LGBTのIとかQとか必要なの!? – アセクシャルの認知度と理解度の低さ

LGBTのIとかQとか必要なの-アセクシャルの認知度と理解度の低さ 悩みや疑問

認知度の低さについて一番心に「ごふぅ・・・」ときた記事は「アセクシャルって人生つまらない!?」でございますかね。

アセクシャルを自認されている方は筆者を含め、「アセクシャルは人生つまらない」なんて言われたら、「なんだってー!?」と思われる方が多いと思います。

筆者は激しい怒りの感情こそなかったのですが、悲しさやらモヤモヤするやら、その発言を聞いた際は色々考えされられました。

今回の記事でも、筆者は切ないやら、やっぱり悲しいやら感情が色々動きます。

前回と少し違う事と言ったら、今回は「何てこと言ってくれてるんだい」という一定以上怒りも発生したことでしょうか。

筆者が少しでも不快・怒りの感情を覚えた原因は何かと言いますと・・・

どこぞのどなたかが、おっしゃっていたのです。「LGBTのIとかQとか必要なの?」と。

(これまた媒体は忘れました、すみません。)

この発言について、アロマンティック・アセクシャルを自認している筆者がどのような意見を持ったのか、なんでこんな発言をされたのか、考えていきたいと思います。

「LGBTのIとかQとか必要なの?」発言の内容

その質問は予期していなかった

この発言を聞いてしまった時、筆者は「悲しい」・「この人なにもわかっていない」・「この人、この発言だけでどれだけの人を不快にさせたんだろう」・「腹立たしい」等、主にネガティブな方向の感情が噴き出ました。

筆者
筆者

筆者の思いをお話する前に、この発言の内容をお伝えしますね。

筆者
筆者

なんか嫌だー悪意なくこんな事言われるのー泣きたくなります。

笑顔で、そこまでふざけているようには見えず(若干の笑いを取りたい感じは有)、悪意なく、いらないでしょ?というご自身の意見をただ言っただけ、筆者が受けた印象はこんな感じです。

ここだけなら、人生つまらないの発言をされた方も「悪気もなく、陥れる意図も一切なく、ただただ自身の感想を言っただけ」で同じなのですよね。

何が今回は異なったのか、お話して参ります。

話していた方々の様子

言わずもがな、LGBTに関連したトークをされていたのです。登場されていた方々や様子はこの通りです。

筆者
筆者

話題にするくせに、なんか早く忘れたくもあり記憶が曖昧です。すみません。

  • お話されていた方々のご年齢は20代後半(当時)~30代半ばくらいの、比較的若めの年代
  • LGBTについて、どのようにご自身が思っているかお話していた
  • Lについて話す、Gについて話すといった感じではなく、ふわっと全体的な話をしていた
  • 笑いを取り入れながら話していた(聞いていて嫌だなと感じる類の笑いではありませんでした)
  • 軽快に話をして、思っていることを話している感じ
  • みなさんLGBTではないようです

問題の発言を聞いてしまうまでの、筆者の感想としては・・・

  • 個人的にはどこまで本気でおっしゃっているかわからないし、どこまで知識をお持ちなのかはわかりませんでした・・・あまりないかな?
  • また、真剣な議論というより友達で集まって話してみたくらいのノリで、ネタではないのはわかりましたが、内容があるのかと言われたら疑問符がつくところ。
  • でも、話していること自体は別に良いのでは?何か問題ありますかな?と思っているくらいです。

筆者も何か知りたくて真剣に見て/聞いていたわけではありませんので、お互い様です。

唐突に発せられた「LGBTのIとかQとか必要なの?」

何か友達で集まってLGBTについてふんわりと話していただけのはずが、、、と言ってもご本人達は引き続き、ふんわり話していただけなのでしょう。

しかしながら突然、お一人から発せられた言葉「LGBTのIとかQとか必要なの?」

ぐっとこらえて、その後どのようにご発言されたかお話します。(ご発言の内容は勿論、一言一句正確なものではありません。)

LGBTのIとかQとか必要なの?てか、どんどん長くなっていって、何がなんだかわからなくならない?

LGBTだけで良くない?わかるでしょ、何を言いたいか世間的には。一つ一つ名前いるの?名前を付ける必要があるの?

筆者
筆者

ふん゛ぬ゛ぅ゛ぅ゛――――

筆者
筆者

髪の毛金髪になって、毛が逆立ちして、スーパーな超人になりそうでした。

見事に筆者的の脳天へ「LGBTのIとかQとか必要なの?」「一つ一つ名前いるの?名前を付ける必要があるの?」がザックリ突き立てられました。。

いやー鋭角すぎて驚きました。書いた通り、一切悪気はないように見えたご発言で、

その発言に対しては「まぁそうかもねー」であったり、「確かにこっちはわからなくなっちゃうよねー」、、、

のような会話が数回交わされた後に、何事もなかったかのように別の事をお話されていました。

なぜそんな発言をしたのか?

自分が困ったことないから、そんな事が言える

些かぶっきらぼうな事ですが、怒りも感じていますので、些かぶっきらぼうな言い方をお許しください。

筆者
筆者

その発言をした理由?そんなんすぐにわかるわ、自分が困ったことないからや。

筆者
筆者

自分が少数派になったことがないからや。自分が本当に悩んだことがないからや。

筆者
筆者

名前をつけてもらえて、名前が見つかって救われた人間がいることを知らないからじゃー。

言い方が引き続き悪いですが、所詮は自身にとって関係のないこと・縁遠すぎることで、悪気なくこんなことを言ってしまうのです。

そして、その言葉でどれだけの人が、当事者が傷つくか想像にすら至らないのです。

筆者自身が悩んできたことや救われたことを全否定する言葉に対し、強い不快感が生じました。

なぜ筆者は怒りを覚えたのか?

名前が付けられていたから、救われた

筆者はアセクシャルという言葉に出会うまで、人を好きになれない自身とその事実と向き合って参りました

恋愛しようとしては失敗、試しては失敗の繰り返し。お医者さんにも実際会いにいくくらいは、悩んだり自身を確かめようと砕けては散っていました。

  • そもそも自身がLGBTに属するのか、もしくは他に筆者の頭部に問題があるのか、それすらわかりませんでした。
  • なぜなら、筆者はLでもGでもBでもTでもないから。少数派と呼ばれる方々のグループにも自身の立ち位置は当時ありませんでした。

ならば自身の頭部の問題かと思った次第です。

どこにも似たような考えを持っている知り合いはおらず、ひたすら「まだ好きな人と出会えていないだけ」と言われる日々。

筆者もう30過ぎてますけど!?誰にも相談できない、誰にも言えない、親になんてとてもじゃないが言えない、心配させるだけ、そんなことできない。

ほぼ諦めの境地にいた筆者がある日何気なく見つけた「アセクシャル」という単語。

筆者
筆者

この単語一つで、たった「6文字」の言葉が、筆者の人生を救ってくれました。

なぜなら、筆者の特徴(=指向)に名前がついていて、きちんと「こんな人たちだよ。こんな人もいるんだよ。」と知ることができたから

こんなにありがたいことはありません。やっと自身の個性を受け入れることが、理解することができて、心の安寧にたどり着けました。

筆者
筆者

こんな風に思っている筆者の前でよくもおしゃべりあそばしましたわね「LGBTのIとかQとか必要なの?」

筆者
筆者

あなたが必要ないとおっしゃった、QとIの次にやっと筆者のA=アセクシャルが参りますよー

「人生つまらない発言」で怒らないのはなぜ?

ちなみに「アセクシャルは人生つまらない」で怒らずに、なぜ「LGBTのIとかQとか必要なの?」では怒るのか?

こんな質問が飛んで来たら、確かになんでだろうと思います。

  • 人生つまらないの発言をされた方は筆者の同僚で、良い印象を抱いていたから?
  • IとかQとか必要なの?の発言をされた方は、全く面識のない方々だったから?
筆者
筆者

もし怒る/怒らないの違いがこんな理由だったら、少し我儘すぎますね。

一瞬、上記のような理由がよぎったのは間違いではありませんが、やはり違います。

なぜ「LGBTのIとかQとか必要なの?」は怒ったのかと言うと、前述した通りこの発言は「筆者自身が悩んできたことや救われたことを全否定する言葉」と聞こえたから、が理由です。

もう一つ言うのであれば「筆者が必死こいて探した自身の立場とその名称を不要なものとして発言したから」。

人生つまらないも、アセクシャルの人生を否定するような発言だとは実際に思いますが「恋愛しないってつまらない」、こちらの言葉、言われたり思われているんだろうな~と筆者も思っている言葉です。

怒りの程度は人それぞれでしょうが、少なくとも筆者は「わざわざ名前つけなくても良いんじゃない?名前って必要なの?」とおっしゃる方々に不快感を覚えます。

まとめ

LGBTのIとかQとか必要なの!?←はい、勿論

記事タイトルへの回答は簡単。

筆者
筆者

はい、必要です。

話は逸れますが、自身が自身だけかもしれないと悩んでいた事に名前がついていたら、解決の糸口が見つけられると思いませんか?

受け入れられたり、悩みを解決するための方法を探し出せたりしませんか?前に進めませんか?

まぁ、確かに色々な立場の人間が存在していて、その人たちの指向の頭文字を一つずつ言っていくのは、どんどん長くなってしまいますね。

立場の数だけ名称があり、それを少数派として並べていくと収拾がつかなくなるのも、よく理解はできます。

「LGBTのIとかQとか必要なの?」の発言を受けて「確かにこっちはわからなくなっちゃうよねー」と反応した方がいらっしゃいましたが、おっしゃる通り、何が何だかわからなくなります。

筆者
筆者

言いやすいと言いますか、多数派の方から否定されない・面倒だと思われないために、なんか良い言い方ないですかね。

世の中的には「LGBT」という言葉が結構共有できていますかね。

筆者
筆者

ちなみに筆者が思うに、LGBTという言葉は多数派・少数派関係なく、世の中の皆さんのためにある言葉かと思っています。

つまり、多数派に属している方への「こんな立場で生きている人もいるよ」という周知・理解・関心への喚起という意味合いの言葉にもなりますし、少数派の方々が自身の立場を自身で認識し、受け入れるための言葉でもあります。

少数派の人が自分は何者か立ち位置を示す言葉であるため、まずは少数派の方が自身の事だけでもわかれば良いと思ったりもします。

「こっち=大多数の方」はわからなくなっちゃうのは、仕方ないことでおっしゃる通り。各人で興味・理解のレベルも異なるでしょう。

筆者
筆者

でも簡単に「わからない」と言われると、なんか勝手に「それはややこしいことで申し訳ないことですねー」と短慮で発言しそうです(笑)

「確かにこっちはわからなくなっちゃうよねー」と聞いたとき、捻くれた筆者は「わからなくなっちゃうよねー」=「そんな頑張って名前つける必要ある?」=「なくてもよくない?」に聞こえてしまったのです。

「LGBTのIとかQとか必要なの!?」「必要」

総称としてどのように呼ぶかは、今後色々と変わっていくのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました