アセクシャルがどうしてもできない事 – 恋愛感情を受け入れてあげられない

アセクシャルがどうしてもできない事 - 恋愛感情を受け入れてあげられない あるある

こちらの記事には要点をまとめた記事が別にあります。まず要点のみをご覧になりたい方は、こちらからご覧ください。

さて、この記事は筆者がネットで見かけた、とある記事に「アセクシャルの特徴」として挙げられていた幾つかの「特徴」についての、筆者の思いのたけを書いています。

筆者
筆者

この記事は筆者の思いのたけの4番目で最後の記事、前に3つほど叫んでおります。

一つ目の記事「アセクシャルの特徴=過去の恋愛で嫌な目にあった」については、うーん共感はできない。

二つ目の記事「アセクシャルの特徴=趣味に夢中になっている」についても、共感は難しい。

三番目の記事「アセクシャルの特徴=恋愛ものを見ても何も感じない」については、もれなく共感。

筆者
筆者

最初の2記事はツッコミを入れたくなる気持ち、なんとなくお分かりいただけますでしょうか。

ではアセクシャルの特徴として、続いて何が挙げられていたのか?

何かと言いますと「他者からの恋愛感情を受け入れてあげられない」でございます。

  • アロマンティック・アセクシャルの特徴の一つには「他者からの恋愛感情を受け入れてあげられない」というものがある?
  • アロマンティック・アセクシャルは他者からの恋愛感情を受け入れてあげられないの?

「他者からの恋愛感情を受け入れてあげられない」について筆者はどんな風に思ったのか、書いて参ります。

大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ お知り合いがアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます カミングアウト/相談を受けた方へ

アセクシャルの特徴「恋愛感情を受け入れてあげられない」!?

まずは本能的に無理

では早速ですが、とある記事にアセクシャルの特徴の一つとして、他に挙げられていたのは「他者からの恋愛感情を受け入れてあげられない」

今回は「他者からの恋愛感情を受け入れてあげられない」に焦点を当てて書き綴って参りたいと思いますが、

さてさてと本文を書いていく前に、誤解を生まないためにアロマンティック・アセクシャルの概要をお知らせします

アロマンティック・アセクシャル(=日本ではよくアセクシャルと表現)とは、「他者に対して恋愛感情を抱かない」+「他者へ性的に惹かれない」方々のことです。

アロマンティック・アセクシャルとはどんな人のこと?については、こちらの記事でまとめておりますので、ご覧くださいませ。

では「他者からの恋愛感情を受け入れてあげられない」についての筆者の感想は・・・

筆者
筆者

あーーーん、その通りなのよーーーん!!わかってらっしゃるーーー

勿論、筆者はアロマンティック・アセクシャル代表でもなんでもないのですが「他者からの恋愛感情を受け入れてあげられない」という状態については、個人的に深く共感できます

筆者
筆者

ほんと、それよ。それ。わかりみが深くて、溜息すら出ます。共感と賛同しかない。

あくまで筆者の感覚が大半を占めるところですが、少しずつ考察したいと思います。

筆者の殿方とのお付き合いについて

アセクシャルって、恋愛感情ないんでしょ。それなのにお付き合いしたことあるの?

筆者
筆者

自身がアロマンティック・アセクシャルだと気付く前は、告白されたりして複数名の男性とお付き合いした経験があります。

筆者
筆者

でも恋愛感情があった訳ではありません。むしろないと言うべきです。

アロマンティック・アセクシャル自認前であっても、そもそもアロマンティック・アセクシャルの気質を伴っているだろうから、

筆者は誰かとお付き合いしたことないのでは?と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。

恐らく、一度もお付き合いした経験がないアロマンティック・アセクシャルの方もいるでしょう。

筆者
筆者

しかしこんな筆者ですが、次こそは人を好きになれるのではないかと、殿方とお付き合いした経験や、ありがたくも告白いただいてお付き合いした経験がございます。

アロマンティック・アセクシャル自認前のお付き合いの経験もあれば、お付き合いしている最中に自認してしまい、その時の殿方が最後の殿方でした、なんて経験があります。

いやだからって、アロマンティック・アセクシャルなのに彼氏いたってどういうこと?それは本当に付き合っていたの?

本当に好き同士で付き合っていたの?最初は好きではなくても、徐々に恋愛感情が生れてきて結果好き同士になったの?

こんな風に疑問に思われるのも当然だと思います。多分、お付き合いとは通常このようなものなのでしょう。

筆者
筆者

しかし、お相手の男性は知る由もなかったと思いますが、世の中のお付き合いとは違ったと思います。

  • 殿方から告白を受けてお付き合いを開始し、かつ彼氏/彼女として周囲から思われていたので、はたから見てお付き合いしている状態だったのかなとは思います。
  • しかし、筆者の恋愛感情が伴ったことは一切ありませんでした。到底、恋愛関係とは言えないものです。
  • でも自認前は、今度こそ人を好きになれるのではないかと、恋愛感情も何もないのにお付き合いをしていました。
  • 「良い人」という感情がいつか「好き」という感情に発展してくれるのではと期待していました。(期待は全て実りませんでした)
  • お付き合いしてくださった方を信頼していて、大事にすべき存在とは認識していたつもりです。

恋愛感情が筆者から生まれた事はありませんしお付き合い言ってはいけないのかもしれませんが、筆者もお付き合いしたことはあるのです。

(筆者に振り回された殿方には、本当に貴重な時間を奪ってしまい申し訳ないことをしたと思っています)

恋愛感情を受け入れてあげられない理由

筆者とお付き合いくださった殿方は、好きという恋愛感情を筆者に向けてくれていたと思います。

ではなぜ筆者は、他者からの恋愛感情を受け入れられないのか?受け入れられなかったのか、早速ですが、筆者はこんな結論に達しました。

筆者
筆者

こんな風に自身を説明した、納得した、理由づけたと言った方が適格かもしれません。

なぜ他者からの恋愛感情を受け入れてあげられないのか?

  • 同じ分量・同じ質の気持ちを、お返しできないから
  • 嘘をついて恋愛感情を受け入れたら、筆者は相手の行為/発言を許容しなければならないから
  • 嘘をついて受け入れるくらいなら、さよならでOKと思うくらい自己防衛を優先していたから

こんなことが受け入れられない理由なのかなと思いますが、なんとも自分勝手な理由をならべています。

筆者
筆者

皆、きっかけは人それぞれだが、好きな人ができて、お付き合いしている。
それがおおよその流れだと筆者も知っていますが、なぜか筆者はその流れに乗ることができない。

筆者
筆者

ならば、お付き合いしていくうちに好きになれたら・・・

好きでもないのに付き合うな、これが正論ですが、今度こそ人を恋愛的に好きになれるかもと、もがいていた時期も長くありました

筆者
筆者

まずは、恋愛感情を受け入れられない理由を3つ挙げました。

3つ目の「さよならでOKと思うくらい自己防衛を優先していたから」は、

自分が恋愛感情を受け入れて、様々なスキンシップや気持ちのやり取りする事を我慢するくらいなら、別れないと自身のストレスが膨大だから、別れる。

そのままですので割愛いたしますが、一つ目と二つ目について少し話してみます。

同じ分量、同じ質の気持ちで、お返しできないから

同じ種類の感情を同じ分だけ返せない

他者からの恋愛感情を受け入れてあげられない。なぜなら、そっくりそのまま同じ分量で同じ質の気持ちを伴ってお返しできないから。

どんなにお相手が筆者に対して好意(=恋愛感情)を抱きながら大事にしてくれたとしても、筆者は同じだけの気持ちを返すことができません。

こんなに大事にしてくれると分かっているのに、筆者は何一つ気持ちが伴わない。

上辺だけの何の意味を持たない言葉を返すだけ。

筆者
筆者

大事にしてくれていると認識しているだけに、何も返せないのがしんどい。

大事にしてくれるほど、申し訳ない気持ちが勝手に自身の中で育っていきます。

そして、最終的には申し訳なさから「お返ししなければ、でもできない。どうしたら・・・」と一人頭の中で大相撲です。

そうは言いながらも、どうしても恋愛を伴う感情を受け入れられないし、受け入れるわけにもいかないと本能的が先に拒否反応を示すのが筆者の現実です。

嘘ついて受け入れる=今後も受け入れる必要があるから

相手の好きを受け入れた先が耐えられない

文章にすると意味不明になりそうですが、言いたい内容としてはこんな事です。

殿方
殿方

好きだよ。

筆者
筆者

え、何でそんな事言うの?私も好きって言わないといけなくなる・・・でも、私の好きはあなたの好きとは違う。

筆者
筆者

あなたは知らないでしょうけど、私はわかっている。えー好きって言いたくない、言ったらこの後ハグとかするの?それは嫌。

筆者
筆者

ありがとう。

結果、「ありがとう」とだけ返事。(※お付き合い最中の話)「は?何言ってんだコイツ」と言われてしまいそうです。

でもお相手からの「好きだよ」に対して「私も好き」とたったこの一言、たったこの短い言葉さえまともに返すことができません。

なぜなら「好きだよ」たったこの一言に筆者は戦慄して考えを巡らせてしまうからです。

筆者
筆者

どこまで想像してるの?(笑)想像力が豊か(笑)と言われたら、恥ずかしながら、おっしゃる通りとしか言えません。

是が非でも避けなければならない未来だけに、自分の不用意な一言が巻き起こすであろう未来の後悔の芽を最初から摘んでおかないといけません。

  • 自分が恋愛感情を抱いて好いている訳ではないのに、お付き合いしている申し訳なさ、罪悪感が常に存在している前提がある。
  • そして嘘をつくと、お相手と同じ好きのレベルに立つことになる。(同じ好きの質・分量を私も持っていますよと言うのと同じ意味)
  • 嘘をついたとしても、好きと言ったのだから、本来ならお相手が何かしようと手を伸ばして来ても受け入れるのが自然の流れなのだろう。だって私も好きだと言ってしまったから。
  • だから相手があまり傷つかないように、最初からうまく避けなければならない。
  • ああ、憂鬱だ。

筆者を好いてお付き合いいただいている殿方への、失礼極まりない発言群です。

本当に失礼だと自覚しているので、辛抱たまらずにお別れを切り出し、謝罪する。別れるより、恋人関係でいる方がつらい。

筆者
筆者

更に嫌なことを言うなら、筆者自身には別れる事で何もダメージは発生しません。
逆にストレスが解消されるので、別れは良い事に分類される可能性すらあります。

お相手の時間を奪い、気持ちを台無しにしても、嘘をついて受け入れるくらいなら、さよならしたいという気持ちは間違いなく常に筆者の中にありました。

まとめ

今回は0ツッコミでございましたが、自身へのツッコミ多数でございます。

筆者
筆者

いや本当に失礼なこととは理解しているのです。それでも、誰かを好きになりたい/なれるのではという可能性に当時はしがみついていました。

まさか自身が恋愛感情を抱けない人とは思わなかったのです。気づけるだけの情報もその当時はありませんでした。

  • アロマンティック・アセクシャルの特徴の一つには「他者からの恋愛感情を受け入れてあげられない」というものがある?
  • アロマンティック・アセクシャルは他者からの恋愛感情を受け入れてあげられないの?
筆者
筆者

筆者について言えば、他者らの恋愛感情を受け入れる事はできません。

アロマンティック・アセクシャルは恋愛感情を受け入れられないの?と聞かれたら「筆者については、はい」と言います。

筆者
筆者

また、特徴と言われたとして違和感はありません。

筆者
筆者

また、特徴と言われたとして違和感はありません。

  • 他のアロマンティック・アセクシャルの方については、恋愛感情を伴った好きを返せない事に負い目を感じるが、どうしても本能として/感覚として、受け入れがたいと感じる方もいるでしょう。
  • 自身にはない感情を受け入れるのは、そもそも難しい。好きの認識の齟齬があった場合、お互いを傷つけかねないから、と感じる方もいるでしょう。

恋愛感情を受け入れられるとおっしゃる方もいるとは思います。人それぞれです。

それぞれとは思いますが、お相手は納得までいかなくても「それで良い」と思ってくれるのか、二人で妥協点というと言い方はネガティブですが、感情を落ち着けられる場所を見つけて良い関係を築いているのか・・・お二人が良いと思っているなら勿論良いのです。

どうしても、恋愛感情を受け入れがたい筆者は負い目を強く感じるので、そんな相手を見つけられて、そのように二人で思う事ができて、少し羨ましく思います。

さて、他者からの恋愛感情なぜに受け入れられないかと言うと・・・

  • 好きと言われても、同じ質の感情や気持ちを伴わせて、相手と同じ量で好きと返してあげられないから。
  • もし、筆者も好きと嘘をついた場合、筆者が発した「好き」という言葉が生む彼氏の行動、例えばスキンシップなど、これらを継続的に受け入れなければならないから。
  • 受け入れるにしても膨大なストレスと闘いながらの我慢、もしくは最初から上手にかわさなければいけない。
  • その結果、嘘をついて筆者自身のしんどさが増すのなら、別れた方が楽と思うくらいの気持ちがとても大きい。自己防衛の方が当たり前のように優先される。

アロマンティック・アセクシャルの特徴としての「他者からの恋愛感情をあげられない」、こちらへの共感120%、過去の筆者の行いへの申し訳なさ測定不能・・・

お相手も傷つけることは勿論、自身の性質を偽るストレスが恐ろしいほど大きいくせに、まだまだ希望を捨てられなかった、若かりし頃の筆者です。

念のため、アロマンティック・アセクシャルが付き合ってはいけないと、発言している記事ではありません。

アロマンティック・アセクシャルのお付き合いは、お相手の理解と許容・当事者の歩み寄りと許容、それぞれが非常に必要になると察しますが、否定しているものではありません。

大事な人がアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます 彼氏/彼女/パートナーに不安や疑問を感じている方へ お知り合いがアセクシャルかも?お悩み一緒に考えます カミングアウト/相談を受けた方へ
タイトルとURLをコピーしました