざっくりとですが、①・②・③のバス停から出発するバスの目的地を紹介します。

  • ① 立命館大学・竜安寺・御室仁和寺・山越 方面行
    • 停車するバスは「12」「59」
  • ② 北大路バスターミナル・四条河原町・三条京阪・祇園 方面行
    • 停車するバスは「12」「59」「204」「205」「M1」
  • ③ 京都駅・出町柳駅・銀閣寺・二条城 方面行
    • 停車するバスは「204」「205」「M1」

八坂神社へ行くバスは「②」のバス停から出発します。

  • 「バス停 金閣寺道」から八坂神社を目指す場合は「②のバス停」から乗車してください
  • 「①と③のバス停」から八坂神社へ行くバスはありません

では、バス停からの経路を紹介します!

表示されているGoogleマップは、Googleにより閲覧時の時間に合わせてアクセス方法が自動的に更新されます。

筆者が提示している経路とGoogleマップの経路が異なっていた場合、原因は自動更新によるものです。

筆者が提示している経路と地図の表示が異なる際は「その他のオプション」をクリックし、別の候補を表示させてください。

京都市バス「59」号系統で八坂神社へ行く

京都市バス「59」号系統は「バス停 金閣寺道②」に停車します。

金閣寺最寄りのバス停
金閣寺から八坂神社への行き方
  • 最寄りバス停
    バス停 金閣寺道②へ移動
  • 乗車するバス
    京都市バス59号系統
    • [平日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「4」/ 最小「3」
    • [土曜・休日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「4」/ 最小「3」
  • 市バス乗車
    京都市バス59号系統に乗車
    • 降車するバス停は「四条京阪前」
    • 乗車時間:35分 (19駅)
  • 市バス降車
    バス停「四条京阪前」で降車
  • 八坂神社
    八坂神社まで徒歩
    • バス停から八坂神社までは「9分(700m)」

京都市バス「12」号系統で八坂神社へ行く

京都市バス「12」号系統は「バス停 金閣寺道②」に停車します。

金閣寺最寄りのバス停
金閣寺から八坂神社への行き方
  • 最寄りバス停
    バス停 金閣寺道②へ移動
  • 乗車するバス
    京都市バス12号系統
    • [平日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「5」/ 最小「3」
    • [土曜・休日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「4」/ 最小「4」
  • 市バス乗車
    京都市バス12号系統に乗車
    • 降車するバス停は「四条京阪前」
    • 乗車時間:40分 (25駅)
    • 12号系統は八坂神社の最寄バス停 祇園に停車しますが、停車前に大きく迂回します。四条京阪前で降車ください。
  • 市バス降車
    バス停「四条京阪前」で降車
  • 八坂神社
    八坂神社まで徒歩
    • バス停から八坂神社までは「9分(700m)」

京都市バス「205」号系統で八坂神社へ行く

京都市バ「205」号系統は「バス停 金閣寺道②」に停車します。

金閣寺最寄りのバス停
金閣寺から八坂神社への行き方
  • 最寄りバス停
    バス停 金閣寺道②へ移動
  • 乗車するバス
    京都市バス205号系統
    • [平日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「11」/ 最小「7」
    • [土曜・休日 8時~16時]
      1時間当たりの運行本数:最大「8」/ 最小「7」
  • 市バス乗車
    京都市バス205号系統に乗車
    • 降車するバス停は「四条河原町」
    • 乗車時間:40分 (25駅)
    • 北大路バスターミナル止まりのバスには乗らないようお気を付けください
  • 市バス降車
    バス停「四条河原町」で降車
  • 八坂神社
    八坂神社まで徒歩
    • バス停から八坂神社までは「12分(900m)」

【京都市バス】 金閣寺から八坂神社への行き方 比較

金閣寺から八坂神社までは京都市バス「59」「12」「205」で行くことができます。
筆者はバスで行くなら「59か12号系統」を交通手段としておススメします。

  • 京都市バス59号系統
    • 八坂神社近くのバス停まで「35分 (19駅)」、バス停から八坂神社まで「9分(700m)」
    • 1時間当たりの運行本数(平日 8時~16時)は最大「4」/ 最小「3」
    • 1時間当たりの運行本数(土曜・休日 8時~16時)は最大「4」/ 最小「3」
  • 京都市バス12号系統
    • 八坂神社近くのバス停まで「40分 (25駅)」、バス停から八坂神社まで「9分(700m)
    • 1時間当たりの運行本数(平日 8時~16時)は最大「5」/ 最小「3」
    • 1時間当たりの運行本数(土曜・休日 8時~16時)は最大「4」/ 最小「4」
  • 京都市バス205号系統
    • 八坂神社近くのバス停まで「40分 (25駅)」、バス停から八坂神社まで「12分(900m)」
    • 1時間当たりの運行本数(平日 8時~16時)は最大「11」/ 最小「7」
    • 1時間当たりの運行本数(土曜・休日 8時~16時)は最大「8」/ 最小「7」
    • 停車するバス停から八坂神社までの距離は59・12系統よりも遠い

筆者が「59か12号系統」をおススメする理由はこちら。

  • 1時間当たりの運行本数は205が一番多いが、歩く距離が59・12よりも長いこと
  • 観光シーズン以外でも四条河原町から祇園周辺は混みあっていることが多く、歩きにくいエリアであること

59と12をすすめる理由より、205をすすめない理由になっていますが、もしバスで金閣寺から八坂神社まで行くのなら、59か12をおススメします。

と言いましても、59は大抵ひどく渋滞している河原町通を、12号系統は大体ひどく渋滞している四条通を通ります。

筆者としては「市バス+地下鉄ルート」がやはりおススメです。

「市バス+地下鉄」or「市バス」どちらがおススメ?

答えは既に書いてしまっておりますが、簡単に比べてみましょう。

  • 市バス+地下鉄ルート
    • バス停まで徒歩「3分」+バス乗車時間「13分」+地下鉄駅まで徒歩「1分(構内の移動時間・乗換待ちを含まない)」+地下鉄乗車時間「11分」+八坂神社まで徒歩「9分」=八坂神社まで「37分」
    • 市バスの1時間当たりの運行本数(平日 8時~16時)は最大「10」/ 最小「6」
    • 市バスの1時間当たりの運行本数(土曜・休日 8時~16時)は最大「7」/ 最小「5」
    • 地下鉄の1時間当たりの運行本数(平日 8時~16時)は最大「13」/ 最小「11」
    • 地下鉄の1時間当たりの運行本数(土曜・休日 8時~16時)は最大「12」/ 最小「10」
    • 市バスから地下鉄への乗換あり
  • 市バスルート (1番早いルート)
    • バス停まで徒歩「3分」+市バス乗車時間「35分」+八坂神社まで徒歩「9分」=八坂神社まで「47分」
    • 1時間当たりの運行本数(平日 8時~16時)は最大「4」/ 最小「3」
    • 1時間当たりの運行本数(土曜・休日 8時~16時)は最大「4」/ 最小「3」
    • 乗り換えなし

筆者が「市バス+地下鉄」のルートをおススメする理由は・・・

  • 地下鉄は市バスほど車内が混雑しない
  • 車内が混みあう時もあるが、混雑を理由に乗車できないお客さんの長蛇の列は地下鉄にはそうそうできない
  • 地下鉄は定刻通りに運行するが、バスは定刻通りには運行しないことが多い(観光シーズンは特に)

金閣寺から八坂神社までの1番のおススメは「市バス+地下鉄」ルートです。

【スカイホップバス】 金閣寺から八坂神社への行き方

京都市バス以外のバス交通手段を紹介するのなら「スカイホップバス」をおススメします。

バスはバスでも路線バスとは毛色が違いますが、この「スカイホップバス」を使っても金閣寺から八坂神社まで行くことが可能です。

スカイホップバスを使ったとしても、筆者おススメの「金閣寺から八坂神社までの行き方」は「市バス+地下鉄」であることには変わりありません。

では、スカイホップバスとは?について説明いたしますね。

乗り降り自由 屋根も時間も開放的

ホップオンホップオフバスは、乗り降り自由のバスツアーコースです。

コース上のバス停なら何度でも乗り降りでき、観光プラ ンを自由に計画できます。デッキから車窓観光を楽しみ、目的地の近くまで来たら一時下車して、再度乗車OK。

見どころたっぷりの京都をバスで快適にめぐりながら、気になる観光地はバスから降りて歩いて散策。お好みのペースで観光を楽しめます。

京都市内で生活していると、スカイホップバスばよく目にします。赤い車体の2階建てのバスが良く目立ちます。

個人的には「海外からお越しの観光客の皆さん」が良く乗車されている感覚がありますが、多言語対応の音声ガイダンスがあるからかもしれません。

スカイホップバスの価格

スカイホップバスの価格は京都市バスより高価です。

大人子供
当日券(1日券)3,500円1,750円
2日券5,000円2,500円

かなり高額に見えますが、スカイホップバスにしかない楽さはあるかと思います。

  • 自由に乗車・下車できること1日券を買えば、その日は乗り放題
  • 運行ルートは有名観光地を通ること=自分でバス経路を調べる必要はないこと

京都の複雑なバス路線を避けたい方や、調べることが少々億劫な方に重宝する乗り物です。

スカイホップバスの運行ルート

おおよその運行ルートはこの通りです。(距離・詳細な経路は正確ではない箇所があります)

スカイホップバスの運行ルート

スカイホップバスが停車するバス停は14か所あり、⑤の二条駅が現在休止中となっています。

運行ルートをご覧頂いたらわかるのが、スカイホップバスに乗車したら多くの有名観光地、もしくは観光地近くまで連れて行ってくれます。

お値段はなかなかですが、乗車される方が多くいらっしゃるのも良くわかります。

スカイホップバスの運行時間

スカイホップバスの時刻表ですが、観光地の営業終了時間に合わせてか最終バスは早めです。

始発は「9時台」、最終は「18時台」です。夜間の運行がないのは記載した通り、観光地間を結ぶバスだからでしょう。

寺社仏閣が閉門する時間帯を意識してスカイホップバスも運行されていることが伺えます。

詳しい時刻表はスカイホップバスのHPをご確認ください。

金閣寺から八坂神社への行き方

スカイホップバスには金閣寺バス停があり、祇園にもバス停があります。

金閣寺最寄りのスカイホップバス バス停はこちら。

祇園のスカイホップバス停はこちら。八坂神社にほど近い場所にあります。

スカイホップバス バス停から八坂神社までは「徒歩4分(250m)」です。八坂神社の入り口まではもっと近いですよ。

【スカイホップバス】 金閣寺から八坂神社への行き方 まとめ

京都観光をするうえで、こんなことが気にかかるのならスカイホップバスをお使いください!

  • 京都のバス経路は複雑だと聞いている。調べもの少し大変だし調べものはなるべく少なくしたい。
  • 京都のバス経路は複雑だと聞いている。乗るバスを間違えたくない。
  • 価格は市バスより高いが、オープントップバスに乗って爽やかな風に当たって移動も楽しみたい。
  • 音声ガイドがついてくるので、案内を聞きながらバスに乗りたい。

確かに京都のバス経路は非常に混みあっていると筆者でも思います。同じ名前のバス停が複数あるのも複雑を際立たせる原因かとも感じているところです。

市バスは少し大変そう・・・と思う方は、ぜひ「スカイホップバス」をご利用ください!

【市バスとスカイホップバス】メリット・デメリット

【市バスとスカイホップバス】メリット・デメリット

地下鉄ではなく「バスのみ」にこだわって「金閣寺から八坂神社」まで行く場合の、筆者が思う京都市バスとスカイホップバスのメリットデメリットを紹介します!

筆者が思う「京都市バスのメリット」はこちら!

  • 料金の安さ。均一料金区間は「230円」。
  • 地下鉄・バスの1日券「1,100円」を購入すると、バス(市バス以外のバス会社も含む)と地下鉄が乗り放題。
  • 路線が張り巡らされているので、どこへ行くにも便利。

筆者が思う「京都市バスのデメリット」はこちら!

  • 路線が張り巡らせている=路線が複雑。同じ名前のバス停も多く、迷いやすい。
  • 観光シーズンは酷い混雑が発生して、バスに乗り込めない。そして、それは珍しいことではない。
  • 観光シーズンは歩いた方が早い時が多々ある。

筆者が思う「スカイホップバスのメリット」はこちら!

  • 運行ルートが決まっているので、行きたい観光地がそのルート上だったら、バスに乗り込むだけで良い。
  • 必ず席に座ることができる。
  • オープントップバス・2階建てバスなので、目線も高く気候が良いととても気持ち良い。

筆者が思う「スカイホップバスのデメリット」はこちら!

  • 価格のハードルが高め。大人は3,500円・子供は1,750円。
  • 雨天・猛暑・寒さなど、天候により乗り心地が大いに異なる。
  • 行きたい観光地によっては遠回り(スカイホップバスは一方通行のバス)になり、到着までに時間がかかる場合がある。
  • 必ず席に座れる=立ち席がない。満席の場合は次のバスを待つことになる。

それぞれのメリット・デメリットを並べてみましたが、金閣寺から八坂神社へバスで行く場合、皆さんどちらが良いと思われますか?

筆者は「京都市バス」を選択します。

スカイホップバスもメリットは十二分にありますし、スカイホップバスに魅力を感じて乗車する方も多くいらっしゃいます。

市バスの乗り心地が好きな方もいらっしゃると思いますが、観光バスのゆったりとした急かされない雰囲気や空間づくりが良いと思われる方もいらっしゃるでしょう。

ただ筆者ならば「価格」「運行ルートの柔軟さ」「運行本数の多さ」を優先し「京都市バス」を利用します。

筆者は市バスに軍配を上げましたが、ご年齢・体調・お連れの方のコンディション・バス移動求めること、これらに合わせて「市バス」か「スカイホップバス」を選んで頂けたらと思います。

地元民からの市バス・スカイホップバスTips!!

最後に地元民からのおせっかいです。

①京都市バスの乗り方・注意点・ちょっとした情報

京都市バスですが、この記事で数回触れている通り複雑です。筆者自身も迷っている方、乗り間違えた方、何度も見たことがあります。

京都市バスの乗り方や気を付けること、ちょっとした情報をこちらの記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

②他の観光地と観光地をつなぐ交通情報

この記事では「金閣寺」から「八坂神社」への行き方に焦点を当てていますが、京都の観光地は他にもたくさん!

観光地と観光地をつなぐ交通情報はこちらのページにまとめていますので、観光の助けになれば嬉しく思います。

③金閣寺のお土産情報

各観光地の「買わなくても良いお土産」と「買った方が良いお土産」の情報を掲載しているページがありますので、お土産情報が欲しい方はぜひご覧ください。

ちなみに、金閣寺のお土産情報はこちらです。

④スカイホップバスのチケット購入について

スカイホップバスのチケットは公式HPでも購入することができますが、ここでは「Veltra(現地オプションツアー会社)」が提供しているツアーを紹介いたします!

  • 通常のスカイホップバスの1日券と2日券の購入ができます。
  • お値段が一気に優しくなった、車窓観光(1周60分)プランも購入できます。

車窓観光はまさしくバスから見ることになりますが、その時間は60分。

ぐるりと京都の有名観光地を回ったうえで、その後は自由にご自身の観光を楽しむことができます。

今回の旅行では周れない観光地や外観だけでも見たい観光地に行くこともできますし、足休めをしながら観光できるプランでもあります。

車窓観光なので、お値段も控えめなのが嬉しいところです。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

移動に疲れた場合はタクシーのご利用も

天候・体調により、少しでも楽に移動したいと感じたら、無理をせずにタクシーを使うのも旅を楽しみ切るひとつです。

京都は観光地ですので、タクシーの台数は比較的多いと思います。お客さん待ちのタクシーの列も珍しくはありません。

  • しかし、このような列があるのは京都駅や四条通など、一定以上人が多いところだけ。
  • 場所によっては、待てど暮らせど流れているタクシーを見つけられない場所も。
  • 時間帯によっても、タクシーそのものが流れていないエリアも。

観光に行ったその場+疲れた状態でのアプリのダウンロードは少し面倒なものです。

面倒ですが、タクシーを見つけられずに疲れた足でフラフラするのは、もっと大変。

一度立ち止まってアプリをダウンロードしたら、お望みの場所までタクシーが来てくれます!

MKタクシースマホ配車
MKタクシースマホ配車
開発元:MK.CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

カテゴリー「京都」のトップページはこちら

タイトルとURLをコピーしました