スキンシップが苦手な彼女はアセクシャル? – なぜ付き合っているの?①

スキンシップが苦手な彼女はアセクシャル-なぜ付き合っているの① スキンシップ
筆者
筆者

アロマンティック・アセクシャルである筆者は、これまでの記事でお伝えした通り、基本的に人とのスキンシップが苦手です。

カテゴリー「スキンシップ」にはアロマンティック・アセクシャルが思う、スキンシップ関連の悩みや考え方の記事がありますので、よろしけばご覧ください。

さて話を戻しまして、筆者は手をつなぐ・肩を触る等、単純な身体的な接触をできればしたくないと思う方です。

また、同じ手をつなぐであっても親や友人、彼氏とでは筆者の嫌と思うレベルが非常に異なります

筆者
筆者

簡単に言いましたら、彼氏については「基本触ってくれるな」でございます。

こちらの記事で書いている通りですが、スキンシップの種類に関係なく、筆者にとって彼氏とのスキンシップは我慢と苦痛が伴うものばかりです。

直近でお付き合いして頂いた殿方(こちらの方とお付き合いしている最中にアロマンティック・アセクシャルと気づきました)から、一度言われた事があります。

本当に良い人

とても信頼できる方で、人柄も良く、お気遣いも沢山してもらって、人間としては本当に好感の持てる方でした。
こんなに良い人とは、もう出会えないのではと思えるくらい良い人でした

そんな方からこんな事を言われた事があります。

殿方
殿方

会話はフランクで親しみ多めで近づきやすいけど、僕があたなに近づいた分だけ下がるよね

筆者
筆者

お、おう。。。よく見ているやないかい。

まさにその通りの行動をとっていると自覚していたので、言われた時はどう言い訳しようかと色々考えた記憶があります。

「スキンシップが苦手な彼女」は「 もしかしたらアセクシャル(アロマンティック・アセクシャル)?」を自身に当てはめると「大正解~」となるのですが、世の中色々なパターンがありますよね。

パターンが色々あると言っても、筆者はアロマンティック・アセクシャル以外の立場では察することしかできませんが、

今回はアロマンティック・アセクシャルの立場からスキンシップが苦手な彼女はアセクシャル?について、3本立てで色々考えて参ります。

スキンシップが苦手な悩み、一緒に考えます 触られたくもないし、触りたくもない方へ 大事な人がスキンシップ苦手、お悩み一緒に考えます 触られるのが苦手な彼氏/彼女/パートナーをお持ちの方へ

アロマンティック・アセクシャルとスキンシップ

アロマンティック・アセクシャル×スキンシップ

まず本題に入る前に「アセクシャル」が指す内容は「アロマンティック・アセクシャル」であるとして話を進めて参ります。

なぜ「アセクシャル=アロマンティック・アセクシャル」とするのかは、こちらの記事をご覧ください。

筆者
筆者

初めてこの記事をご覧いただいている方向けに、アロマンティック・アセクシャルについて簡単に説明いたしますね。

  • 「他者に対して性的に惹かれない人」を「アセクシャル」と言います。日本語では無性愛者なんて言われたりしますね。
  • 「他者に対して恋愛感情を抱かない人」を「アロマンティック」と言います。恋愛感情を抱かないなんて意味わからんかもしれませんが、いるのです。
  • 「他者に対して恋愛感情も抱かず、性的に惹かれない人」を「アロマンティック・アセクシャル」と言います。

筆者はアロマンティック・アセクシャルでスキンシップが苦手、もしくは嫌いな傾向がある、と言えるのではないかと思っております。

しかし、全てのアロマンティック・アセクシャルがスキンシップを苦手と言える根拠を筆者は持ち合わせておりません。

アロマンティック・アセクシャルの代表でも勿論ありません。

筆者
筆者

誰かを好きになる事が当たり前の世の中で、誰も好きになれない世間とのズレに悩みぬいてきた筆者です

筆者
筆者

自身の常識を当たり前のものとして、押し付けるようなことはしたくありません。

と言いつつ、ネットなどで目にする限り「苦手と感じる傾向がある」「身体的な接触が苦手」といった事は目にしたことがあります。

いらっしゃるのでしょうが、逆に「好き」「自ら積極的に」とは目にしたことはありません

アロマンティック・アセクシャルの方は、スキンシップが苦手な傾向が本当にあるのかもしれませんね。

筆者
筆者

彼氏とのスキンシップについて言えば、「スキンシップの意味がわからない」+「スキンシップの先にあると予想される気持ち(異性に限る)」=「触ってくれるな」が成り立っています。

スキンシップを行う目的が愛情表現なのか他の目的があるのかは、スキンシップをする側である本人にしかわかりません。

しかし、恋愛感情と性的な関心がない筆者にとってはスキンシップは何をしたいのか、何を意味するのか、なぜしなければならないか不明な事柄、時には不愉快なものとして拒否・拒絶の対象になってしまいます。

また、恋愛感情や性的関心が込められた目を向けられるのが、たまらなく辛いです。

それでは、アロマンティック・アセクシャルの目線からになりますが、スキンシップが苦手な彼女について、彼女がアセクシャルの可能性を含めて、考えて参ります。

彼女はアセクシャル?

– ご注意ください –

  • あくまで筆者の考えでございます。アセクシャル全てに当てはまる訳ではありません。
  • どうか鵜呑みにはなさらないよう、参考意見程度にお願いいたします。
  • 彼女が考えていることは彼女にしかわかりません。

では「なぜ彼女はスキンシップが苦手なのか?」その答えが「アセクシャルだったから」、この場合について早速考えて参ります。

既に「アセクシャルだからスキンシップが苦手なんじゃない?」と答えが出ているように見えますが、もう一歩突っ込んで考えてみます。

筆者
筆者

考えるにあたり、ポイントをいくつか挙げたいと思います。

・・・と言いますか、彼女がスキンシップ苦手らしいと悩んでいる彼氏さんにとっては、疑問がわらわらと湧いてくるのではないでしょうか。

  1. アセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)なのに、なぜ自分と付き合っているのか?
  2. 自分(=彼氏さん)のことが嫌いなのか?
  3. 嫌いではなくても、好きではないんでしょ?だからスキンシップが嫌なのか?
  4. このまま自分が我慢するしかないのか?ずっとこのままなのか?
  5. 将来の事をどう思っているのか?

想い察する事が色々あるのと、筆者とお付き合いしてくださった殿方への申し訳なさが溢れかえりそうです。

筆者
筆者

では、それぞれの疑問にアロマンティック・アセクシャルの筆者が回答したいと思います。

アセクシャルなのに、なぜ付き合っているの?

アセクシャルなのにお付き合い?
彼氏
彼氏

なんでスキンシップが苦手なの?

彼女
彼女

アセクシャルだから。

彼氏
彼氏

アセクシャルなのに、なんで僕と付き合っているの?

アセクシャルだから、スキンシップは苦手なのかな?はそうだとして。

アセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)は恋愛感情がないのに、なぜ自分と付き合っているのだろう?への回答は今のところ3つ思いつきます。

  1. 彼女自身も自身がアセクシャルと気づいているが、あなたを信頼している人と認識して付き合っているから
  2. アセクシャルだけど、次こそ好きになりたいと希望を持っているから
  3. 彼女自身が自分がアセクシャルだと気づいていないから

箇条書きでポツポツ挙げられても、それだけ?となるので、回答に少し補足してましょう。

信頼している人としてお付き合いしているから

彼氏
彼氏

スキンシップ苦手なのはアセクシャルだから、でまず認識しておくけど・・・

彼氏
彼氏

アセクシャルなのに、なんで僕と付き合っているの?

彼女
彼女

あなたのことを信頼できる人だと思っているから

彼女自身がアセクシャル(アロマンティック・アセクシャル)であると認識している/できている場合、

大変申し上げにくいのですが「もしかしたら、あなたに恋愛感情がない可能性があります」。

なぜならアセクシャルであるなら、アロマンティック・アセクシャルであるなら、

「他者に対して向ける恋愛感情がありません」、筆者の場合について言えば「恋愛感情が存在しません」。

存在しないものは存在しないのです。

筆者
筆者

では、なぜアセクシャルなのに、あなたとお付き合いしているのか?

筆者
筆者

ただただ、あたなを信頼できる人だと思っているから。

信頼できるからって、とおっしゃるかもしれませんが、「信頼できる人」って何人いらっしゃいますか?「信頼できる」と言える人、多数抱えている人の方が少ないのではないでしょうか?

他者より信頼を得る事もまた難しいことだと思います。

そんなことを言ってほしい訳ではない、言い訳を聞きたい訳ではないと分かっておりますが、どうしても言い訳がましくなってしまいます。

お付き合いで信頼は大事だけど、好きという気持ちの方が欲しい。というご意見、勿論その通りです

「信頼できる人としてとても大事に思っている」だから「あなたの望む形ではないでしょうが、あなたとの関係を続けたい」

こちら恋愛感情を抱ける方が求めいる答えではない、と理解しております。

しかし「信頼できる人なんてなかなか見つけられない、あなたを見つけられた私は幸せです。

だから、望む形ではないのは承知しているけど、あなたと引き続き関連ある人間であり続けたい」、

と思う事はアロマンティック・アセクシャルである筆者はお付き合いする理由として理解できます。

筆者
筆者

でも、違うんでしょうね・・・

  • スキンシップが苦手な原因はアセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)だから?
  • でもアセクシャルなのに、なぜ自分と付き合っているのか?

前述した通りですが、筆者にとっては、スキンシップは何をしたいのか、何を意味するのか、なぜしなければならないか不明な事柄、時には不愉快なものとして拒否・拒絶の対象になり得ます。

そして、アセクシャルを自認されている方は、スキンシップが苦手である傾向があるようです。

筆者
筆者

では、なぜアセクシャルなのにお付き合いしているかと言うと・・・

あなたのことを信頼している人と認識していて、大事に思っており、この関係を大事にしたいと思っているから。

お求めの答えではないでしょうが、こんな感じかと思います。

次こそ好きになりたいと思っているから

彼氏
彼氏

スキンシップ苦手なのはアセクシャルだから、でまず認識しておくけど・・・

彼氏
彼氏

アセクシャルなのに、なんで僕と付き合っているの?

彼女
彼女

アセクシャルだけど、次こそ人を好きになりたいと希望を持っているから

筆者
筆者

こちら心当たりしかたない。本当に心当たりしかない。

表現方法はよろしくないのですが「人を好きになれるかどうか」の実験に、結果殿方を付き合わせてしまいました。

お付き合いくださった男性には、大事な時間を奪ってしまい、申し訳ないと思っております。

筆者の場合、気づいてしまっているんです。

しっかりと自身がアロマンティック・アセクシャルだと自認した後でも、最後に1回だけ人を好きになれる可能性を見出したかったので、まだ彼氏を探して付き合うという選択肢をとっていました。

これが駄目だったら棺桶にJump inするまで叶わない希望として受け入れるから、最後に1回だけ試してみたかった

筆者
筆者

結果は、どんなに相手を信頼しても恋愛感情は生まれなかった。棺桶にJump inまで無理が決定しました。

殿方からしてみたら迷惑でしかない話ですね。

あなたに対して恋愛感情はないけど、でも好きになれたらと思うから、好きになってみたいと思うから、もう少し私に付き合ってほしい。

もしかしたら好きになれるかもしれないから。

筆者はこれを続けて、四方に飛び散りました。。。

  • スキンシップが苦手な原因はアセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)だから?
  • でもアセクシャルなのに、なぜ自分と付き合っているのか?

なぜアセクシャルなのにお付き合いしているかと言うと、次こそは恋愛感情が自身に生まれるかもしれない、誰かを好きになれるかもしれないと思っているから

これまで、お付き合いしては人として好感は持ったとしても、信頼は生まれたとしても、誰かを好きになることはなかった。

でも、次こそは世の中の皆さんのように、誰かを好きになれるのではないかと思った。だって、あなたは良い人だから。

筆者
筆者

彼女を好きだと言っている彼氏さんには不愉快な言い方だとは思います。

アセクシャルだと気づいていないから

最初に提示した彼氏彼女の会話では辻褄があわなくなりますが、彼氏からの問いに、もし「???なんでだろう?なんでかわからない」となった場合の答えだと思って頂けたら。

彼氏
彼氏

なんでスキンシップが苦手なの?

彼女
彼女

???なんでだろう?なんでかわからない。

彼氏
彼氏

アセクシャルなの?

彼女
彼女

???

筆者も自身がアセクシャルであると気づけるまで、非常に多くの時間をかけて悩み、30歳を迎えてやっと自認することができました。

現在は筆者が悩んでいた全盛期より、多くの情報が出回っているので、比較的調べたらすぐアセクシャルくらいの単語はでてくるかもしれません。

筆者
筆者

当たり前のように皆さん恋愛なさるので、まさか自分ができない側の人間だなんて、なかなか気づけません

いつか私にも好きな人ができるだろう。。。あれ?30歳なったけど?まだできないけど?状態になることもあり、

実はアセクシャルであったとしても、自身がアセクシャルだとは非常に自認しにくいんです。アセクシャルは自分でも気づきにくいセクシャリティーでもあります。

これまで書いてきた通りですが、もしアセクシャルならスキンシップが苦手な傾向がありそうなので、彼女さんはスキンシップが苦手なのかもしれません

  • スキンシップが苦手な原因はアセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)だから?
  • でもアセクシャルなのに、なぜ自分と付き合っているのか?

アセクシャルは自身の事であるにも関わらず、自認に至るまで時間がかかるセクシャリティーです。

なぜなら、自身の周りの人・身近な人間は恋愛をして彼氏・彼女ができて、結婚して子供が出来て・・・という方ばかりだからです。

アセクシャルであったとしても、最初は自身も恋愛できると思って過ごしている方が多いと思います。

筆者だって、失敗・悩みを重ねておかしいと思うまでは、最初は自分も恋愛できる側の人間だと疑いを持ちませんでした。

それくらい、恋愛する事を当事者でも当たり前のもの・変なことではないものとして最初は感じているので、気付くまでに時間がかかる場合が多くあります。

筆者
筆者

余談ですが、難しいのは未来まで確約できないことです。

過去から今まで「アセクシャル」であったが、未来のことはわかりません。

筆者にとっては確率ほぼ0%と感じていますが、「明日、明後日好きな人がぽこんとできる」という可能性を否定することはできません

まとめ

アセクシャルなりの親愛の表現

スキンシップが苦手な彼女はアセクシャル?だったとして、こんな疑問が湧いてくるのではないかと考えました。

  1. アセクシャル(=アロマンティック・アセクシャル)なのに、なぜ自分と付き合っているのか?
  2. 自分(=彼氏さん)のことが嫌いなのか?
  3. 嫌いではなくても、好きではないんでしょ?だからスキンシップが嫌なのか?
  4. このまま自分が我慢するしかないのか?ずっとこのままなのか?
  5. 将来の事をどう思っているのか?
筆者
筆者

今回の記事では一番最初のアセクシャルなのになぜ付き合ているの?について、こんな感じで考察してみました。

  • 前提:アセクシャルはスキンシップが苦手な傾向にある
  • 仮定:彼女はアセクシャルである
  • 疑問:アセクシャルなのに、なぜ自分と付き合っているの?

「アセクシャルはスキンシップが苦手」という事を前提に、「彼女はアセクシャル」と仮定した際に生まれるであろう疑問「アセクシャルなのに、なぜ自分と付き合っているの?」について考えてみました。

筆者
筆者

そして、筆者が思いつく疑問への回答はこんな感じです。

1. アセクシャルであると彼女自身は認識しているが、あなたを信頼していてその関係を大事にしたいと感じているから

  • 恋愛感情は抱いていないが、信頼している人として大切にしています。
  • アセクシャルとしては想いを寄せている/寄り添っているつもりなのですが、どうしても通じません。

2. アセクシャルであると自認しているが、恋愛感情を抱くことへの希望を捨て切れられずにいるから

  • お互い辛い状態になりかねません。かと言って、カミングアウトは急かされるものではなく、自発的に行うものかと思います。
  • 話し合って関係を続けるのか、終わらせるのか。話し合わずに成り行きを見守るのか。
  • 筆者はこれが最後のお付き合いと決めて付き合い、無理だと判断しました。

3. アセクシャルであると、彼女自身が認識できていないから

  • アセクシャルは自覚しにくいセクシャリティーです。
  • まさか自分が恋愛感情を抱かない立場とはなかなか認識しにくい現実です。

アロマンティック・アセクシャルの立場にいるものとして、1と2の気持ちは実際に体験したことがあり、自身の気持ちもそうだったとして理解できます。

筆者
筆者

しかし、きっと信頼しているだけではどうしても足りないのでしょうね。

当日お付き合いしていた殿方へ、カミングアウトをしたわけではありませんが、こんな風に入れてお別れすることになりました。

殿方
殿方

もう一歩、お互い歩み寄れたら良かった。残念ながらできなかった。

「信頼・信用を寄られる人」だったと今でも本当に思っています。

でも、やはり信頼だけでは足りなかったようです。

次回の記事については、残りの疑問について回答していきます。

  1. 自分(=彼氏さん)のことが嫌いなのか?
  2. 嫌いではなくても、好きではないんでしょ?だからスキンシップが嫌なのか?
  3. このまま自分が我慢するしかないのか?ずっとこのままなのか?
  4. 将来の事をどう思っているのか?

お悩みでしたらお声がけください

筆者
筆者

この度、ココナラの力を借りまして相談できる場所を設置いたしました。

  • 彼氏・彼女・パートナーがスキンシップが苦手のようだ。アセクシャルなんだろうか?
  • アセクシャルなら自分の事が好きではないのか不安だ。
  • アセクシャルではないかもしれないけど、スキンシップが苦手な理由を知りたい。
  • 自身はアセクシャル(かもしれない)ので、スキンシップが苦手だ。どうやって相手に伝えたら良いのだろう?

もし、こんな事でお悩みでしたらお声がけくださいませ。

勿論、あなたの大事な方がアロマンティック・アセクシャルであると決めつけて考えるなんていたしません。

スキンシップが苦手な悩み、一緒に考えます 触られたくもないし、触りたくもない方へ 大事な人がスキンシップ苦手、お悩み一緒に考えます 触られるのが苦手な彼氏/彼女/パートナーをお持ちの方へ
タイトルとURLをコピーしました